長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/15

【福岡】「(スタンドが)めり込まない、水たまらない、転倒しにくい、水引っ張らない、バイクガレージの土間」大分綜合建設・all round

【福岡】「(スタンドが)めり込まない、水たまらない、転倒しにくい、水引っ張らない、バイクガレージの土間」大分綜合建設・all round

福岡県北九州市。all roundのドライテック施工はバイクガレージ内部土間コン。雨の日でも外部からの水の流入を心配もなく、屋内で洗浄など水仕事をしたとしても排水に苦しむこともない。アスファルトと違ってバイクスタンドが減り込まないし、勾配がないから転倒の心配もない。 次の現場へ行こう。
製造:大分綜合建設(担当:九鬼智絵)、施工:all round(担当:新井真介、10m2、80mm厚)



バイクガレージの土間

16AE2079-3282-4526-94CF-139DA7315BF3.jpeg

施工Before。

こちらを共有いただいたのはお馴染みall roundなんと先日ドライテック施工1周年の節目を迎えた今ノリノリのドライテッカーだ。

適用範囲はバイクガレージ土間。

これまでもバイクの駐輪場などかなり多くの適応が実績としてある。

バイクならではの悩みと言ってもいいかもしれない。

停車(駐輪)するときには決まってバイクスタンドを立てる。

それが、アスファルトのようなたわむ舗装材だとめり込んでしまうのだ。

さらに、アスファルトのような水を通さない舗装材(コンクリもそうだが)だと水勾配があるせいで斜めってしまうのだ。

斜めってるから、転倒する恐れがある。

さらに、ガレージの土間をドライテックにすることによって外部からの水の流入(外からの雨をバイクのタイヤが引っ張る)みたいなことも対策できる。

なんなら洗車(バイクの場合なんて言うんだろ)みたいなことしたって水はけの心配はない。

バイクガレージ、あるいは駐輪場に大変向いているのが、ドライテックなのであった。

それでは、all roundの施工をとくとご覧あれ。

956348CF-2193-436A-BEB1-C8E9D10F1A92.jpeg

こちらはプレート転圧のときに用いるコンパネ。

プレートマーク(凹凸)がドライテック表面に発生しないように配慮されたもの。

069BA323-0F49-4EBC-B8A8-1D6BD4750650.jpeg

このようにして用いることで、プレートの自重で仕上げ面が凹凸しないようになる。

CCBDBB95-2634-40C6-B1AC-41CDE056E436.jpeg

施工After。

お見事真っ平らなバイクガレージ土間のドライテック10m2は80mm(バイクなので)という版厚で見事完成。

使用材料はたった1m3で完成だったという。



バイクガレージ土間のような小ロットの透水性コンクリートならドライテック

透水性コンクリートと言ってもドライテックだけじゃない。

有名なところ(と言うよりも、ほとんど2つしか認知されてないと思う)だと、大先輩プロダクト「パーミアコン」は道路会社佐藤渡辺社のプロダクト。

主に、公共事業や大型建築案件の外構舗装などに適応される。

いわゆる、大規模案件ならパーミアコンって感じで業界では認知されている。

一方の後輩プロダクト「ドライテック」は主に今回紹介したような小ロット・小規模での認知が広がっている。

と言うよりも、エクステリアで透水性コンクリートと言えばほぼほぼ一択と言っていい。

なぜか?

それは、「生コン屋さんが生コンと同じように出荷するから」だ。

16年の歴史あるプロダクト「ドライテック」は現在生コン工場700の力でほぼ全ての地域で供給されるようになっている。

まるで、生コンのように。

生コン屋さんが主体的に製造して出荷するわけだから、今回のような小口・小ロット、バイクガレージの土間みたいな箇所にも適応可能。

だから、全国各地の施工業社も「生コンのように」注文できるようになってる。

消費者は上記マップを利用して直接無料で相談をかけ、プランや見積もりを取っている。

「この見積もりのこの金額果たして妥当なのか?」

そんなもっともな不安には今ではあとだしじゃんけんワークスと言って3営業日以内に無料で添削が返ってくるシステムもある。

all roundのように任せて安心な施工店にものづくりを注文できるってわけだ。



小口なら、ドライテック。

まあ、別に大口にいけないってわけじゃないけど、やっぱり生コンポータルのような生コン工場が主体的に運営する生コンポータルなのでどうしても小ロットに引っ張られる。

大口なら、大手設計や有名建築にルートを持っているフッコー(キーバインダー製造)がスペック(設計折り込み)で対応している。

数多くの有名建築の外構舗装に採用された経歴も持つ。

まあ、今回の施工店の名前のように、ドライテックはall roundな訳だ(うまいっ)。

と言うわけで、見事落ちたところで、次のブログへ行こうじゃあないか。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら