長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/14

【岩手】「土間コンだと施工後1日養生(そのままにしておく)しなければその上で作業したり歩行できない」遠野レミコン・杜陵工業

【岩手】「土間コンだと施工後1日養生(そのままにしておく)しなければその上で作業したり歩行できない」遠野レミコン・杜陵工業

岩手県盛岡市。庭を撤去して駐車場とした。ガレージが奥にできる予定なのでその前はドライテックに。敷設、均し、仕上げですぐに完成したのでその後はフェンス工事に取りかかる。「ドライテックだから出来る事ですね」(瓜谷さん共有)
製造:遠野レミコン(担当:加藤治)、施工:杜陵工業(担当:瓜谷伸司、15m2、100mm厚、4名)



ドライテックだからできること

5B25B7DD-B0B8-47C6-87B5-FD7D8FFA3066.jpeg

9DA08E8D-A557-451E-8B23-97D83DFBD968.jpeg

025A496C-318A-4F76-BFBD-3E21A3C8EF80.jpeg

CD6E8456-64A1-44DA-8CEA-6631389814CC.jpeg

C0C016B5-DC3E-4EEB-97E5-0035D612739A.jpeg

施工After。

ご担当の瓜谷さんからの共有で15m2(およそ駐車場1台分)のドライテックは4名で短時間で終了。

その後に奥のフェンス工事が行われたという。

「ドライテックだから出来る事ですね」(瓜谷さん)

これは、「土間コンだと施工後1日養生(そのままにしておく)しなければその上で作業したり歩行できない」という意味だ。

⚫︎参考記事:【宮城】「水勾配嫌だ、夕方から歩きたい、50分後に雨予報。ヘレンケラー(三重苦)もなんのその!!」タイハク・エクスショップ

ドライテックの仕上げはプレートコンパクタによる転圧だ。

骨材同士が噛み合わさった形で固化するために一定以上沈むことはない。

だから、その上を歩行しても足跡がつかない。

極論、直後からその上で作業ができる、瓜谷さんはそのことを指して、「ドライテックだから出来る事ですね」とおっしゃっている。

そんなドライテックは庭ファンのようなエクステリア情報媒体であれこれ調べたり、上記マップを参考にしながら直接無料で地元最寄りの施工店に相談することで情報を集めることができる。

また、全国対応のエクステリア資材ネット小売エクスショップは便利だ。

ある程度見積もりやプランが出揃って絞り込まれたらあとだしじゃんけんワークスの出番。

限られた時間、予算、情報で決して小さくない意思決定には不安がつきもの。

3営業日以内にあとじゃん先生(僕)から見積もりについての無料診断・添削が受けられるサービスはこれまで多くの消費者の不安を解消してきた。

安心を前提にものづくりを始めることができる。

上記のように庭を撤去してリニューアルしたい、けど、どこに相談したらいいかわからない。

そんな時には生コンポータルがおすすめする各種コンテンツで円滑にことが進むことになる。



「生コンビニ」生コンポータルがおすすめする各種先端プロダクト

⚫︎生コンビニ

生コンポータルのキラーコンテンツは「ドライテック」だが、決してドライテック屋さんではない。

運営会社はれっきとした生コン製造会社で60年近い歴史を数えている。

生コンポータルを始めた経緯は、「生コン工場はもっと知ってもらえればもっと便利な存在であることを知ってもらいたい」というものだった。

生コン工場は生コンはもちろん、ドライテック(オワコン流動化処理土)のような先端プロダクトや、ワイヤーメッシュの不要な土間コン工法であったり、残土が処分できたり、ブロックなどちょっとした製品が手に入ったり、あるいは、砂・砂利・セメントが手に入ったりetc..。

施工者やDIYerにとって生コン工場はコンビニのようにすごく便利なのにそれが全然知られていない。

知られていないから活用されていない。

これ、もったいないじゃん。

だから、わかりやすいプロダクト「ドライテック」を前面に押し出して情報発信を始めた。

生コン屋さんは実はものすごく便利なのである。

現在、生コンポータルが主に「ドライテック」を中心に連携している工場は700を数える。

これまで生コン工場の大半は閉ざされた流通系の中で操業してきた。

情報発信は不要だった。

結果、知られることはなかった。

知られていないことは存在していないのと同じこと。

閉じられた流通系を見直し開放感のある風通しの良い流通チャネルを志向している。

そうなればドライテックだけじゃない、もっともっと現場を明るくすることのできるプロダクトやサービスが流通し始める。

情報共有は製造・施工・消費ラストワンマイルの創発を促すことでものづくりは進化する。

僕たち生コンポータルが理想とする循環するコンクリートが流通し始める。

世界の景色は美しくなる。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら