長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/09/29

【三重】「ああ、これ(土間)、俺でもできるかも」エクスショップ・DIY

【三重】「ああ、これ(土間)、俺でもできるかも」エクスショップ・DIY

三重県津市。今まで砕石の状態でしたが草が出て草とりが大変。バイク置き場にしたいが、土間コンにすると水たまりができ、コケですべりやすくなる。以前よりYouTubeを見て知っていたドライテックを業者さんに見積してもらったら高かったので自分で施工する事にした。材料はエクスショップに注文。思ったより簡単にできたとの事。
製造:中勢太平洋生コン(担当:益川昌頼)、施工:DIY(4m2、100mm厚、1名、30分、タイムラプスあり)



業者さんに見積もりしてもらったら高かったので自分で施工

16F0F274-186F-4BCD-BD20-E2358A0B7931.jpeg

エクスショップを介して製造・納品に協力したのは中勢太平洋生コン。

これまでにも何度かご当地ドライテックの製造の経験がある。

C5E3E053-85E7-461B-B154-38C18ABE0EE6.jpeg

施工Before。

今まで砕石の状態でしたが草が出て草とりが大変。

バイク置き場にしたいが、土間コンにすると水たまりができ、コケですべりやすくなる。

以前よりYouTubeを見て知っていたドライテックを業者さんに見積してもらったら高かったので自分で施工する事にした。

なんとまあ、これじゃあ、施工業者も肩なしだ。

一般消費者は上記MAPなどを参考に地元・最寄りの施工店に無料で相談をかける。

今では値段を見比べる「相見積」も大方の業者さんは嫌がらずに対応してくれるだろう。

絞り込まれた見積もりが果たして大丈夫なのか?

「その見積もり大丈夫?」あとだしじゃんけんワークスでは3営業日以内に無料あとじゃん先生から添削が返って来る。

「そのエリアだと高いですね。〜〜円/m2以下で流通してますよ」とか、「適正価格です!安心して交渉を続けてください」みたいな感じで回答がある。

安心づくめでものづくりの交渉を継続することができるようになっている。

ただ、「それでも高い」みたいな感じになったら最終手段は今回のようにDIY。

動画コンテンツも充実しているしザッピングしてれば「ああ、これ、俺でもいけるかも」みたいな感じになる笑。

さらに安心なのは、「現場指導員無料派遣」(見学会として解放を条件)。

ドライテックの施工立会に長年の経験を有する指導員(あとじゃんアライアンス)が無料で現場に伺ってあれこれ指導をしてくれる。

だから、安心づくめでDIYできる。

もちろん、上手、下手、についての保証はできない。

あくまで指導員は手伝わないので、事前に伝えられた道具や人員はきちんと揃えた状態で当日を迎える。

それでは施工開始だ

F8D8437F-79AC-42F4-AC45-3DCDB95A3660.jpeg

DE1A70AD-0ECF-4DE8-88CA-8B479A28EAE8.jpeg

DCBB06A1-7EC9-4621-8A8C-FFE8FD0697D4.jpeg

FBD46808-BA2E-4096-90AB-C29F8F834A33.jpeg

施工は至って簡単で、一輪車などで材料を当該箇所に運び込み撒く(敷設)。

レーキ(トンボ)や細かいところはプラゴテなどで平らに均す。

その際、排水のことを気にしなくていいので、勾配を考えず真っ平らにできる。

そして最後はプレートコンパクタで締め固め転圧。

F3D34291-AFDB-46CA-84E0-225FF3E15B5D.jpeg

70E205E9-F4AE-4C84-98C8-7A901CCB7346.jpeg

1B5D7A04-1B9D-4472-A234-E2EADEE0C702.jpeg

施工After。

4m2の土間をたった1名で30分完成。

一言。

「自分でやって良かったですね」である。

まじで、これでは、施工業者もかたなし。

というよりも、優良施工店さんであれば「自分でもやれますよ」と提案するくらいがちょうどいいだろう。



材料はエクスショップに注文。思ったより簡単にできたとの事

いやはや、返す返すも、 DIYすげえ。

僕には絶対にできない笑。

もちろん仕事だから現場指導とかでレーキの使い方とかプレートの使い方とかをレクチャしたりはしますけど、自分の家の土間を自分ではつって自分で施工しようなんてなかなか考えない。

本当にすごいよなあ、 DIYerって。


で、一般に「生コン屋さん」ってどんなイメージだろうか。

僕は生コン屋さんだから、良くも悪くも愛すべき奴ら、として常に生コン工場を認識している。

いいところももちろんあるけど、悪いところもいっぱいある笑。

その「悪いところ」の最たるものとして、70年以上B2B、つまり一般消費者を全く相手にしてこなかった、というのが挙げられる。

例えば、コンビニとかファミレスのような愛想のいい客対応は望むべくもない。

一般人に対しては塩対応を覚悟しとかねばならないだろう笑。

一方、今回も注文窓口となったエクスショップは日頃から小売り、一般顧客の相手ばかりをしている、その道のプロだ。

B2C、常に消費者対応を仕事としている。

だから、直接生コン工場に連絡入れるよりも、あれこれ便利がいいはず。

もちろん、自分の力で生コンポータルのMAPを頼りに頑張る、ってのも手だし、そのことで幾分やすい材料が手に入ることもあるかもしれない。

ただ、いわゆる「露払い」というか、お膳立てしてくれる人はいないので、「まさかのトラブル」に巻き込まれる懸念だって当然ある。

なにせ、一般人と生コン工場ではやっぱり言語を合わせることは一朝一夕にはいかないからだ。

彼らの常識、僕たちの常識、ってやつ。

その点を平準化して安心を届けてくれる存在。

それが、エクスショップ


「思ったより簡単にできた」

お施主さんの素直な一言。

もちろん、ドライテックそのものの簡便性は言うまでもないのだが、エクスショップの顧客対応、そしてあとじゃんアライアンスの現場指導員派遣があってこそ、「思ったより簡単位できた」となったことを一応ここではアピっておこう笑。

まあ、水道・電気・生コンみたいに、「アピる必要のない」「空気のように当たり前の」そんな存在になるべきなので、引き続きこの活動に邁進していきたいと思う。

DIYerでもプロ施工者でも、「生コンをもっと身近に」生コン工場の埋もれた価値を発信することで世界の景色をアップデートしていきたい。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら