長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/16

「値段がかなり高くなりおすすめしないと言われました」あとだしじゃんけんワークス

「値段がかなり高くなりおすすめしないと言われました」あとだしじゃんけんワークス

「ドライテックに興味があり新築外構の際提携の造園業者の方に質問したのですが、値段がかなり高くなりおすすめしないと言われました。そう言われた手前ドライテックの見積もりを貰いづらくこちらで概算いくら位になるかを教えていただきたくお問い合わせしました。よろしくお願いします。」(あとじゃん先生に寄せられた相談)



施主の希望に応えるのが基本だろ?

46DDBBF6-81F7-4339-9ECA-01C84AFF2955.jpeg

ドライテックに興味があり新築外構の際提携の造園業者の方に質問したのですが、値段がかなり高くなりおすすめしないと言われました。そう言われた手前ドライテックの見積りを貰いづらくこちらで概算いくら位になるかを教えていただきたくお問い合わせしました。よろしくお願いします。

(あとじゃん先生に寄せられたメール原文ママ引用)

AE3BCA62-C5E3-40BE-B956-3C1C55BD15FC.jpeg

B6900316-2DD6-43A6-8E1F-FFDC9B4D0F76.jpeg


消費者を頼みづらくさせるような施工者は失格だと思うのは僕だけ?

庭づくりなどをこれから考えている消費者は上記マップを参考にしながら直接無料で地元・最寄りの施工者に相談をかけることができる。

プランや見積もりをいくつか入手し絞り込んでいく。

無論、消費者は施工や庭づくりのプロでない。

普段自分の仕事で忙しい。

特に、家を建て庭を検討する世代は働き盛り世代だし、なかなか時間を捻出できない。

限られた時間の中で判断をしていかなければならない。

「果たしてこの見積もり妥当なのだろうか?」

高いか安いかわからない。

ましてや、今回のお施主さんは信頼して相談していた施工者から「値段がかなり高くなりおすすめしない」と言われた。

もう、何を信じていいかわからなくなるのは仕方のないこと。

あとだしじゃんけんワークスはそんな迷える消費者に3営業日以内に添削・回答を返す。


「ちゃんとした見積もりだよ。安心して庭づくりを楽しんで」

「ちょっとその地域でその金額は高すぎますね。〜〜円くらいが概算の相場観です。業者さんを紹介しましょうか?」


そんな感じで回答を付す。

さて、今回も迷える消費者のお悩みにあとじゃん先生(僕)が以下のように応えたいと思う。


①6,200円/m2の土間コンはぱっと見高くないとは思ったが、面積を見ると93.6m2となかなかの規模だ。

あとじゃん先生と言えども単なる人なのであらゆる地域の相場観に関して知悉しているわけではない。

だから、メッセンジャーでご当地の事情に明るい白石建設武南さん(岡山県岡山市・生コン製造業)にお尋ねした。

以下はそのやりとりスクショ。

2D54EE87-C79E-4598-A0B1-05F3D90605DB.jpeg

土間コンの単価が6000円ならうちの方が安いですね!
ドライテック3500円くらいかも


出た、驚愕の価格提示。

3500円/m2?!

すご。

さすがは、白石建設。

そして、その名も知らぬ施工業者に問いたい。

「どこが土間コンよりも高いんじゃい?!」

根拠がまるでないじゃあないか。

ひどい対応だと僕は思うのだけれど、皆さんはどう思うのだろうか。

やれやれ。


さらには、②自然石舗装についても「舗装」なので、一応診断を入れておこう。

自然石舗装材料代自然石舗装材料代104,000円、施工費37,000、下地コンクリート35,520円、合計で、176,520円の面積は7.4m2だから、自然石舗装の単価は23,854/m2

高っ。

これ、ドライテックと一緒にやっちゃえば、ガッツリ安くできるじゃん。



というわけで、「値段がかなり高くなりおすすめしないと言われました」あとじゃん先生に寄せられた相談はこうして回答されることとなる。

「どこが高いの?」

である。

「あなたの土間コンよりも安いんですが」

となった。

インターネットの時代悪意はすぐに明るみにされる。

便利な世の中になった。

ものづくりは製造・施工・消費ラストワンマイルが互いを尊重し合いシームレスに協同することでより良くなっていく。

あとじゃん先生の戦いは続く。



あとじゃん先生(宮本充也)

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら