長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/12/10

【群馬】「群馬県内も少しずつドライテックが広がってきたと実感しています」高総建設・モトキ建材

【群馬】「群馬県内も少しずつドライテックが広がってきたと実感しています」高総建設・モトキ建材

群馬県高崎市。実際にドライテックを施工する前に、試験施工をしたいということで展示場土間の一部を透水性コンクリート《ドライテック》で舗装。施工は男女二人で行われた。事前にドライテックの施工の仕方をYoutubeで入念に何度もご覧になったという。「群馬県内も少しずつドライテックが広がってきたと実感しています」は中根さんからのコメント。
製造:モトキ建材(担当:中根政範)、施工:高総建設(1.25m2/10m2、100mm厚、2名、1時間)。



増えてます。展示場に、ドライテック。

EFC90527-E94D-4EC1-933A-B17ADFE244A6.jpeg

BA28FACC-EC0F-4BC4-9445-4A7A0545D84E.jpeg

品質チェックのダレ試験で材料の性状を確認する。

材料を適切な状態で届けるところまでが生コン製造者の役割で、バトンは施工者の手に渡る。

今回の施工現場は「すでに受注が一件決まっており、その前段で練習も兼ねて自社展示場にドライテックを舗装したい」というものだった。

ドライテックは生コンポータルに収録されている2,000件超(4年半)の施工実績で採用理由その他詳細を一覧できる。

さらには、動画コンテンツも充実しているのが特徴だ。

今回の高総建設さんも事前にYouTubeで何度も施工をご覧になり本番に臨まれたという。

テキストで学ぶよりも実際の流れを確認できるためプロ施工者であればYouTubeでの予習が有効。


AA2A59CD-2421-4A71-99F0-3522ECCF3301.jpeg

FD161013-37A4-4CF6-B5BF-CFF1CFB25C2D.jpeg

B2DB8EFD-3031-4667-8EC6-208FC215789F.jpeg

施工の流れは至ってシンプルで動画で予習してあるから全く澱みない。

材料を敷設したらトンボやプラゴテなどで平坦に均す。

この均しを平坦に行うことこそ一般DIYerにとって至難となるが、そこはプロ施工者従来の土間コンの要領で手慣れた作業だ。

その後は写真にもあるように振動プレート(プレートコンパクタ30kgタイプ)で追いかけるように締め固め(転圧)で仕上げは完了。


4FEFD35F-23D4-466D-9126-CCEF4D345E63.jpeg

施工After。

およそ10m2のスペースを男女たった2名で1時間程度で完成させた。

周囲には従来の土間コンクリートが舗装されているため好対照。

訪れた見学者は両者の特性の違いを実感できる仕掛けとなっている。

事前の練習も兼ねていたため、これで高総建設さんの方々も安心して本番に臨むことができようだ。



展示場、店舗前、ちょっとしたスペースにドライテックが増えてます。

⚫︎参考記事:【群馬】「逆勾配なので、ドライテック。楽して儲けてください」高総建設

実際に施工された本番の現場はこちら。

逆勾配だったために、排水を兼ねた舗装、ドライテックが採用された。


施工に先立ち、店舗前や自社展示場、または玄関前のちょっとしたスペースに今回のように事前施工を行う。

これが、結構増えている。

一度施工をしてしまえさえすれば、もう完全に自信を持って本番に臨めるだけじゃない。

施工されたそのドライテックは店舗を訪ねる人の目に触れる。

水を張ったバケツを置いておけば、ひっくり返すだけでその性能を理解できる。

雨の日に訪ねた人なら何もせずとも分かるはずだ。

店舗の玄関はツライチ、平坦に、敷居を低くされるケースが多い。

そのため、水はけは常についてまわる問題になるところだがドライテックにしておけば、水はたちどころに吸い込まれていくため、心配無用。


「群馬県内も少しずつドライテックが広がってきたと実感しています」

同エリアで古くから製造に取り組まれておられるモトキ建材の中根さんのコメント。

群馬は需要地埼玉にも隣接しており戸建て住宅外構が計画される際にドライテックが話題になりやすいようだ。

駐車場2台分やアプローチ、犬走、といった戸建て住宅外構規模でも1時間〜2時間で施工が完了する。

1日掛、特に冬場は深夜まで続く従来の土間コンクリートに比して実に手軽な舗装材

次世代の土間コンクリート《ドライテック》はいよいよその真価を知られるところとなり普及は加速している。

2020年は土間コン新旧交代の元年になった。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら