長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/27

【静岡】「土間コンDIYしようと思ってYouTube見てたらドライテックの方が格好いい」

【静岡】「土間コンDIYしようと思ってYouTube見てたらドライテックの方が格好いい」

静岡県駿東郡清水町。一般住宅の施主が土間コンをDIYしようと思ってYoutubeを見ていたらドライテックを発見。土間コンよりもこっちの方が格好いい、という理由でを採用。よくよく調べてみたら、長岡生コンも近いという事で、問い合わせをして、現場指導も併せて依頼。
製造:長岡生コンクリート、施工:DIY(22.5m2/3m3、100mm厚、2名、2時間)



土間コンよりもこっちの方が格好いいのでDIY

D449700E-5613-4EBD-A6EE-DB4B861198A1.jpeg

35CEDAD4-C15C-45E3-8103-F27A9BB0B35D.jpeg

施工Before。

一般住宅の施主が土間コンをDIYしようと思ってYoutubeを見ていたらドライテックを発見。

「土間コンよりもこっちの方が格好いい」

しかも、長岡生コン(生コンポータル)は地元でものすごい近い。

現場指導をつけて友達3名でDIYをしようということになる。

も、当日雨天の予報となり前倒し施工となったために2名になっちゃった。

DIYerでも一般消費者でも上記マップを参考に製造工場、あるいは施工を依頼できる業者に直接無料で相談できる。

材料でも施工でも全国各地で手配を依頼するのなら47都道府県対応エクスショップは便利だ。

いくつか見積もりプランを入手して絞り込んだらあとだしじゃんけんワークスがある。

「絞り込んでは見たものの、この見積もりは果たして妥当なんだろうか?

忙しい一般消費者のもっともな悩みに3営業日以内に無料で診断結果が回答される。

安心を前提にものづくりを発注できる仕組みとなっている。

D9EDC797-1E54-4C57-99C5-2DBD4BFC2BB2.jpeg

一般DIYerにおすすめな道具はアメリカンレーキ。

トンボと呼ばれるレーキよりも仕上がり高さの微調整が楽。

657C2348-1BA0-40FA-BF4F-3F967DD2D0E3.jpeg

材料を敷設してレーキが均していくのに並行して端部の押さえ(タンパ)が行われる。

この時に実際の仕上がり高さがわかるため早めに押さえを行なっておく。

4EE29B70-055A-40E9-9340-21EC484332AA.jpeg

続いてプレートコンパクタによる仕上げ。

ポーラスコンクリート(ドライテック)は生コンと違って締め固めても一定以上沈まない。

そこが、仕上がり高さとなる。

DBF4E2D4-D165-40CA-8C52-095DB45F9CD6.jpeg

3FB1A87F-EE53-4B9E-8B06-D4CDA4655270.jpeg

仕上げ後の高さの微調整もアメリカンレーキならやりやすい。

D232F24D-3FE4-40F6-948F-9874CEA41C5F.jpeg

525E6761-B51C-4657-A8FF-695539616A4A.jpeg

施工After。

22.5m2(3m3)の土間コン(ドライテック)は一般DIYer2名でたったの2時間で完成。

以下、施主さんたちの声。


「やっぱこれ、格好いいわ~」

「面白かった!」

「自分たち(の施工)でやれて良かったです」


頑固に施工に取り組もうとしない施工業者に爪の垢でも煎じて飲ませたいくらいだ。

ものの見事に素人が完成させてしまっているのだ。

連日のように。

施工業者として恥ずかしくないのだろうか。



一般DIYer2名がたった2時間で20m2以上の面積を完成させてしまえる生コン

YouTubeでは多数の動画マニュアルが紹介されている。

ドライテック単体だけでなく、そのほかのエクステリア資材の施工マニュアルも紹介されている。

いずれもメーカー品(エクスショップ協賛)で、本物志向のDIYerにとってはかなり充実の内容となっている。

生コンポータルの紹介する生コンはかなりDIY向きということにこのところ気づいた。

さらに最近では造粒ポーラスコンクリート「オワコン」も評判を呼んでいる。

雑草押さえもでき、水も通すだけでなく、こちらはさらに施工が楽。

造粒ポーラス構造であるため施工中にペーストが乾くような心配がない。

だから、敷設したまましばらく放置しておいたってドライアウトしない。

まさにDIYにぴったりの舗装材となっている。

(現在は犬走の雑草・水はけ・ぬかるみ対策など歩道用途限定で販売中)


「やっぱこれ、格好いいわ~」

「面白かった!」

「自分たち(の施工)でやれて良かったです」


僕たち生コン工場に従事する人たちからすると一般の方々が目の前で喜んでもらえるのってすごく新鮮。

これが、B2Cの醍醐味ってやつなんだなと思う。

普段、建設会社ばっかり相手にしてるからね。

なかなか、目の前で感動してもらえることってない。

今回のように素直に喜んでもらえるようなそんな仕事を広げていきたい。

製造・施工・消費ラストワンマイルがシームレスにつながり創発されるようなものづくりを創造したい。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら