長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/11

【鹿児島】「アースカラーで環境と見事に調和しながらも、土(真砂土舗装など)じゃない、コンクリートだから強度も耐久性も抜群」南州平田南九州LLP・庵心

【鹿児島】「アースカラーで環境と見事に調和しながらも、土(真砂土舗装など)じゃない、コンクリートだから強度も耐久性も抜群」南州平田南九州LLP・庵心

鹿児島市。民家いぬばしり・駐車場。ドライテック性状終始良好、施工・庵心は2回目の施工。現場入り口が狭く、小型車(1.5m3)ずつの運搬だったため、少し時間がかかるが手際よく施工が進む。
製造:南州平田南九州LLP(担当:前木馬大志)、施工:庵心(80m2/9.5m3、100mm厚、4時間、2日目トップコート)



鹿児島でも普通にドライテックやってます

ED887F43-00D4-4A86-A61A-21870709ED89.jpeg

駐車場をドライテックにしたいと思っております。
既に片足カーポートを設置しており、台風積雪対策の補助サポート柱の受け側の施工もお願いしたいと思っております。
ハウスメーカーからはドライテックを扱える業者は鹿児島にはいない」と言われ諦めていましたが、そんな中こちらのサイトを見つけてドライテック熱が再燃いたしました。
お返事お待ちしております。

(消費者からのメール相談原文ママ引用)



飛んだ嘘八百を並べ立てるハウスメーカーもいるもんだと驚いたところだが、まあ、普通に、鹿児島でも全然ドライテックは流通している。

その証拠に「鹿児島」「ドライテック」とNamakon検索を利用して貰えば、パートナー企業木田組生コンさんのご尽力によりご当地でも逞しく普及を伸ばすドライテックの様子がわかるだろう。

消費者を啓蒙する対象とでも思って軽んじていると火傷するよ。

現在消費者は上記マップを参考にご当地の施工・製造に直接無料で相談をかけられるようになっている。

種別「施工」、都道府県「鹿児島」を選択してみるといい。

まあまあ施工実績のある業者の名前が上がってくると思うのだけれど。

秒で調べがつくのに「ドライテックを扱える業者は鹿児島にはいない」って、どの口でいうんだろう。

さらに「その見積もり大丈夫?」あとだしじゃんけんワークスでは見積もり診断と添削回答を無料で行なっている。

そのため、消費者はもちろん、製造・施工ラストワンマイルも「安心」してものづくりに集中できるようになっている。

さて、施工が始まる。

83356363-182A-4A17-85F7-538F3108F5A7.jpeg

D4984553-8DB6-4EEB-8053-D5D7E9048CC8.jpeg

950C6AB6-03C8-4ABC-92BC-CC841D55DEF6.jpeg

施工After。

1日目はこれで終了。

犬走と駐車場80m2をまとめてドライテックで舗装。

これで排水や雑草に悩むことはない。

F15B5683-7457-4AE7-B693-3322C46B6179.jpeg

56CA3A52-6E19-4B05-B9FE-D72FC5A54ACE.jpeg

A8B7FCD6-26A0-4E0C-A588-75C0A0A1A2C2.jpeg

2日目はトップコートの塗装。

建物や隣接構造物など塗料が付着して困るようなところをガッツリ養生して守る。

3777BBD5-6B94-4A05-91FA-DA71262C36F3.jpeg

塗料(トップコート)は現地で簡単に製造可能。

その内容は映画「透水宣言」の中でマニュアルとしてもまとめられている。

そして、なんと、今YouTubeで「トップコート」「ドライテック」検索していたら見つけました。

木田組生コングループのアカウントでこちらの現場のトップコート動画がリリースされていた。

貼ります。

ドライテック施工後のトップコート塗布。

https://youtu.be/EfTfGOoot-Y

ひゃー、わかりやすい。

もう、説明いらない。

でも、一応説明しておくと、まず最初はハケで端部(縁のところ)を塗装する。

いわゆる絵画における額縁はきちんとね、って感じだ。

それから広い面積のところはスプレーガンで噴霧。

これだけ。

D9DBF948-2417-4741-9B90-DE431CACD70A.jpeg

6C6E5963-A138-4503-9CE0-6BD5D5DDDA4B.jpeg

施工After。

庭の雰囲気が一変してしまう。

アースカラーで環境と見事に調和しながらも、土じゃない(防草土とか固まる土、真砂土舗装など)、コンクリートだから強度も耐久性も抜群。

いついつまでも暮らしの土台、地面をきれいに安全・安心に支えてくれることだろう。

ドライテックって鹿児島でもこれこの通りちゃんと採用されてます!

鹿児島県民の皆さん、嘘つきハウスメーカーにご注意ください!!



というわけで、情報格差を悪用して消費者をたらし込もうとする事例に触れると俄然やる気が出てきちゃう。

筆(というか、タイピング)が進む進む。

なんでこんな痛ましいことが起きるかというと、縦割り・階層・ヒエラルキー・カーストが前提の産業構造にあると僕たちは分析している。

壁や階層で分断されると、製造・施工・消費ラストワンマイルそれぞれは不信に陥ってしまう。

「高いモノふっかけられたり、騙されるんじゃないあ」(消費)

「クレームや因縁をつけられて値引きを強要されるのではないか」(施工)

取引ではなく「奪う」「奪われる」というパラダイム、二項対立に陥ってしまうのだ。

生コンポータルではその構造の刷新を企図している。

「情報共有(インターネット)による製造・施工・消費ラストワンマイルの創発」

これが、具体的な実践だ。

だから、一つでも多くの現場のリアルを今回のようにブログ、あるいは動画のような形で発信していきたい。

現場・現物・現実をしっかりと伝えていく。

僕たちものづくりにとってこれまで苦手だった分野だ。

埋もれさせずに現場をきちんと発信する。

そのことで少しずつ産業構造は内側から変わっていくのではないだろうか。

鹿児島でも普通にドライテックやってます。

生コン工場があれば基本的に日本中どこでも製造は可能。

当たり前を当たり前にするために今日もせっせと情報共有。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら