長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/03/30

【三重】「人々の思いを投射できるキャンバス」ballaholic

【三重】「人々の思いを投射できるキャンバス」ballaholic

ballaholicのhomecourtの進化は止まらない。ドライテックの強みとballaholicの願いが重なる「塗装のできる土間コン舗装」にはポーラスコンクリートと老舗塗料(仕上げ材)メーカーフッコーの強みが生かされている。思いを投射できるキャンバスとしてのポーラスコンクリートについて。



ドライテックはキャンバス

1AB460E8-F7C5-45CB-A97C-252401030915.jpeg

0D852EB4-D2BC-4E25-87B2-479D9272DC33.jpeg

D85E20B3-44DB-4C86-943E-F1D64A6733EB.jpeg

18EEE94A-2DCA-4D0A-BFEF-563D4882C5B9.jpeg

B25A1A39-E154-42FA-ACF7-BB5C943CDB50.jpeg

59BF9A06-9B5F-4838-AEB2-CDA9EB9040A0.jpeg

C9B581B2-27EB-4B66-BFD2-A6287FAD8A72.jpeg

⚫︎参考記事: 「気軽に仲間を見つけて好きな時にバスケを楽しむことのできる世界へ」ストリートバスケブランド《ballaholic》との協業 #22

先月松阪市でballaholicメンバーらの手により完成したポーラスコンクリート舗装の上に現れた絵。

バスケットコートに描かれるラインとballaholicのイメージがその上に出現する。

ポーラスコンクリート舗装の土間コンには期待できない機能として「キャンバスになる」がある。

⚫︎参考記事: 【東京】「なんで土間コンにはカラーコートしないのにドライテックは色がつけられるの?」都屋建材・すざき

バスケットコートに限らず、施主(発注者)の要望に応じて、いくらでも好きなだけ表面にどんな形でも描くことができる。

それは、ドライテックのキーバインダー製造のフッコーが実は老舗仕上げ材(塗料)のメーカーであることに起因する。

そして、その塗装はプロはもちろん、DIYなど広く一般にもその便益を提供しうるものでもある。


トップコート(土間コン・ポーラスコンクリート・ドライテック専用)の塗料製造工程。まずは樹脂をハンドミキサーで練り混ぜるところ

https://youtu.be/NIyD_4KXT9s

トップコート製造プロセス。ドライテックの特徴として塗装ができる(土間コンはできない)ということが挙げられる。顔料を選ぶことでお好みの色に。顔料投入状況の動画

https://youtu.be/F_tRFe_Dj-Q

顔料(ポーラすコンクリート専用トップコート)がきちんと分散するように入念に練り混ぜることが大切

https://youtu.be/9Jxh2VlA9Vk

ポーラスコンクリート専用トップコート(フッコー製)製造プロセスについて。電源はポータブルから。スプレーガンはコンプレッサーで

https://youtu.be/EdW8N1S6VI8

トップコート製造完了。ポーラスコンクリートは土間コンと違ってお好みの色を塗装することができる

https://youtu.be/UkwNNPgCyCo

完成したトップコート(ポーラスコンクリート・ドライテック専用)をスプレーガン(ポータブル)で塗装している様子。ballaholic一堂大変喜んでいた

https://youtu.be/ao2S3vn6aQs

3BC45FAF-401C-4FC5-B503-3A87F5F123E2.jpeg



ドライテックのキーバインダー製造フッコー実は老舗塗壁(仕上げ材)メーカー

https://www.fukko-japan.com/

ホームページを見れば一目瞭然。

壁だらけ。

仕上げ材。

塗装。

そんな老舗塗壁メーカーはアトリエ系など有名建築家御用達の有名企業。

ひょんなことから始まったチグハグな組み合わせ、壁材屋さんと生コン屋さんのコラボレーションはもう16年目。

そして、気づいたことがあった。

土間コンにはダメだけど、ポーラスコンクリートなら塗装ができる。

フッコーのお家芸が炸裂させられる。

見た目の自由度が高いポーラスコンクリートの土間コンはそして今有名アパレルブランドに見出された。



壁、生コン、アパレル。

普通に暮らしてたらまるっきり関わりのなさそうな企業が今の時代はごく自然に繋がり共同する。

それは業界の内側に拘らず、広く世界に興味を広げた人々による共感の結果。

バスケコートのラインはトップコートで表現される。

これ、例えばこれから増えてくるB2B企業向けドライテックという視点で考えるとかなり可能性があると思う。

コーポレートマークを駐車場に。

CO2を焚くだけで年数が経過するとすぐにダメになるアスファルトの黒いつまらない駐車場ではない。

自社の思いをランドマークにすることができるCO2を収容し地球に蓋しないいつまでも美しい駐車場。

考えただけでも僕がどこぞの企業のオーナーなら絶対に駐車場はドライテックだ笑。

人々の思いを投射できるキャンバスとしてのポーラスコンクリート。

共感の輪を広げれば可能性は無限大だ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら