長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/07

【茨城】「勾配の取りずらい場所もあり採用を考えていた」大里ブロック工業・飯塚造園

【茨城】「勾配の取りずらい場所もあり採用を考えていた」大里ブロック工業・飯塚造園

茨城県某所。施主が建設関係の仕事をしており、最初から透水性を使いたいとの事でした。施工者も、勾配の取りずらい場所もあり採用を考えていたと聞いております。施工者感想。「初めてやらせて頂きました。コツを掴めたので、チームワークも良く、要領も掴めたのでまた挑戦したい」との事でした。(木村さん共有)
製造:大里ブロック工業(担当:木村真人)、施工:飯塚造園(詳細不明)



施主「最初から透水性を使いたい」

D7456F85-C64F-46DD-BD1E-876A393A2294.jpeg

00C70EBD-B2A0-4777-8B0E-E13AE5F01CED.jpeg

E84B13AF-881D-44A8-AEA7-D8267F1383E2.jpeg

ドライテック施工上のコツとしてよく採用される方法が「スパン分け」

写真でわかるように、単位施工面積をブロックなどで区切ることで難易度は下がる。

小さければ小さいほど素人でもDIYerにとっても楽勝施工となる。

もともとこちらのお施主さんは建築関係に勤めておられ頭から透水性と決めていたという。

また、現場サイド(飯塚造園)も「勾配の取りずらい場所」ということもあり検討していたそうだ。

これってまさに相思相愛。

いや、製造側も「透水性売りたい」と思っているから、三方よしってやつか。

ドライテック、愛されてるなあ。

そんな愛されキャラドライテックは上記マップを参照に見積もり依頼や相談をかけることができる。

複数の見積もり・プランから絞り込まれたらあとだしじゃんけんワークスの出番だ。

「その見積もり大丈夫?」適否の判断はこの僕あとじゃん先生が無料で請け負う。

その土地、その条件で考えた場合、その土間コンやドライテックを中心とした提示金額が果たして妥当なのかどうか3営業日以内に添削して回答するというものだ。

最近ではLINE受付もしているので消費者は気軽に安心を手にすることができる。

⚫︎参考記事: 「LINE受付を開始するあとじゃん先生の 《無料》 見積もり添削サービス」あとだしじゃんけんワークス

製造・施工・消費ラストワンマイルは「安心」をベースにものづくりに全集中できるってわけだ。

それでは施工完成まで一気に紹介しよう。

056BAE3D-FFE6-4FB1-9D32-4F929192292C.jpeg

DA1186F6-42C3-4B12-8414-19E12C378163.jpeg

施工フローは至って簡単。

単位施工面積が小さく区切ってあることからも、初めて施工とはとても思えないスムーズなフロー。

撒かれた(敷設された)材料はレーキやプラゴテなどで平坦に均されその後をプレートコンパクタが追いかける(締め固め、転圧)。

仕上げはこれだけだ。

4640030A-DB4A-4747-832D-8D6412E7FCD3.jpeg

7223B084-66AD-476C-B7A5-B81148E51077.jpeg

2C39DDCB-D489-4407-8700-3E7DC5AD2482.jpeg

施工After。

見事完成。

とても初めての施工とは思えない最初から見事な仕上がりだ。

こちらの現場を共有してくださった木村真人さんが所属する大里ブロック工業のモットーが生コン車のドラムに大書されている。

「ひとと大地の接点に」

確かに生コンクリート製造業というのは人類と大地(自然)の接点を創っているということができる。

「水の次に流通する材料」生コンは伊達じゃない。

生コン製造業はそれぞれの地域でそれぞれの人々と大地(自然)の接点を生み出している。

そう考えると、誇らしく思う。

と、同時に、現在の地球環境問題に思いを馳せればその役割を強く感じる。

生コン製造業がこれまでの拡大再生産という文脈のままでいいのか。

限られた自然の恵みを消費するあり方。

消す、費やす、あり方。

いつかは終わりがある、あり方。

毎度のことながら話が大きくなってきちゃったけど笑、半分真面目に、僕たち一人一人のマインドさえ変われば、「水の次に流通する材料」生コン産業の根底にある文脈を変化させれば。

ワンチャン地球環境再生もいけるんじゃないかって思ってるのは僕だけだろうか。

(ただ、「ワンチャン」って言葉を使ってみたかっただけだ)



大地を削らない、汚さない、蓋しない、CO2を収容(活用)するコンクリート。

⚫︎参考記事: 「CO2地産地消・循環・調整のハブとして新しい役割を期待される生コン産業」

ひとと大地の接点を作っている僕たち自身の世界の中でのあり方を刷新する。

すると、世界の側から変化する。

自然と人が調和する新しい世界。

そのためにも、僕たちは理想である、「情報共有による製造・施工・消費ラストワンマイルの創発は資源CO2循環ハブ生コンを創造する」が達成される。

今回共有してくれた大里ブロック工業木村さんや、作業された方々、そして頭から「透水性で」と決めていらした施主の方。

そんなラストワンマイルの方々との連携を通して理想を追求していきたい。

一人一人は儚い存在かもしれない。

明日どうなるかだってわからない。

だからこそ、美しい世界を夢見て、そこに向かうべく今日を生き抜く以外に方法はない。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら