長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2019/04/10

土間コンクリートの【クレームあるある】【3大がっかり】ひび割れ、色むら、水たまり

土間コンクリートの【クレームあるある】【3大がっかり】ひび割れ、色むら、水たまり

土間コンクリートの施工後によくあるクレーム。

・ひび割れ(ヘアクラック)

・色むら

・水たまり

施工を行う業者側としてはどれだけ事前に説明をしていたとしても、一度感情に火が付いたお施主様とトラブルに発展した経験があるのではないでしょうか。

基本的には機能上問題が無かったとしても、一般のお施主様側からすると完成品にひびが入っているのを見ると施工不良と思ってしまう事もあります。

そんな土間コンクリートの施工でよくある問題を、解消してくれる次世代のコンクリートがあるので紹介をしていきます。

 

土間コンクリートの【クレームあるある】各種

A6DD3370-0113-4342-B505-503E8BC48165.jpeg

引用元:https://concrete-mc.jp/floor-crack/

1.ひび割れ(ヘアクラック)

一番クレームに繋がりやすいのがひび割れです。

上記写真の通り0.2㎜以下の髪の毛ほどの亀裂であり、入っていたとしても機能上は問題ありません。

しかし、コンクリートにひびという見た目上の問題からクレームとして取りざたされることが多いのです。

 

C30E522D-06D6-4845-B12D-F60CAF6FA6C2.jpeg

2.色むら

お施主様の多くがコンクリートの施工=真っ白な仕上げ面ができあがるとイメージをしています。

そのため色むらが発生した場合にはクレームに繋がりやすいのです。

半製品生コンである以上、色むらは避けることができず、この現象を100%抑える技術は現在のところ確立されていません。



D5E0457A-8C66-4813-834A-AA330829D9F8.png

3.水たまり

水勾配(排水のための傾斜)計画が機能せず、一部に水たまりが発生することがあります。

水たまりもクレームに繋がりやすく、土間コンクリートの運命とも言えます。

以上の土間コンクリートでよくあるクレーム、どれも施工を行う上で発生してしまうのは仕方がないことですが、これらの問題を全て解決できるコンクリートがあるのです。 

 

その施主にとっての【3大がっかり】施工者にとっての【クレームあるある】を劇的に超越できる土間コンクリートがある

C629E07F-0FA4-4B32-9E2D-3ED2282FC1EF.jpeg

ひびわれ・色むら・水たまり、施工した際にクレームとなりやすい原因を超越できる次世代の土間コンクリート、それが透水性コンクリート'ドライテック'です。

透水性コンクリートは、読んで字のごとく「水を透す」透水性の高いコンクリートなのですが、もちろん次世代のコンクリートと呼ばれるのはそれだけが理由ではありません。

 

DE6BA781-3EE5-47B5-B7B8-62BA87F5E7F0.jpeg

1.ひび割れ

上記写真、一見すると何も問題がない透水性コンクリートの写真ですが、でずみ(カドになっているところ)部分に実はひび割れ(ヘアクラック)が発生しています。

しかし、写真を見てもらうと分かる通り、ひび割れを目視することができないのです。

透水性コンクリートは、これまで従来の土間コンクリートと違ってペーストがありません。

ペーストは骨材と骨材の間を満たす、

・セメント

・砂

・水

で構成されている液体です。

そのペーストが無いため骨材の輪郭がそのまま浮かび上がり、小さなひび割れが発生したとしても骨材の輪郭に沿って発生することが多いため目視ができないのです。

そのため透水性コンクリートではひび割れが問題となることがないのです。

 

33696E63-A2D9-427C-B6FC-B309860486D8.jpeg

2.色むら

実は色むらは土間コンクリートにおいて、ペーストの上で発生する現象です。

ペーストの砂分・仕上げ・水分の蒸発散の加減から発生しますが、透水性コンクリートにはペーストが無いので色むらの発生しようがありません。

そのため透水性コンクリートは色むらが問題とはならないのです。

 

3.水たまり

動画を見て頂けると分かる通り、透水性コンクリートに水が溜まることはありません。

透水性コンクリートを抜けていった水たちも、地面に吸収され地下水脈へと流れ込んでいきます。

そのため永遠に水たまりの発生しようがないのです。

 

いかにひび割れや色むらが発生する可能性があると事前説明をしていたとしても、一度感情に火が付いたお施主様をなだめるのは大変なことです。

クレームが発生すると分かっているのであれば、プロとしてクレームの問題が発生しない次世代の土間コンクリートが選択肢にあることを理解しておくべきです。

もちろん、クレームが回避できるだけではなく透水性コンクリートは、迅速施工が可能で駐車場2台分であれば30分程度で施工をしてしまうことができます。

これはお施主様だけではなく施工業者側にとっても利点でしかありません。

そんな利点ばかりの透水性コンクリート、プロとして覚えておいて損はないでしょう。

 

ちなみに透水性コンクリート'ドライテック'は初心者がDIYをすることもできるコンクリートです。

DIYに興味がある方は、ぜひ動画をご参考下さい。

 

透水性コンクリートを使った庭づくりや駐車場作りをしたいという場合には、お近くの透水性コンクリート取扱い施工業者を下記URLから探すことができます。

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

沖縄から北海道まで全国の厳しい審査にクリアをした、優良施工業者のみに登録してもらっており、

「料金がどのくらいなのか不安」「本当に施工をお願いしても大丈夫?」

といったお客様の不安な声にも親身になって対応致しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら