長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/14

「住宅会社と外構業者を変えることはできません」あとだしじゃんけんワークス

「住宅会社と外構業者を変えることはできません」あとだしじゃんけんワークス

①施工、施工後で波打つようなボコボコになるのでしょうか?(細かな部分だと思います)
②特に鳥の糞が付いた時など、ドライテック自体は、変色はしないでしょうか?
③勾配が無くても良いとのことですが、道路面と勾配を無くすと庭側に段差が出来てしまうので、勾配を付けながらの細かな施工は可能でしょうか?1.5%~2%
④道路と面している方は段差無く施工は可能でしょうか?(極力無くす感じです)
⑤施工実績が無い業者にまかせて失敗させない(未然に防ぐ)方法がありましたら教えて頂けますと助かります。
(あとだしじゃんけんワークスに寄せられた相談)



でも、やってみたいのです!!

5FE6B35A-988F-474A-9651-A77714879B89.jpeg

ドライテックのことで質問させてください。
今、家を建設中なのですが、外構工事の打ち合わせをしております。
YouTubeの庭ファン様の動画を見ていた時にドライテックと言うものを知り、興味を持ちました。

住宅会社には、契約当初から外構工事は「ドライテックを」と熱望して伝えているのですが、
提携先の外構業者が施工実績が無く、その下の協力業者などに色々とドライテックについてメリットデメリットを聞いて回っていたそうです。外構業者としては、実績も無く、住宅会社の担当者と話している感じでは
お勧めできない=やりたくない=断って欲しい・・・と言う雰囲気です。

再三、見積もりをお願いするも中々出てきませんでした
ただ、私としては導入してみたいと言う思いで何度もお願いして、数カ月が建ち、昨日ようやく見積もりを貰うことが出来ました。

住宅会社の担当者も一度はドライテックを見たことはあるそうですが、
外構業者と住宅会社の担当者の言い分としては、提携先の外構業者の施工実績が無いため、
その下の協力会社に一部を手伝ってもらうようになる、また、ドライテックは


転圧機械による施工の為、表面が波打つ可能性がある
施工後骨材が剥がれる事例あり
ホコリ、土が目にたまりやすい

住宅会社の担当者は、施工したばかりの当初は綺麗に仕上がっても、
地盤の関係もあり、駐車場は車の重みでドライテックがタイヤの部分が波打ってくる可能性がある
※イメージは、幹線道路でトラックやダンプが多く走る所の道路にタイヤの跡が波打つように
アスファルトが凹んでくるイメージを言われているのだと思います。 
施工金額も上がるし、1年後にドライテックがガタガタ波打ってくると見栄えも良くないですよ・・・
不安を煽られます。
(住宅会社は、私が細かいところを気にする性格なので、良い意味で、施工の心配をしてくれているのだと解釈しております)

住宅会社と外構業者の提携先を変えることはできませんので、
追加の見積もり金額については仕方ない部分もあるのかもしれませんが、
予算をとっくにオーバーしており外構含めて金額が上がるのは、正直辛い部分があります。

妻からも、ドライテックをあれだけ住宅会社が拒否しているんだから、
実績のない施工をやらせて、失敗して「ほれ見たことか」などと言われたら辛いし、
デコボコ、見た目も悪くなるのであれば、金額も上がってまで、無理にやる必要はないんじゃないの?
と、反対されてしまい、行き詰ってしまいました。
外構業者としても、慣れない手順を覚えたり、下請け発注など余計な費用が発生するのが嫌だと思うので
それを考えると、私も大変心苦しく思っております。でも、やってみたいのです!!

実際の所、ドライテックの施工・性能はどのような物なのでしょうか?
①施工、施工後で波打つようなボコボコになるのでしょうか?(細かな部分だと思います)
②特に鳥の糞が付いた時など、ドライテック自体は、変色はしないでしょうか?
③勾配が無くても良いとのことですが、
 道路面と勾配を無くすと庭側に段差が出来てしまうので、
 勾配を付けながらの細かな施工は可能でしょうか?1.5%~2%
④道路と面している方は段差無く施工は可能でしょうか?(極力無くす感じです)
⑤施工実績が無い業者にまかせて失敗させない(未然に防ぐ)
 方法
がありましたら教えて頂けますと助かります。

建設予定地は、岡山県〜〜市と言うところで、地盤が弱い所が多くエリアは低地の氾濫平野になります。
地盤調査書はまだ受け取っていないので、建設予定地の状態の詳細までは分かりません。
また、本来見積書は、積算された細かな部分を要求するべきだと思うのですが、
住宅会社の突っ込みどころは沢山ありますが、
コミコミ価格で詳細を出さないスタンスなので、ご了承ください。
分かる範囲での情報になります。

ドライテックの性能について専門的なアドバイスを頂けると幸いです。お手数おかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

(メール原文ママ)

4FBFB7CE-7CAF-4AB9-89AF-7FE548D19CBC.jpeg



家・庭作りのストレスは相当のものです

現代では一般に上記マップなどを利用して消費者は直接無料で外構業者に見積もりやプランの相談を持ちかけることができる。

また、全国対応のエクステリアネット小売は煩雑で面倒な交渉をカットできるので便利だ。

庭ファンなど最近ではYouTubeやSNSなどで多くの情報を収集することができるようになってとはいえ、限られた時間、予算、情報で一生に一度の庭づくりはとってもストレスフル。

「果たしてこの見積もり・プランは妥当なのだろうか?」

当コンテンツあとだしじゃんけんワークスではそんな悩みを解消すべく、無料で見積もりの診断・添削を3営業日以内に回答している。

安心してものづくりをスタートできるというわけ。


さて、今回寄せられた長文の相談を読んでいて、なんだか胸が切なくなってしまった。

きついだろうなあ。

苦しいだろう。

こちらのお施主さんはとても細かいところまでお心配りをされる方のようで、文面からもその苦しみやストレスがびしびしと伝わってきた。

なんでそこまでドライテックに関して塩対応されているのかその点についてはこちらとしてもイラッとしてしまわないではないが、まずはこちらの相談者の質問に答えていきたい。


施工、施工後で波打つようなボコボコになるのでしょうか?(細かな部分だと思います)
>施工でボコボコ(プレートマーク)になることはありますので、施工中にその点は注意していただく(ベニアを噛ませて施工するなど対策はあります)ようにしています。また、施工後で波打つ(ボコボコ)になるということは「絶対に」ありません。理由は後述します。

②特に鳥の糞が付いた時など、ドライテック自体は、変色はしないでしょうか?
>こちらはおっしゃられている懸念がイマイチ理解できておりませんが、仮にコンクリートが鳥の糞で変色するのであれば、ドライテックもコンクリートですので、同様に変色します。逆もまた然りです。ただし、表面に滞水しない分、ドライテックは汚れにくい、ということができます。

③勾配が無くても良いとのことですが、道路面と勾配を無くすと庭側に段差が出来てしまうので、勾配を付けながらの細かな施工は可能でしょうか?1.5%~2%
>可能です。

④道路と面している方は段差無く施工は可能でしょうか?(極力無くす感じです)
>可能です。勾配設定は自在です。

施工実績が無い業者にまかせて失敗させない(未然に防ぐ)方法がありましたら教えて頂けますと助かります。
>現場相談員(無料)という制度をご活用いただいております。ドライテックはそもそもDIYでも施工できるほど本来は施工者にとって簡単なものであるため、ご相談されている会社さんの対応は「食わず嫌い」です。ただ、そこまでやりたがっておられない施工者に施工をさせることはあまりお勧めできません。仮に現場相談員が現地に伺っても素直にお話を聞いていただけるかこちらも不安です。



なぜ、ドライテックは施工後凸凹しないのか?

そちらの業者が主張されている「ドライテックはタイヤの部分が凸凹になる」というのは到底専門家とはいえない言い分であって事実とはまるで異なります。

アスファルトは石油由来のプラスチック製品。

だから、ビニル袋やプラスチックストローをイメージすればわかるように、凹むし溶ける。

一方のコンクリートはガラスや陶磁器と同様の物性であるため、一般的な環境下では凹んだり溶けたりはしない。

数万年前の陶磁器が発掘されたり残ってたりするでしょ?

悪いこと言わないから、そんな業者に大切な庭づくりを発注しないほうがいいと思うのだけれど、「住宅会社と外構業者を変えることはできません」って一体どういうことなんだろう。

住宅会社までならまだしも、外構業者を変えることはできません、ってそんな制約・縛りって有効なのだろうか。

そんな不条理にこちらのお施主さんがそこまで悩む必要があるのだろうか。

https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/11110240791/

あった、あるではないか。

そりゃ、そうだ。

建築協定とか一人協定とかある土地の変更に制約を持たせる法規制は学んだことはあるが、「業者指定」なんて、そんな独占禁止法がある我が国であり得るわけがない。

お施主さん。

安心して、とっとと業者を変えちゃってください。

そんな不安を煽るばかりの業者はきっとその他のエクステリア資材も盛りに盛っている可能性が大。

そんなとこより、真面目にコツコツと施工をしている優良施工者をご紹介しますよ。

そんな不条理に我慢することはありません。

安心して一生に一度の庭づくりを楽しんでもらえると僕たちも嬉しいです。



あとじゃん先生(宮本充也)

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら