長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/12/25

【千葉】「実にバラエティに富んだ採用理由となった」山一園(前編)

【千葉】「実にバラエティに富んだ採用理由となった」山一園(前編)

千葉県勝浦市。水勾配をつけたくない。玄関前はタイル下地(平らにする為)。階段は滑りにくい材料を希望。駐車場は水勾配もとっているが側溝に負担をかけない。施主はすでに住んでいる為、施工後直ぐに歩けるように。実にバラエティに富んだ採用理由となった。(前編)
製造:匿名希望、施工:山一園(担当:唐鎌泰紀、65m2、100mm厚、5名、4時間)。



ドライテックは滑らんなあ

6460028A-3DA3-431E-BBCD-C180154F615F.jpeg

55EA75FE-34B7-4477-ADFA-A6BB211690DA.jpeg

8A8FEE76-E7FB-49BE-B539-E99C30198D75.jpeg

施工Before。

実に撮れ高のある現場だ。

なので、禁じ手かも知れないが、前編と後編2回に分けてブログにしたいと思う。

毎日3本もブログを書くことをノルマ(カルマ?)としているため、このくらいの技を使っても文句は言われないだろう。

「それ、ずるいよ」

と思われる方がいらしたら、ぜひ5年ほど毎日ブログを3本書き続けてみてほしい。

本日で4年と9ヶ月と25日毎日ブログを3本(以上)書くことになる。

二日酔いで死ぬ思いの時も、失意のどん底にいる時も、痛風に喘ぐ日も、僕はひたすら毎日ブログを3本書き続けてきたのだ。

我ながら、変態だなあと思う。

さて、ドライテックの現場を紹介しよう。


47F2C9E8-84A4-4F65-814B-49E231EE96A7.jpeg

2A72AD88-6A14-47A6-BE6A-EC7206B7CE89.jpeg

969F173E-CB6D-412A-97A0-EC9B057E0E96.jpeg

D780C52C-3304-4DC1-B5FB-9CB6C8325256.jpeg

こちらの現場の採用理由は実にバラエティに富んでいた。

後編では駐車場部分の紹介をする予定でいるが、前編では玄関へ続くアプローチと階段について触れたいと思う。

「滑らない」

一言で言えば、これが決め手となった。

「滑らんなあ」である。

M1獲れるくらい滑らないのがドライテックだ。

まず、「平らにしても大丈夫」という性能が挙げられる。

通常、従来の土間コン(オワコン)で舗装する場合、「水勾配」と言って、水を流すための傾斜が必要となる。

また、土間コンの場合、雨の後でも表面の水はなかなか乾かない(滞水)ため、コケ・カビの生育が促進される。

斜めっていて、しかもコケが生えている。

滑り台かっ!である。

一方、ドライテック(透水性コンクリート)は水が抜けていく。

ジャバジャバと水が抜けていく。

表面に滞水するいとまなどない。

すぐに乾く。

そして、これは人によって評価は分かれるかも知れないが、「表面がゴツゴツしてる!」

これ、「滑らない」という意味ではとてもGood。

2020年のグッドデザイン賞金賞・経済産業大臣賞を受賞するだけのことはある。

(後、今年も残すところ1週間を切ったが、とにかく今年はグッドデザイン賞金賞を全面に出していきたい)。

そして、M1も獲った(嘘)。


47CDBB5D-C367-44E9-B12B-A3B2A707AB71.jpeg

1BC8192C-D74D-4664-B1D4-5EB4F7C23EAD.jpeg

45E8C2A3-215E-44E6-8A34-F85B64E71F33.jpeg

施工After。

見るからに、滑りそうもない。

コケ・カビなんざ生える隙を与えない。

しかも、玄関前はこの後ドライテックの上にタイルを貼るのだそうだ。

0B845AA6-A3FA-485B-96C1-B200D5A89491.png

ドライテックをした時にした場合、目地の部分から水は抜けていく。

玄関前のタイルの地面が斜めってるよりも真っ平らな方が「滑らない」に決まっている。

ドライテックを選んだのは素晴らしいセンスだ。

おめでとう。



ドライテックは滑らない。

ドライテックは2020年も滑らないどころか大ブレイクしました。

鬼滅か、ドライテックか。

すごい、フィーバーしました。

ありがとう、2020年。

そして、2021年も、滑らないどころか、駆け抜けます。


雨上がり、土間コン(オワコン)の上でダッシュして、急に止まってみるといい。

つるん、と滑る。

コケなんか生えてたら、「氷かっ!」くらいツルツル滑る。

これから迎える超高齢化社会において、そんな土間コン(オワコン)は凶器と言っていい。

土間コン(オワコン)は人殺しだ。

悪いこと言わないから、土間コン(オワコン)を採用するのはやめておいた方がいい。

ドライテックという次世代のコンクリートテックがあるのを知ってしまった以上、あなたは土間コンを施工しようとする施工者に「やめてくれ!殺す気か!!」と叫んでもいいと思う笑。

そんなわけで、妙なテンションで前半戦を終わろうと思う。

後半戦は駐車場部分の施工を紹介したいと思う。


(後編に続く)



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら