長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/15

「施主だからって偉そうにしている消費者が僕は一番嫌いなんだ」あとだしじゃんけんワークス

「施主だからって偉そうにしている消費者が僕は一番嫌いなんだ」あとだしじゃんけんワークス

新築で外構工事をしようとしています。旗ざお地で駐車場3台分を舗装しようと思いますが、土間コンクリートを提案されています。ドライテックだとどうなるでしょうか。土間コンとドライテックの2パターン見積もりをお願いします(あとじゃん先生に寄せられた相談)



ドライテックだとどうなるの?

E52271F6-E288-476A-B50F-553E6E269643.jpeg

新築で外構工事をしようとしています。旗ざお地で駐車場3台分を舗装しようと思いますが、土間コンクリートを提案されています。 ドライテックだとどうなるでしょうか。土間コンとドライテックの2パターン見積もりをお願いします

(原文ママ引用)

1558B863-AEA6-4AD2-81A7-A74F5FF10958.jpeg



まず、誤解してほしくないのは、「見積もり作成サービスじゃない」ってことと、知って欲しいのは「無料」だし、上から目線の問い合わせには断固スルーします、ってこと

無料のサービスあとだしじゃんけんワークスに対してぷんぷん怒ってメールを送ってくるおっちょこちょいがいる。

アホじゃないかと思う。

何を勘違いしてるんだ、と。

こちとら、善意でやってやってるのだ。

「この見積もり正しいの?」

不安になった消費者の駆け込み寺というか、ドライテックやら土間コンやらの見積もりを取って、果たしてこの価格は妥当なのかがわからない一般消費者のために、上記マップのように全国区のネットワークを駆使して、その値頃感を判断して差し上げている。

無料なのに、「3営業日」とコミットまでしてやってる。

そんな善意のサービスにぷんぷん怒ってクレームを入れてくるのだ。

冷静になって考えても見てほしい。

「お前、何様だ?」

である。

見積もりが高いか、安いか、不安なのはわかる。

だが、その不安を怒りに任せてこっちに持ってくるのはお門違いも甚だしい。

で、さらに、今回の見積もりも当初、「土間コンとドライテックの2パターン見積もりをお願いします」と一から見積書をよこせ見たいな問い合わせだった。

そもそも、これも随分なお考え違いであって、あとだしじゃんけんワークスはそんなことを一切うたっていない。

ただただあとじゃん先生が提示されている見積もりに対して「添削」して回答する。

必要とあらばきちんとした施工店を紹介する。

それだけのサービスだ。

無料に対して随分偉そうに連絡してくるじゃあないか。

反省しろ。


というわけで、あまり気が進まないが、ブログのネタにもなるし、今後この手の勘違い野郎からの連絡も減るだろうから、一応以下のように今回の見積書についても回答したいと思う。

まず、①8,500円の土間コンという価格設定は、面積78.7m2で考えたら、高い。

現場をじっくりと見てみないとわからないが(その場合は施工業者が現地に伺う)、通常土間コンしかもこれだけのまとまった面積だと東京エリアなら5,500円〜6,500円/m2で流通しているのを確認している。

この予算あるのなら、ドライテックだって全然施工できるから、なんならドライテックにしたほうが旗竿地ということでもあるので排水上メリットも大きいのではないかと考える。

ただ、高慢ちきな施主だった場合、業者もムカついて「お断り価格」をぶち込んだのかもしれない。

いや、多分、そうだろう。

僕だって、そんな施主に対してあまり貢献してやりたいとは思わない。

そんな失礼なやつは、「ダサくて高い庭づくり」でも買っとけ、というのが僕の本音です。


②ポンプ車回送 or 人力運搬の50,000円 × 2回で100,000円、こちらも多分施主の態度にムカついてぶっ込んだのかもしれない。

通常、この費用は土間コン短歌に含まれものだからだ。

なんとなく、今回については全然施主の味方になる気がしない。

多分、施工側が正しいのだと思う。

なんで、僕がこんなにイラついているかというと、その後に寄せられた当該施主からの以下のような問い合わせがあったからである。

B17E3025-E931-434D-A3D9-A0F0AC515F31.jpeg

ドライテックの見積もりをお願いし、他業者の見積もりを添付したのに、担当となった〜〜〜〜〜〜から施主立ち会いの現地実査でないと見積もり出せないと。早い回答なんて大嘘です

(その後当方も気づいたのだが、当該施主はあとだしじゃんけんワークスの後に、庭コンの業者紹介問い合わせにも二重で問い合わせてきたために、二重の回答に訳のわからない状態に陥っている)


お前、まじ、バカだな、クソガキが。

てめえの間違いをこちらにクレーム入れてきて「大嘘」とか抜かしやがって、マジ許さん。

もう、こいつには一切対応しません。

勝手にその辺の業者にたかられて高いくてダサい庭でも作っといてください。

施主だからって偉そうにしている消費者が僕は一番嫌いなんだ。

ものづくりは常に対等でなくてはいいものなんかできない。

互いを尊重し合わなければ絶対にダメ。

「金を払う方が偉いんだから、わがまま言ってもいいだろう」ってのは本当に日本の腐った風潮だ。

払う方も提供する方も本来は対等で互い尊重しあうからこそいいものが出来上がる。

これが、真理だ。

これだけは言っておくが、マジで、なんか知らんが勘違いして偉そうに問い合わせしてくる全ての人々に塩対応します。

売る気ありません。

草ぼうぼうでぬかるみで苦しんどけ。

生コンポータルが理想とするのは、製造・施工・消費ラストワンマイルが互いにシームレスに尊重し合うものづくり

創発。

この信念は絶対に曲げません。

そこんとこよろしく。



あとじゃん先生(宮本充也)

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら