長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/09/06

「洗い出しをするくらいなら」 エクステリア・土間コン・透水性コンクリート

「洗い出しをするくらいなら」 エクステリア・土間コン・透水性コンクリート

 

砂利などの骨材がむき出しになる洗い出し、単調な土間コンにおける一つの意匠的表現です。

住宅の駐車場やアプローチに当然のように使われている普通の土間コンで、普通の土間コイン以外でインターロッキングや樹脂舗装、
スタンプコンクリートなどを採用することもありますが、たまに採用するのが洗い出しによる技巧です。

骨材がむき出しであったとしてもペーストを使用する土間コンなので、ひび割れや色むらが発生して、施主様との間でトラブルになってしまうことも。

そのトラブルが周りに周って生コン工場にとばっちりが来ることもあります。

そんな、ひび割れや色むらが気にならないコンクリートが現在では普及をしています。



洗い出しのひび割れや色むらがないコンクリート

8C38412A-96D0-40D0-AD94-C6A0079305D0.jpeg

 

こちらの写真は、洗い出しの技巧による土間コンクリートです。

すこしひび割れが目立つのがわかります。

ではこれを少し寄せてみると。

 

CABB9A25-0FBE-4CD0-9473-ACAA20A81061.jpeg

 

ひび割れの存在が目立ち、誰でも分かるようになってきます。

これをさらに寄せてアップで撮影してみると。

 

52555196-804A-47B1-AA46-B0E8B0CB0E4D.jpeg

 

間違いなくひび割れが入っているとわかります。

 

4AC36C95-9D7F-41C9-8F35-443C7D9FFAFD.jpeg

 

ちなみに、一番アップで撮影したものがこちら。

横のひび割れだけではなく、小さなものだとたくさん入っていることがわかります。



洗い出しの技巧が洗い出しと呼ばれるのは、施工方法に由来します。

通常の土間コンを施工して硬化する手前で、表面のセメントペーストを洗い出します。

すると、セメントーペーストの下に隠れていた砂利などの骨材が表面・素地に現れます。

無機質な単調な土間コンクリートでも、別の素材を使わなくてもできる意匠的表現です。

この洗い出しによる技巧、単調な土間コンでも精一杯できる意匠的表現とされていましたが、現在ではあるコンクリートが普及したことによって、
骨材がむき出しでもひび割れや色むらが気にならない土間コンクリートを施工できるようになりました。

その性能面も優れるあるコンクリートが透水性コンクリート ドライテックです。




3F8E98C3-AD5B-4A95-83E3-F1BBF3576124.jpeg

 

こちらが、駐車場に施工されたドライテックの写真です。

透水性コンクリート ドライテックはその名の通り、水を透す(通す)ことができるコンクリートです。

骨材と骨材を適量のペーストによって繋ぎ合わせることによって、内部に無数の空隙(隙間)が生まれ、水を透すことが可能となっています。

ドライテックの表面に水が落ちると地面に透水させられてしまうため、水たまりができる心配がありません。

もちろん従来の洗い出しの土間コンクリートに必要だった水勾配も必要なく、真っ平に施工をすることができます。

 

BF722879-8047-4019-8577-1326C955DF0E.jpeg

 

ペーストも骨材を繋ぎ合わせる程度にしか使わないため、色むらやひび割れが目立ちません。

つまり、些細なクラックなどは無いに等しく気付かないのです。

ドライテックには他にも、施工時間が短時間で終わる、メッシュ配筋不要、初心者でもDIY可能など、様々なメリットがあります。

詳しくは下記ページにして紹介をしているので、気になる方は参考にしてみてください。

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」

 

洗い出しと似たように骨材がむき出しとなるドライテック、通常の土間コンクリートよりも短時間で施工をすることができ、水たまりができなくクレームに繋がりにくいといった様々なメリットを持ちます。

もしかすると、お施主様の中にはデザイン性にこだわりたいと希望される方もおられるかもしれません。

その点ドライテックなら、基本8色のトップコートからカラーを選んで施工をすることができます。

 

「選べる8色カラーサンプル完成!」トップコート・舗装

⇒「選べる8色カラーサンプル完成!」トップコート・舗装

 

洗い出しよりも、短時間でおしゃれなコンクリートを施工できるとドライテックなら提案をすることが可能となります。

最終的に何を選ぶかはお客様の価値観などにもよりますが、どんな良いコンクリートがあるのかを紹介提案することができるのは業者側です。

手間や時間がかかる洗い出しを提案するのであれば、見た目も性能も良いドライテックを提案してみませんか。

 

今回紹介した透水性コンクリート'ドライテック'に関しては下記から詳細を確認することができます。

⇒水勾配がいらない土間コン「ドライテック」

 

それと、生コンポータルでは施工業者さんと施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくこと無く提供しており、現在新規の登録業者を募集中です。

もしご興味がある場合には下記「お問い合わせ」より一度ご相談ください。

 

⇒生コンポータルへ登録希望の施工業者様はコチラから

(下記マップにて登録された内容が掲載されるようになります。

 

施主様でお近くの施工業者をお探しになる場合は、上記マップもしくは、下記よりご相談ください。

⇒お近くの施工業者へのご相談はコチラから

 

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら