長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/12/04

「解体撤去って従来の土間コンクリートと比べてどうなの?」

「解体撤去って従来の土間コンクリートと比べてどうなの?」

「セルフリフォームで一番厄介なのはコンクリートの解体・処分です。特にワイヤーメッシュなんて入ってたら個人じゃとってもやってられません。テレビでやってるリフォーム番組は解体処分の手間をカットしちゃってますけど、あそこが一番の難所だと僕は思います。」(生コンポータル小松英樹)。



ワイヤーメッシュがないので分別が楽

1F63BBD0-3EA4-4399-97B0-12D71AFF1D00.jpeg

94AC64E4-5A2E-4FFA-9FC2-7A7692144930.jpeg

突如勃発した透水性コンクリート《ドライテック》のメッセンジャーグループでの議論。

素朴な疑問。

「解体撤去って従来の土間コンと比べてどうなの?」

には、タケザワウォールの竹沢さんやあづまコンクリート工業墨田さん他多くの人たちからの意見が寄せられた。



有筋ガラ(ワイヤーメッシュが含まれた解体コンクリート塊)はマジで処分無理無理の無理Death!!(小松職員)。

なんと、生コンポータルの小松職員にはその経験があったそうだ。

8CB2084D-D677-4850-9FD4-6183869C628D.jpeg

有筋ガラはマジで処分無理無理の無理です。

うちの隣の焼けた家を解体しましたが、玄関土間に素人仕事のワイヤーメッシュが入ってて本当に難所でした。
ドライテックなら解体後に砕石として再利用しやすいので、処分のハードルも下がります

素人がムキン(無筋)でもガラを砕石利用するのはものすごい時間がかかります。ある程度まで砕くとハンドブレーカーでも泣きの作業になります。

(生コンポータル小松職員)

 

4年前のドライテック解体しました。
重機だと 簡単だけど
電動ピックだと 振動が伝わりにくいので 際などの縁切る際手こずった感じっす。

メッシュ 鉄筋が くっついてので 手間は増えるし
コンプレッサー ブレーカーが
必要になります。

(タケザワウォール竹沢社長)


(ドライテックなら)
ワイヤーメッシュがないので 分別も楽ですし

解体もバラバラになっていきます
ワイヤーメッシュがあれば鉄筋カッターなどで切断しながらの撤去作業となります

(生コンポータルまさつぐ)

 


たった数分の時間の中でかくもたくさんの意見が出された「解体撤去って従来の土間コンと比べてどうなの?」という疑問。

 440984F3-9C91-4D78-953C-C828CD53DB00.jpeg

https://www.youtube.com/watch?v=oOBZ-iIFbSg



そして、なんと!映画「透水宣言」で検証しちゃいます!!

「解体は本当に楽なのか?」

その検証を、映画「透水宣言」でドキュメントする。

主人公の透水性夫(とうすいさがお)は正真正銘素人だ。

役でも中の人でも、いずれも建設に携わっている人ではない。

いわば、劇中でがちでDIYでドライテックの解体をやってもらう。

誰の目にも明らかに、ドライテックの解体が楽なのか大変なのかがわかる。


そもそも、土間コンにせよ、ドライテックにせよ、形あるものはいずれは解体される。

「飽きた」

なんて理由だってあるだろう。

飽きた、トレンドに合わない、なんて理由で捨てた服いくらでもあるでしょう?

ただし、土間コンやドライテックの場合は、その時のことをあまり想定しない。

なんとなく、「1回施工したら一生モン」みたいなイメージでいるように思う。

でも、結構あるのだ。

土間コンクリートの解体撤去。

地中に埋められている配管の更新とかで、まあまあ撤去されたりする。



施工してる時はみんな目を輝かせて暮しのことしか考えてない。

でも、遠い将来には、必ずそれは撤去される。

その撤去解体が重労働ってことは、将来世代に皺寄せを寄せることになる。

もし、ドライテックの解体撤去が、本当に本当に従来の土間コンよりも楽ってことがわかれば。

施工を決定するときに、それはとても素晴らしい後押しになるのではないか。

将来の子や孫に面倒をかけない。

そのことがわかるだけでも心理的負荷が軽くなるのではないか。

「解体撤去って従来の土間コンクリートと比べてどうなの?」

なさそうで、よくある、みんながとても興味ある質問。

この答えをこれからも探究していきたい。

とにかく現時点では従来の土間コンクリートよりもよほど解体撤去が楽だということがわかった。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら