長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/01/17

「DIY エクステリア 駐車場にワイヤーメッシュが必要だとか思ってない?」繊維コンクリート(その2)

「DIY エクステリア 駐車場にワイヤーメッシュが必要だとか思ってない?」繊維コンクリート(その2)

その1ではDIY エクステリア 駐車場における必須アイテムと目されるワイヤーメッシュの面倒臭さに焦点を当てた。「使わなけりゃならないんだから仕方ないじゃん」思考停止に陥る前にちょっと待った!ブルーシート国内製造シェア90%のあの会社が土間コンの常識をも変えようとしている!



ブルーシートも常識。繊維コンクリートも常識へ

D5C1BE2C-18C2-426D-9A16-9BB088946AFE.jpeg

その1(https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/diy_1_1.html)ではいかにワイヤーメッシュが施工者なかでもDIYにとって困った存在かを紹介した。



常識も数十年、数百年でまるっきり変化する。

古代ギリシャの偉大な哲学者で科学者であったアリストテレスは、紀元前350年に執筆した論文で、女性の歯は男性よりも少ないと主張した。これがばかげた説であることは現在の私たちは知っているが、その後2000年近くにわたって西欧諸国では常識とされてきた(出典:ティール組織)。



よく、「常識を疑え」と言われる。

とらわれず自由な発想が大切。

そうかもしれない。

ただ、僕も含めて大半の人は型にハマって生活する。

つねにはみ出ていたら生きるのが大変だからだ。

だから、何度もその効果が検証され誰にとっても「あり」と思われる常識に人は頼るようになる。

いつしか常識のせいで思考停止に陥る。

何も考えずその常識を受けいれ習慣とすることに安堵感を覚える。

人はコンフォートゾーンから抜け出すのがとても苦手な生き物なのだ。

その常識。

「DIY エクステリア 駐車場にワイヤーメッシュが必要」

70年を数える生コン産業においていつしかこちらも常識となった。

施工者は何も考えずワイヤーメッシュを敷設するようになった。

その習慣に誰も疑問を挟むことはない。

ただただそういうもんだとその事実を受け入れ続けてきた。



新しい常識の萌芽。「繊維コンクリート」とは?

E9B7B2D8-B708-4DE3-BB9B-B94E164F8371.jpeg

生コンを敷設した後締め固め(タンピング)の前にm2あたり100g程度表面にpp繊維を撒く。


544CBCD9-2DCB-4A18-9911-EBE2D8078794.jpeg

締め固め(タンピング)により表層下2cm程度にpp繊維のネットワークが構築され、ひび割れ抑制効果は立証されている。


B469B6A7-A446-41CB-9CBB-B478CC3C0FFB.jpeg

なんと、ワイヤーメッシュとの比較でも60%以上のひび割れ抑制が証明されている。



さて、ワイヤーメッシュと比べてその取り扱いは?

ワイヤーメッシュはかさばるし2tトラックみたいな特殊車両が必要ということも説明した。

さらに、施工前、施工後にもかなりの面倒が付き纏うことも説明した。

そして、それらは常識だった。

それにくらべこの繊維コンクリート(pp繊維散布工法)はどうだろう?


3EF9407C-A133-4C40-922D-69042572C881.jpeg

片手で軽々持ち上げているこのpp繊維の入ったパッケージでなんと30m2以上も施工可能。

ワイヤーメッシュ15枚分となる。

わざわざ買いに行く必要もない。

生コン車の助手席に乗せられて現場に届く。

事前工なんか必要ない。

すぐに打設開始だ。

そして、足元は路盤だから安定もしている。

一輪車で道板無しに搬入することだってできる。

そんでもってタンピング前に1m2に100gを目安に撒くだけ。

はちゃめちゃに楽になっていることがわかる。

さらに、お値段。

メーカーが設定する設計価格(上代)はm2/180円程度。

ワイヤーメッシュよりも上代ベースで既に安い!!(ワイヤーメッシュはm2/200円)



安心の萩原工業BARCHIPが変える土間コンの常識。

なんと製造元はブルーシート国内生産シェア90%の萩原工業が100%出資する事業会社BARCHIP。

同社は日本のブルーシートという常識を作ってきた会社。

そのノウハウが繊維コンクリートという市場を拓こうとしている。


誰もがバカらしい、めんどうくさいとおもっているワイヤーメッシュ。

思考停止に陥っているぞの作業。

数十年後の施工者から笑われてるかも。

常識なんてこれほどバカらしいことはないのだけれど。

けれど、それを覆すにはそれなりのエネルギーが必要となる。

しつこくしつこく訴え続けるつもりだ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら