長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/02/21

【静岡】「エクステリアの働き方改革」藤枝生コン・砂川興業

【静岡】「エクステリアの働き方改革」藤枝生コン・砂川興業

静岡県焼津市。最近問合せで、「ドライテック知ってますか?」と尋ねられることが多い。良さそうなのでとにかく自社の駐車場に試しに施工してみようということに。「これからはこれをやった方がいい」「やりっぱなしで終われる!」と絶賛の声。
製造:藤枝生コン(担当:杉本哲也)、施工:砂川興業(担当:増田幸則、35m2、100mm厚、3名、3時間)



施工動画

やりっぱなしで終われる

3FFA60DF-DB42-4748-95F2-0A9FD52E10B0.jpeg

408FCECB-CF92-4E8B-9204-A16868AE6A82.jpeg

今回製造の富士枝生コンではずいぶん前から工場にドライテックの展示がある。

⚫︎参考記事:【静岡】「始まる、杉本哲也伝説」止まらない静岡の透水性コンクリート

493E37EA-E14F-4F48-B492-8955612CE6FA.jpeg

6309A13C-65EA-4543-A39E-C9FD604B1556.jpeg

施工Before。

藤枝生コン地元の取引先でもある施工の砂川興業。

最近、顧客からの問い合わせでドライテックの話をよく耳にするという。

生コンポータルの施工実績を眺めていて良さそうだったので自社の駐車場に試験施工をすることに。


643BAE8D-02A3-4496-A632-FD345376564A.jpeg

98F93C65-010C-4EF1-87EF-6C12F7A714F1.jpeg

59277403-1F4F-4C68-9D2A-A81A50DED805.jpeg

B09AD59D-CB66-449C-A2C1-C3EF2842492F.jpeg

51CEEF63-B8B5-43AD-BB14-B28C581DD346.jpeg

A5B1CECB-1737-45A1-AD18-8F3BDDECB550.jpeg

C25617D1-BB5C-46F4-8471-57C9E8B4EA2D.jpeg

施工After。

35m2を3名であれこれ試しながらも3時間で完了。

「これからはこれをやった方がいい」
「やりっぱなしで終われる!」

普段の土間コンで苦しんでいる様子が滲むコメントだ。

土間コンは3時間では終わらない。

3時間で敷設と均しという作業が終わる。

「やりっぱなしで終われる!」

つまり、ドライテックは敷設と均しをした後転圧したら完了。

一方の土間コンはそこから水引(余剰水、ブリーディング水)待ちと金鏝仕上げそれぞれに3時間ほど時間が取られる。

9時間くらいかかるのだ。

「これからはこれをやった方がいい」

生コンポータルで日頃から訴えていることをそのまま気持ちよくおっしゃっていただけることは発信者としてもものすごく嬉しいものだ。



働き方改革にドライテックを採用しよう

エクステリア業界に勤めている人にとっても働き方は改革したい。

生コンポータルでは、「生コンでいいこと」をモットーに従来の生コンのイメージを覆すようなコンテンツを発信している。

キラーコンテンツドライテックは16年の歴史を数え今では47都道府県すべてのエリアで製造供給体制が整備されている。

もう、どこか特定の特別で手に入れるのが困難、というプロダクトではない。

通常9時間もかかっていた土間コンが3時間で終わっちゃう。

半日余分に時間が取れる。

普通なら前日に掘削、残土、砕石路盤、型枠工、ワイヤーメッシュを1にちがかりで施工するところ、ドライテックなら当日の午前中に行うことができる。

2日かかるあれこれが1日に収まる。

土間コンだと冬の寒い時期は夜中までせっせと仕事をしてなければならないがドライテックならまだ明るいうちに帰宅して自宅でビールを飲んでられる。

エクステリア、土間コンも働き方改革の時代。

ドライテックをはじめとした生コンポータルの生コンでいいことで仕事のあり方を改革しよう。



水道、電気、生コン。

「水の次に流通している材料」生コン。

3200を数える全国の生コン製造者の中でドライテックに協力してくれる工場は全体の20%に達しようとしている。

蛇口をひねれば。

スイッチを押せば。

そんな感じで施工者にとって非常に身近なあまりにも当たり前で意識すらされないようなそんな存在を目指している。

もう、ドライテックを採用することになんの躊躇いもないというか、もう普通に夕方から生コン屋さんにドライテックを頼むみたいな、そんな世界。

それができると確信するのは、今回の砂川興業さんのように現場をよく知る方々の率直なご意見に触れるからだ。

もう、なんと言っても、エクステリア舗装と言ったらドライテックの時代が到来しようとしている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら