長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/22

【静岡】「緑陰とドライテックのテクスチャのコントラストがなんとも美しい」ワイエイ.ケイ

【静岡】「緑陰とドライテックのテクスチャのコントラストがなんとも美しい」ワイエイ.ケイ

静岡県沼津市。ガレージから前庭、アプローチ、駐車場を兼ねた玄関前が水勾配がなく、道路境界にも側溝・排水設備が設置されていないのでドライテック施工にきまった。ワイエイケイの提案による。
製造:長岡生コンクリート(担当:Masatsugu)、施工:ワイエイ.ケイ(51m2、100mm厚、5名)



水勾配、排水設備がない

4CFBF7CC-2C75-473A-B41A-6BA233710BAF.jpeg

4C6E634A-2923-43C8-8BA7-C84C98ED0372.jpeg

施工Before。

ガレージから玄関前、前庭、アプローチ、駐車場を兼ねた空間。

勾配を設定できない。

また、前面道路境界部分にも排水設備が見当たらない。

いつもの理由、「水勾配」「排水設備」ドライテックの出番だ。

今回施工のワイエイ.ケイはずいぶん前からドライテックのことをご存知。

だから通常の仕入れ先生コン工場(長岡生コンクリート)に普通に生コンと同じように注文。

一方、「ドライテックってなんじゃ?」な施工者や消費者らは上記マップなどを活用し仕入れ先を探す。

「どうしても見つからない!」

「普段取引している生コン屋さんから仕入れたい」

そんな時は生コンポータルの問い合わせフォームから相談を寄せればこちらで無料で探すお手伝いもしている。

あなたが消費者ならエクスショップのように材料・工事込みで全国対応しているネット小売も便利だろう。

それでは、施工開始だ。

8F866580-F9F2-4444-A388-C984273939CF.jpeg

2D170CCE-2E21-4C8E-9924-6D0B79B18698.jpeg

957EB437-EFB5-4E33-BDC3-B24B7F03D7C3.jpeg

それにしても、さすがはワイエイ.ケイと言わざるを得ない。

まじ、お上手。

まっ平ら。

ムラがない。

長年生コンポータルやフッコーの案件に寄り添ってきた同社の腕は本物である。

静岡東部地域で操業する彼らだが近隣エリアにも喜んで出張ってくれるであろうから相談してみるといい。

DD56254B-150D-414C-9393-42CCA43E174D.jpeg

0A2E10A7-45A7-48D1-8CE1-C2197180D59C.jpeg

311FC594-04A2-473C-B03B-B49081D25BAD.jpeg

17D39731-39F8-44C4-AD41-3B8573822171.jpeg

施工After。

巨木が落とす緑陰とドライテックのテクスチャのコントラストがなんとも美しい。

51m2の排水・水勾配なしの真っ平らな舗装はたった5名で半日もかからず完成してしまった。

もう、これ、テッパンだよね。

前面道路は無惨にも水たまりできてるし。

いい絵である笑。



コンクリートは常に悪者とされてきた

コンクリートの将来はこうあるべきだ! | ついに実現!鹿島建設の坂田氏との熱烈対談

https://youtu.be/xzraVxUJ2Xc

こちらの対談で野口貴文教授は「コンクリートは何やってんだ?」「山河を削り、CO2を排出するばかりじゃないかっ」「ダムも橋も木材で作るべきだ」とコンクリート代表として他の業界からなじられてきた悲痛な思いを滲ませている。

必見である。

そんなコンクリートが今新しい時代に新しい役割を生み出そうとしている。

木材のように二酸化炭素を固定化し循環するコンクリート。

ただ、埋めるだけじゃない。

固定化してなきものにするのではなく、循環するコンクリート。

現在アカデミアとラストワンマイルはタッグを組んで新しいコンクリート産業を創造しようとしている。

ただ大地を削り、汚し、蓋するだけのコンクリートじゃない。

大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリート。

ラストワンマイル、僕たち製造・施工の仕事はそれを実装すること。

アカデミアの仕事は設計・理論としての裏付けを創ること。

両輪が回ってこそ本来の社会実装は実現する。

変化はすでに現在に起きている。

製造・施工・消費ラストワンマイルの創発を促すのは日々の弛まぬ情報共有。

いちいちの現場を埋もれさせることなく全体に共有する。

コンクリートがこれからの地球環境問題の救世主として再認識される未来はすぐそこまでやってきている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら