長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/07/18

【山梨】「逆勾配、水はけ、排水設備。《知ってる》だけで解消される」匠ガーデン・ヤマヨセメント

【山梨】「逆勾配、水はけ、排水設備。《知ってる》だけで解消される」匠ガーデン・ヤマヨセメント

山梨県甲州市。自宅兼店舗で道路側の方が高く勾配が取れず(逆勾配)、インターネットで排水や水勾配を考慮に入れなくともいい透水性コンクリートの存在を知った施主から直接問い合わせをいただき施工者匠ガーデンとの協議の末採用となる。
製造:ヤマヨセメント、施工:匠ガーデン他(159m2・18m3・7名、4時間)



逆勾配ってご存知ですか?

E9494D28-4B35-4543-B3E5-CEF7B1C52060.jpeg

施工Before。

敷地境界道路から店舗兼自宅に向けてなだらかに勾配がついている(道路のほうが高い)。

こうした地形のことを「逆勾配」と言って設計や施工者を悩まされるものとなっている。

仮にこうした地形で道路側に排水を検討する場合排水設備は過大となり膨大な費用が想定される。

「ただただ水はけするためだけのために」

一生に一度のお買い物の予算はがっつりと失われることになるのだ。


EE8FC279-064D-4F1A-AE8D-D1E58D53D176.jpeg

施工開始。

透水性コンクリートは「排水」「勾配」を気にしなくてもいい舗装。

そして、さらに写真でも分かるのは「生コン車から直下ろし(ぢかおろし)ができる」ということ。

これは、「普通の生コンでは絶対にできない」こと。

ワイヤーメッシュ(鉄筋)の敷設が不要になることで生コン車が直接乗り入れすることができることで、材料(メッシュ)、搬入手間(一輪車を運ぶ作業員2〜3名)分の費用がカットできる。

仮に材料が生コンに比べて高くともトータルでは結果的に同等か場合によっては排水分安くなるのはこうした理由から。


3427A2DB-197A-4CFE-B707-49AC7065CC79.jpeg

敷設された材料はトンボで平坦に均されその後ろを30kgのプレートコンパクタが追いかけるように転圧(仕上げ)していく。


AFD29D9A-004F-4FF3-8B65-CE396833514F.jpeg

施工After。

たった4時間で159m3を7名で終わらせられるのは透水性コンクリートの強み。

通常の土間コンではきっと2日がかりになるはずだ。

毎日のように雨が降りしきる梅雨の時期、工程管理に頭を悩ませる施工者各位にとっては大きなアドバンテージとなる。



逆勾配、排水、知ってるだけで得をする透水性コンクリートというソリューション

「専門家の近視眼」という現象がある。

「自分の持っている道具がハンマーしかなければ、すべての問題は釘に見える」というマズローの格言もある。

専門家は来る日も来る日も同じ作業を繰り返し行うことによっていつでもどんな時でも一定品質の価値を創造することができる。

つまり、プロの要件としては再現性。

入職してから長年「駐車場舗装といえば土間コン」という環境で繰り返し繰り返し作業を行なっていれば、土間コンを作るというプロセスは安定してくる。

そこに突然「他の舗装」としての透水性コンクリートを勧められても機能障害を起こす。

これは当然のことだ。

経験が長じるほどにその観念は固定化していく。

「透水性コンクリートというものをネットで見つけたんですが」

施主からそのような話が仮にあったとしてもプロ施工者はなかなか聞き入れない。

「そんなぽっと出の製品使ったこともないし責任取れないのでお断りします」

意地になってしまうプロ施工者たち。


DIYでも施工ができる透水性コンクリート《ドライテック》。

一方のお施主さんたちは「ほら、素人でも施工してるでしょ!」とあじるあじる(笑)。



そんな繰り返しでようやく透水性コンクリートも「テコでも動かなかった施工者たち」に少しずつ共感してもらえるようになってきた。

「一回経験すれば分かる」

土間コンのあらゆる面倒を解消するソリューションとしての透水性コンクリート。

プロ施工者のみんなが常に頭を悩ませている「逆勾配」「水はけ」「排水」のソリューション。

こちとら毎日毎日、飽きもせず休みもなく、ひたすらブログを3本書いている。

5年前は全く無名だった透水性コンクリート《ドライテック》も執念でようやく話題になりつつある。

売名ではない。

知ってもらえれば、本当に助かる多くの人たちがいることを僕たちはわかっている。


参加申込みをする

詳しくはオンラインセミナーまたは施工見学会で。

きっとお客様のためにひたむきな施工者なら納得して変化してくれるはずだ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら