長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/03/26

【東京】「30年後の足元のことを考えよう」岡庭建材工業・鳶渡辺工業

【東京】「30年後の足元のことを考えよう」岡庭建材工業・鳶渡辺工業

東京都足立区。エントランスと犬走りの水はけ、転倒防止(ノンスリップ)対策にポーラスコンクリート舗装(ドライテック)採用。(江川さん共有)
製造:岡庭建材工業(担当:江川直人)、施工:鳶渡辺工業(32m2/4m3)



30年後のことも考えよう

E16809E3-45D8-48B1-A008-99B0AFC52A05.jpeg

684BEFAC-5770-4932-8BBD-750165A76F53.jpeg

1CC7C865-14E4-47F3-878E-64D3D6D0448C.jpeg

1D9D23C8-C16C-45A2-8E69-A5FF35A0D382.jpeg

DE7E54BD-7914-4DEC-BDFE-A9BEA052CA0A.jpeg

C9CCC4A7-1420-442F-A55D-E9E14D35DBED.jpeg

関東エリアにおける住宅外構・エクステリアでは当たり前のように生コン製造者からポーラスコンクリート(ドライテック)が届く。

生コンの状態で届いた材料は現場で思い思いの形に組まれた型枠の中で成形される。

生物だから、現場で切ったり削ったりする作業はない。

全国に3200以上と言われる生コン製造者は「蛇口をひねれば水が出る」ごとく供給インフラは隅々にまで行き渡っている。

そのインフラを裏付けにしているドライテックだから施工者にとっては非常に身近な材料になりつつある。

敷設され、レーキで表面を整えられたら、プレートコンパクタで締め固めれば仕上がり。

従来の土間コンにあったようなブリーディング(浮水)や金鏝仕上が無い。

生コン屋さんが比較的ゆとりのある午後に注文して夕方には誰も現場にはいない。

そんな施工性も施工者等を惹きつけている。

もちろん、今回の採用理由となったように、水はけを気にしなくてもいいし、路面にコケ・カビが生育しにくいという点は施主を惹きつけている。



今は30歳、30年後は60歳、50年後は80歳

人生100歳時代と言われるようになった。

僕は今42歳。

自分を振り返ってみると家を建てたのはちょうど10年前32歳。

言い訳でしかないが、仕事が忙しいこともあって、ほとんど何も覚えてない。

工務店(駿豆建設)が提案してくれた内容をほぼほぼ丸呑みだった。

10年住んでみて、とても満足しているけれど。

そして、もちろん外構舗装(駐車場)はドライテック。

また、あっという間にここから10年経って52歳になって、さらに10年たてば62歳。

毎日ランニングするなどして健康には留意しているけれど、60歳や70歳を迎えれば今のような足腰というわけにもいかないだろう。

14881F13-09F3-429B-8260-F1F8A4A6E791.jpeg

(出典:https://www.niwakobo.jp/column/koketaisaku.html

犬走やアプローチの舗装といえばやっぱり多くは土間コンになっているのではないか。

水勾配をつけなければならないし、それでも雨水はしばらくの間路面に滞水することになる。

北側や周囲を囲まれて影になる場所ではコケ・カビの生育は避けられない。

サンポールで除去する方法もあるけれどいたちごっこ。

薄氷を踏むような歩き方をするようになる。



家は一旦建ててしまったら一生ものだ。

飽きたから建て直そうってなかなかならないし、それはもちろん庭も同様。

今は足腰がしっかりしているだろう。

工務店もおそらく家のことについてはあれこれ提案してきてくれるとは思うけど、庭のことまで親身に相談に乗ってくれるってことはなかなか難しい。

工務店にとっては庭については下請けに出す程度のものとしか思っていないから。

30年後、40年後、50年後、あなたはその家、その庭を利用している。

まだまだ残念ながらエクステリア界隈では「土間コン一択」が当たり前の認知。

こうして毎日ブログを発信することで少しずつその常識に食い込もうとしている。

この5年でずいぶん様子も変わった。

ポーラスコンクリート舗装(ドライテック)は最寄の生コン屋さんから施工車の元に水や電気と同じように当たり前に届くようになりつつある。

水勾配(傾斜)は必要ないし路面滞水はしないからコケ・カビの生育もしにくい。

骨材の輪郭がそのまま浮き彫りになっているテクスチャはノンスリップ効果も発現する。

30年後の足元のことを考えよう。

いつまでも水を通し、コケ・カビは生育せず、安心・安全な歩行ができる舗装。

玄関前アプローチ、犬走。

知ってるだけで損をしない。

足元のことを考えるなら、今ではなく未来のことを考えると良いと思う。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら