長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/12

「真砂土整地の仕様を土間コンかドライテックかにとらわれないで」あとだしじゃんけんワークス

「真砂土整地の仕様を土間コンかドライテックかにとらわれないで」あとだしじゃんけんワークス

施工業者からは一旦土間コンクリートでの見積をもらいましたが、現時点でも予算オーバー気味なので、これ以上高額となると厳しいかなと思っています。後悔のない家作りのため、客観的なご意見を頂戴できれば幸いです。よろしくお願いいたします。(あとだしじゃんけんワークスに寄せられた相談)



後悔のない家(庭)作りのため

420E4B68-2602-4635-AF69-1D05787CD8F5.jpeg

めて問い合わせさせていただきます。
現在住宅を建替中で、外構工事の見積が適正かを確認させていただきたく、ご連絡いたしました。
土間コンクリートよりもできればドライテックを採用したいと思っているのですが、価格がかなり上がると言われております。
施工業者からは一旦土間コンクリートでの見積をもらいましたが、現時点でも予算オーバー気味なので、これ以上高額となると厳しいかなと思っています。
後悔のない家作りのため、客観的なご意見を頂戴できれば幸いです。よろしくお願いいたします。
(ファイルが複数ありますので、ファイルごとに送信させていただきます。)

(あとだしじゃんけんワークスに寄せられた相談原文ママ引用)

4AD259F5-C051-4B94-B2E6-129974427719.jpeg

31744A8B-1FAF-4204-A7FE-2556CCE37C91.jpeg



土間コンかドライテックの二者択一にとらわれないで!

家(庭)作りを考えている一般消費者は、庭ファンなどエクステリア情報媒体や上記マップを参考にプランや見積もりを手にすることができる。

また、全国対応のエクステリアECエクスショップは便利だ。

手を尽くして見積もりを集め絞り込んだらあとだしじゃんけんワークスの出番となる。

限られた時間・予算・情報で決して安くはない意思決定を行う。

なかなかストレスフルな作業だが、そんな時に客観的な意見をあとじゃん先生(僕)が3営業日以内に下す。

多くの消費者から「安心した」「吹っ切れた」と喜びの声が届いている。

今回もそんな不安に駆られる一般の方から相談があった。

それでは以下に客観的な意見としてのあとじゃん先生の解説を述べていきたい。


まず、①本体仕様変更減額工事とあるが、元々の工事の金額がわからないため、大元の見積もりをご提示いただけるとよりわかりやすい判断ができるだろう。

もともとが高かったのか、安かったのか、これではわからないからだ。

さて、②7,000円/m2の土間コンクリートの見積もりだが、兵庫県という土地柄と、③t=120(厚みが12cm)という仕様から考えて妥当と判断する。

むしろ、面積から考えたら良心的と思う。

ただ、一点③t=120についてはなぜアプローチのような歩行しか想定していない場所にそんなに厚くコンクリートを打設するのだろう、という疑問は残る。

この点についてはt=100以下にすれば多少は減額可能かもしれないから相談してみてはいかがだろう。

例えば、t=80とか。

まあ、でも、そうしたとしてもそれほど大きなディスカウントは望めないだろうけれど。

それよりも何よりも図面を見ていて思ったのは④真砂土整地の仕様を土間コンかドライテックへの変更を検討しているという部分。

そもそもが真砂土整地で計画されているということは歩行のみを想定しているはずだ。

つまり、車両の乗り入れがない。


あるではないか。

昨日も来週も絶好調で販売が始まっている新しい舗装材が。

そう、オワコンだ。

52D77F0D-BE35-4B65-A76B-7BCD3DE32DB9.jpeg

⚫︎参考記事: 【静岡】《オワコン》「防草シート(マット・土)やコンクリしか選べなかった分野に実装が始まった」長岡生コンクリート・コーア建設


こちらなら厚みを50mmに設定できるから、掘削も少なくて済む。

DIY可能なほど施工が簡単だから、1名とか2名でもいける。

さらに、材料は地域によってもばらつきがあるけれど、およそ30,000円程度で流通を想定している。

だから、30,000円×0.05(50mm厚)=1,500円/m2という材料原価が組めるから土間やドライテックに比べて格段に安く計算が組める。

あとじゃん先生一押しのプロダクトだ。

まあ、押し売りしないけど、検討には値すると思うよ。



毎日毎日悩める一般消費者の方からのお便りをいただく。

いちいちを見ると、そこには人生がある。

限られた時間、予算、情報。

不安だらけ。

誰を信じていいかわからない。

疑心暗鬼に陥るのは無理もない。

ただ、僕はこれだけは言える。

僕はあなたの営業マンではないので正直土間にしようとドライテックにしようとあるいは他の舗装材にしようと感知しない。

売り込む気もさらさらない。

完全に第三者。

だけど、プロ。

生コン21年目で、家づくり世代からすれば年上世代だ。

経験もある。

良かれと思ってこちらのあとだしじゃんけんワークスを無料で展開している。

その僕がいう意見をどのように受け止めるかはあなた次第。

素敵な庭づくり、そして、その後の素敵な庭ライフができるといいですね。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら