長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/01/20

【千葉】「隣の土間コンは水たまり」「とにかく《安い》からDIY」東邦レミコン

【千葉】「隣の土間コンは水たまり」「とにかく《安い》からDIY」東邦レミコン

千葉県印西市。DIYといえば、「自分で作るから愛着が出る!」楽しげなイメージが先行する中、今回のお施主さんは「とにかく安くしたいから」「業者に頼むと予算オーバー」「自分でやれば安くなるから」「真っ平らにできなくても水たまりにならないから」どちらかというと消極的な理由。それでも見事完成! (二見メンバー共有)。
製造:東邦レミコン(担当:川名敏勝)、施工:DIY(44m2、3名、4時間)



隣の土間コンは水たまり

1B24C497-AEE0-4889-947A-3EA4DB122DAC.jpeg

隣の土間コンは水たまり

過酷な現実を目の当たりにしていた。

とかくDIYといえば、友達呼んで鈍った体を動かして「いい汗かこうぜ」みたいなイメージが先行する。

一方、今回のお施主さんの場合はDIYやものづくりにそもそも愛着や憧れがあったわけではない。

業者に「土間コン」「ドライテック」それぞれ見積もりを要請したところほぼ同額だったという。

「なるべく安くしたい」

DIYにすれば確かに材料代だけ(あるいは施工指導員の派遣費用)で完成する。

確かに、安い。

さらに、プロのように仕上げの平坦性が仮に確保できなかったとしても、水を吸い込む性能があるから水たまり問題は避けることができる。

これまでのDIYとは違ってやや消極的な採用理由ではあるが、これこそが普及してきた証拠なのだと実感する。


9B8958EF-FEAC-4A5F-A35F-D97841A2775F.jpeg

E944C8FF-A409-4C83-8DB5-5767711BE472.jpeg

13233796-2C99-4DAA-B93F-E33909ADA2AE.jpeg

05410853-0922-4C68-B877-C092F96A610D.jpeg

施工Before。

生コンポータルにて現場近隣の生コン製造・東邦レミコンをお手配。

日本中どこでも人がいる地域なら(あるいはいなくとも)あるのが生コン製造者。

生コンポータルの使命は、「生コンをもっと身近に」

これまで縦割り・階層で分断されてきたあらゆるリソースを統合することで新しいもっと役に立つ生コンが創造されるはず。

「安いから」という採用理由だって立派なもの。

生コンが身近でなければ自宅の駐車場が「安い」なんてあり得なかったはずだ。


58E1DD34-45A1-4ACC-B756-320F228EA665.jpeg

20167BE4-F5FC-4FA7-8B3D-46920E924FBD.jpeg

ロットの変わり目あたりで休憩を挟むために施工ジョイントを設置し一旦施工を完成させる。

多少余った材料は次のスパンの下地に回し2台目の正確な数量を計算しオーダーをかける。


E4611421-E1DD-438A-8B87-9867EA9D3D2C.jpeg

D13041AA-1AED-4F41-9FB5-7CB3AF951EDB.jpeg

BAE7B39D-AD25-4487-B086-5166B2E2B4DD.jpeg

ものづくりに興味関心があるわけでもなく、DIYが好きなわけでもない一般の方々の施工。

それでも、事前の予習や施工指導員の立ち合いにより粛々とフローが流れる。


7F282DC5-B10C-4CEE-8E62-CD89C44E52DB.jpeg

施工After。

44m2(使用材料5.5m3分)は DIYerというわけではない一般の方々たった3名で4時間で完成。

半日で自宅の駐車場が完成してしまうなんてこちらからすればものすごいこと。

ものづくりとか好きとかではない。

全然、好きとかではない。

普段、趣味で何か作ったりしてるわけではない。

お手伝いのご友人の皆さんも同様だった。

業者から提出された見積もり「土間コン」「透水性コンクリート」いずれもそれほど大きな差がなかった。

「安くしたいからDIY」

ただ、それだけの希望を叶えることができるから、自分でやった。

横文字の少し浮かれたイメージのあるDIY(Do It Yourself)とは程遠い。

「とにかく安くしたいから」

「業者に頼むと予算オーバー」

「自分でやれば安くなるから」

「真っ平らにできなくても水たまりにならないから」

施主自らの手でそれらの希望は叶えられた。



「自分で施工できる」充実した予習コンテンツでより身近な透水性コンクリート。

https://youtu.be/WBgTAFYSxKo

https://youtu.be/aDZoox1Lr-Y


⚫︎施工事例2,000件以上収録:日本全国いろんなところで!施工実績はこちら


参加申込みをする


通常の生コンクリートで仕上げる土間コンはハードルがかなり高い。

まず、生コン産業の構造がBtoC(一般向け)とはなっていない。

だから、まず、何をしたらいいかわからないようになっている。

BtoB生コンは一般を相手するようにはなっておらず、基本的には地元の施工業者、あるいはゼネコンを相手に材料を組合、商社経由で販売している。

生コンポータルが拓いたイノベーションの1つに、生コンBtoCがある。

産業構造が縦割り・多段階で世間からの分断が甚だしくまるで身近ではなかったために、誤解されせっかくの価値が減衰していることに課題意識を持ったことによるものだ。

既存の流通構造を否定するものではない。

生コン産業側の一方的な押し付けではなく、市場と顧客に「選べる」を提供しなければあらゆる産業がそうであるように衰退の一途しかないはず。

IT(情報発信)や企業関連携(生コン工場や施工者のアライアンスと見える化)を行うことで縦割り・階層から流動的な産業構造を志向する。

施工業者一覧

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら