長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/05/06

【神奈川】「浸透性アスファルトは数年で目つぶれを起こしたわみ水たまりが発生する」ワイエイ.ケイ・小島商店

【神奈川】「浸透性アスファルトは数年で目つぶれを起こしたわみ水たまりが発生する」ワイエイ.ケイ・小島商店

神奈川県相模原市。砕石のままにしてあり保育園入口の一番近い所を職員の駐車場にしていた。施主がネットでドライテックを調べ採用。土間コンの場合勾配が設定できず、アスファルトにしても何年かすると目潰れをおこしゆがんで水たまりができることまで調べていらした。
製造:小島商店(担当:小嶋修)、施工:ワイエイ.ケイ(74m2、100mm厚、6名、3時間、タイムラプスあり)



とことん調べてドライテック

7ECF73E2-898E-4F65-ACC0-8595F5A73DCC.jpeg

7C745C9C-A21B-4A43-BBC9-FBF6DC68EB35.jpeg

施工Before。

もともと砕石のままの未舗装だった。

透水性コンクリートドライテック講座 #14 未舗装・砂利敷と比較

https://youtu.be/pOTtRFvmtl0

そこは保育園職員専用の駐車場となっていたが、雨の日ともなると水たまりぬかるみで職員の皆さんを悩ませていたという。

施主がインターネットでくまなく情報を集めたあとがわかる。

土間コンクリートで舗装した場合、勾配をつけることが不可能なため、結局水溜まりに悩まされる。

また、仮に浸透性のあるアスファルト(ポーラスアスファルト舗装)を適応したとしても「数年で目つぶれを起こし浸透性(透水性)は失われる」「輪荷重でわだちが発生しそこに水溜まりが発生する」ということも調べ上げていた。

当今の一般人恐るべしと言わざるを得ない。

建設一般でも詳しくは知られていない知識を習得されている。

やはり、「自分ごと」(悩むのは自分。お腹が痛いのは自分)ってのは凄まじい。

水溜まりに困るのは工事をする建設会社でも誰でもない。

住む人、使用する人なのだ。

その意味では、この時代サプライヤーはインターネットに力を入れ情報発信をするのはマストだと思う。

生コンにもいよいよインターネットの時代が到来したのだ。

C2BA614D-0706-4353-A7C6-55A97B280F6C.jpeg

E3194834-932B-4B72-A5A4-52D70C86DEB8.jpeg

AD712A5A-3891-44E8-92A4-71C336403032.jpeg

施工開始。

敷設された材料をレーキ(トンボ)やプラゴテで真っ平らに均し、その後をプレートで追いかけるようにして締め固めれば仕上げ。

土間コンと違って微妙な勾配(2〜3%)をつけなくても水溜まりは発生しない。

A25DEC16-0C80-428C-A1CF-79AFC4825BC4.jpeg

F2E98994-5935-4F51-942E-664AB229509F.jpeg

施工After。

74m2の駐車場は6名でたった3時間で終了。

また、石油製品のアスファルトと違ってコンクリートはガラス陶器の仲間。

透水性コンクリートドライテック講座 #1 コンクリートとアスファルト

https://youtu.be/YzbhFi8ZyuI

変性しない

たわまない

だから、いつまでも水を通すための空隙は保持されるし、たわみで平坦性が失われるような心配もない。

職員思いのお施主さんの夢はこうして叶えられた。



インターネットで生コンの情報発信を本格的に始めて6年目。

もう5年もすればインターネットネイティブ世代が業界のリーダーとして頭角を現してくるだろう。

そうなれば、さらに生コンという価値はネットに後押しされてもっと身近になろう。

一般のお施主さんが今回のようにとことん調べまくる人ばかりというわけじゃない。

どちらかといえばマイナー(イノベータ)に属する。

それでも、イノベーター理論に従えば、ここからアーリーアダプターに接続し、閾値が待っている。

水を通すコンクリートが世界の標準になる。

その時はもうすぐそこまで来ている実感がある。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら