長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/03

【東京】「草ボーボーで放置されている犬走の面積は8兆m2」渋谷建材・松見工務店

【東京】「草ボーボーで放置されている犬走の面積は8兆m2」渋谷建材・松見工務店

東京都北区。犬走。平らにすると水の逃げ場がないので透水性コンクリート採用。駐車場は排水溝がないので、併せて採用。給湯器などが設置されると施工が大変になる為設置前に施工したかった。
製造:渋谷建材(担当:大曽根勇太)、施工:松見工務店(担当:松見幸博、32m2、100mm厚、5名、3時間、タイムラプスあり)



水の逃げ場と排水溝が無い

FB5C91A2-D821-4C86-8002-0EBD0778B450.jpeg

46760442-F1D5-46E0-ADF1-247E05A146AB.jpeg

8C3B2AF5-BFB5-4CE6-AF63-E55DAEE431F6.jpeg

施工Before。

犬走あるあるだが、見ての通り水の逃げ場は無い。

舗装しなければぬかるみグズグズだし、夏を迎えれば雑草がわんさと生えてくるだろう。

また、給湯器などが設置されると施工が大変になるので、急ぎドライテックの注文が寄せられた。

犬走といえばドライテック。

また、最近では姉妹プロダクト・妹「オワコン」も登場している。

⚫︎参考記事:「施工は簡単【撒いて踏むだけ】で家周りの雑草・水たまり・ぬかるみから解放されない?」オワコン

メンテが届きにくい犬走には水が抜けるコンクリート、ドライテックやオワコンが今後の主流になっていくだろう。

いずれも上記マップを参考にしながら施工業者に相談しよう。

(DIYerなら、製造会社に直接依頼することになる)

また、全国対応で製造・施工の小売をしているエクスショップも便利だ。

見積もりプランが揃ったら迷わずあとだしじゃんけんワークスに相談だ。

3営業日以内にその見積もりの金額・条件が果たして妥当なのか、あとじゃん先生(僕)から添削・回答が返信される。

安心を前提にものづくりが始まる。

それでは、施工開始だ。

EBF9420F-A83A-447D-A270-2D71F331FFA4.jpeg

犬走、兎角狭くなりがちなので、バケツリレーとかも結構ある。

大変なんですよ、犬走りの施工は。

03EBD811-F94B-4EAD-BC89-10DE8CD271BD.jpeg

B48FE549-E94A-4C5C-ACAF-188D49A6A79F.jpeg

0D3D2337-2843-45E1-A83E-CF5F2FD29039.jpeg

ただし、通常の生コンクリートによる土間コンと違って、水勾配を気にする必要がない。

また、仕上げに金鏝を当てる必要もない。

だから、まあ、土間コンよりも全然楽ちんということができる。

3F629E8A-3E10-451C-9687-EEB3D66A7D32.jpeg

続いて駐車場部分にもドライテック。

採用理由は、排水溝がなかったからだそうだ。

そう考えると、排水を気にしなくていいってのは、消費者だけでなく施工者にとってもメリットは大きい。

手間が一つなくなるのだから。

6A9B4590-4EEA-47E8-B3A5-A9F5A9903AA6.jpeg

35118953-2A48-49D8-9254-666C861B0379.jpeg

BF95A89F-F7FB-4FBC-B31C-E49DEAD359B1.jpeg

施工After。

はい、いっちょあがり。

犬走り+駐車場、合わせて32m2の舗装は5名でたった3時間で完了。

半日もかからない。

しかも、急遽無茶振りで松見さん僕に連絡をよこしていただいたのだが、それでもきちんと納品できている。

我ながらやるじゃんと言わざるを得ない。



草ボーボーになっている犬走りって全国に何箇所くらいあるんだろうか。

1年で100万戸が50年続いたと仮定すると5000万戸は確実に犬走がありそうだ。

そんで、そのうち舗装されていないのが8割だとしたら、4000万戸の犬走り。

仮に少なく見積もって20m2だったとしたら、現在8兆m2の面積が市場になる計算だ。

すげえな。

まあ、取らぬ狸の皮算用ですが汗。

これまで生コン産業にとって犬走は市場ではなかった。

むしろ、防草シート(マット)や防草土、あるいは砕石敷にとっての市場だったはずだ。

犬走をスタート地点に、例えば公共事業なら中央分離帯などの雑草対策。

考えてみれば、「草生えてぬかるむところ全部」がドライテックやオワコンの市場なのだ。

目が眩むほどの大規模市場となる。

そこを新しい生コン「大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリート」で舗装する。

自然と人が調和する世界が創造される。

よっしゃ、今日もいっちょ頑張ろう。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら