長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/28

【栃木】「デッキ下を平らに、水たまりできないように、草が生えないように。駐車場も」當和・ジャービス商事

【栃木】「デッキ下を平らに、水たまりできないように、草が生えないように。駐車場も」當和・ジャービス商事

栃木県栃木市。施主がネットを見て是非ドライテックで採用。デッキ下を平らにしたい。水たまりができないように。草が生えないようにしたいなど。今度駐車場もドライテックでとのこと。
製造:當和(担当:曽根弘)、施工:ジャービス商事(担当:チャン ビエトハー、8m2、100mm厚、2名、40分、タイムラプスあり)



施工動画

平らに、水たまりできないように、草が生えないように

6B737DE4-529B-439F-AE42-130E7AEEF563.jpeg

ドライテックのキーバインダー(F材・フッコー)を投入することでドライテックは生コン工場で完成する。

465521A0-D458-45AE-80C5-7507E1AB6EBD.jpeg

今回納品は當和。

地元名うての生コン製造業者。

A00ED332-06BF-44FE-8F7E-079125ED09E4.jpeg

施工Before。

デッキ下を平らに、水たまりできないように、が生えないように。

施主がネットでドライテックを見つけ出し採用を希望された。

お目が高い。

また、施工のジャービス商事はこれまでも頻繁にドライテックを施工してきたリピーター。

こうして消費・施工ラストワンマイルの両輪が重なることで確実に地面の常識は変化していく。

消費者は上記マップを参考にしながら地元最寄りの施工店に直接無料で相談をすることができる。

また、全国対応のエクステリア資材EC小売最大手エクスショップに任せれば面倒もlない。

そうやって集めた見積もりを絞り込む。

「果たしてこの金額は妥当なんだろうか?」

プロではない一般消費者にとってはもっともな疑問に応えるのはあとだしじゃんけんワークスだ。

あとじゃん先生から3営業日以内に値頃感・見積もり条件の適否について添削・回答が付される。

安心を前提にものづくりが始まる。

それでは施工開始だ。

DF0CDB04-6508-4FA0-A736-E390C9895E84.jpeg

14711C09-45AE-4162-BF35-EF71EEECA3CF.jpeg

8435B088-0C20-4764-B18B-F22EBABD2017.jpeg

プラゴテやレーキなどを用いて材料は敷均される。

透水性なので水たまりを懸念する必要もない。

真っ平らに、或いは、真ん中を凹ませたとしても、水たまりは絶対に発生しない。

14802CA4-10F0-4C4B-BE9A-E4E792F469E9.jpeg

530483DE-351E-4417-B004-D6748C712DCE.jpeg

35A2B892-5D45-4DFA-A818-297827B50ED0.jpeg

そうやって平らになった材料をプレートコンパクタで締め固めることで仕上げとなる。

419BB87C-72F6-4887-BFF3-E1F3FA3865F3.jpeg

AA955A32-B3A1-4F6D-A6EB-8EE527A9F8F3.jpeg

施工After。

8m2のデッキ下ドライテックは2名でたった40分で完成。

見るからに水をガンガン吸い込みそうな路面だ。

また、最近では「土間コンよりも格好いい」とその意匠性も評価が高い。

先ほど、消費・施工の両輪と表現したが、製造も含めた三輪が各地に生み出されている。

それは自然にできたことではなくて、このブログもそうだが情報共有をラストワンマイル同士が継続してきたからこそ今のような創発が生み出されている。

「情報共有による製造・施工・消費ラストワンマイルの創発は循環するコンクリートを創造する」

生コンポータルのコーポレート・ステートメントでもある。



こちらのお施主さんはドライテックをお気に入りのようで次回は駐車場も注文予定だそうだ。

ジャービス商事ではこれまでも頻繁に施工をしてきた経験施工店。

だが、このところ高まるドライテック人気に臨んで近く全社規模の施工研修を予定している。

16年前、まだまだローンチ仕立ての当時にはほとんどの施工・製造・消費ラストワンマイルに黙殺されていた透水性コンクリート。

時空を経て今では少しずつ「当たり前の材料」としての地位を確立し始めている。

そのように振り返ると非力な個人や中小企業だとしても信念を持ち続けることは大切だと思う。

一滴一滴の雫でも長年継続していれば岩盤に穴を穿つ。

そういうことなのだと思う。

そのためには鋭敏に、的を絞って、事業に打ち込む必要があるのだと思う。

大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリート。

このテーマに全集中で引き続き情報共有を継続していきたい。

しばらくたつと世界の景色が大きく変わっていることだろう。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら