長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/05

【静岡】「施工途中にお施主さんが瓦チップを買いに行き仕上げ前に花びらを散らせた」齊藤興業

【静岡】「施工途中にお施主さんが瓦チップを買いに行き仕上げ前に花びらを散らせた」齊藤興業

静岡県沼津市。施主が生コンポータルを読んでいて自宅駐車場にドライテック採用。瓦チップは途中で買いに行き、仕上げ前に3袋弱撒いてプレートコンパクタで転圧。
製造:長岡生コンクリート(担当:絵里子)、施工:齋藤興業(54m2/6.75m3、100mm厚、5名、3時間半)



瓦チップを撒いておしゃれなドライテックに

CBFBA118-CBBA-41B6-B0CB-1DC275BC4542.jpeg

0EBF75FF-DEA9-4FFC-8980-F5505A2ADEE7.jpeg

施工Before。

もともと生コンポータルを読んでいた施主はドライテックを知っていた。

外構計画について施工・齋藤興業に「駐車場はドライテックで」と採用。

しかも沼津市といえば生コンポータルが在籍する長岡生コンクリートの生コン供給エリア。

普段から生コンを運んでいる場所に暮らす方から指名されることに誇りを感じる。

F3C52A65-8E3A-4C48-A228-33333E10081B.jpeg

2B97F165-ECEF-4F4C-B3F4-096A452BA812.jpeg

8A3F72DB-CC28-4BB5-B316-61801EDD3EF4.jpeg

5C4993A7-8B88-485F-B610-6A993BA1F2F5.jpeg

ここでなんと瓦チップ登場。

さすがは生コンポータルをお読みになられているお施主さんだ。

ドライテックの施工中(仕上げ前)に瓦チップなど色のついた砂利を表面に撒くデザインをご存知だった。

無機質な材料であるため永遠に花びらが舞い散っているかのようなテクスチャを表現できる。

8666B18C-99BE-42DE-8628-A9CFC9A83B25.jpeg

3B96AFA8-F360-4878-AEE0-18131F5FF629.jpeg

89056C1F-E112-4011-8CAF-8DB20131868F.jpeg

0526DE4B-B6AF-41BC-B14C-5CBB0DA5E6F9.jpeg

40A1D713-7712-42D3-80A3-3B8B99B7EDE5.jpeg

5C97B274-F73B-4C02-A301-53DCF34A1FB9.jpeg

FA485F0B-71C0-4F6F-9699-45B6741761F2.jpeg

F86DA7CD-DF9B-417D-95A4-8C4FEE26049A.jpeg

施工After。

美しい。

54m2(6.75m3)のドライテック駐車場は5名で3時間半で終了。

途中、瓦チップを買いに行く待ち時間があったけれども笑。

それにしても、お施主さん参加型でお庭を工事するなんてとても素敵なことだと思う。

ものだけでなく、体験も納品する、販売する。

愛着の生まれる駐車場には永遠に花びらが散っている。



そんな地元の生コン屋さん、工事屋さんとの素敵な経験は日本中どこでも

今回のお施主さんはもともと生コンポータルをお読みになられていた。

ただ、偶然ドライテックに興味を持った消費者はどのようにこんな素敵な体験ができるか?

上記マップを参考に地元の施工店を探してみよう。

または、全国対応エクスショップ(EC小売)に相談するのも便利だ。

今時相見積もりなんて当たり前なのでいくつか入手した見積もり・プランを絞り込む。

そしたら、あとだしじゃんけんワークスの出番だ。

「この見積もり、果たして妥当なのだろうか?」

あとじゃん先生(僕)は3営業日以内に無料でその見積もりの適否を診断・回答する。

安心を前提に、素敵なものづくりを注文することができる。

中にはとんでもない悪辣な工事店も存在するから注意が必要だ。

⚫︎参考記事: 「200万円以上もぼったくる悪徳業者がのさばるエクステリア産業なんか一度焼き払ってしまえ」あとだしじゃんけんワークス



インターネットと企業間連携(製造・施工・消費ラストワンマイルの創発)によってどんどん情報格差が打破されている。

以前にはお互いに地元に住んでいたとしても繋がることのなかったラストワンマイルが自由に繋がることができる。

そして、今回のような、素敵なドライテックが街並みを彩る。

大組織や巨大産業に身を寄せていると自分自身の貢献が埋もれてしまっているような気になる。

壁と階層があるから自分は一体どんな貢献をしているのか見えない。

新しい時代のシームレスな流通構造(エクステリア、建設)ではそんな自分自身の貢献が手にとるようにわかる。

まさか、ブログ(生コンポータル)を建設に縁のない一般の方がご覧になっているのだから。

そして、実際に相談を寄せてくださって、それが形になるのだから。

いい時代に仕事をしていると毎日感謝している。

今の時代、思ったこと、考えていることは、本当に形になりやすい。

引き続きコーポレート・ステートメントを追求していきたい。

情報共有による製造・施工・消費ラストワンマイルの創発は循環するコンクリートを創造する。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら