長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/11/24

【岩手】「勾配は心配なかったのですが施主はアスファルトよりコンクリートを選ばれました」遠野レミコン・杜陵工業

【岩手】「勾配は心配なかったのですが施主はアスファルトよりコンクリートを選ばれました」遠野レミコン・杜陵工業

岩手県矢巾町。この現場も庭やブロックを撤去して駐車場として使用、アスファルトではなくドライテック。24条工事も一緒にやり間口を広げた。入口はカラー舗装の使用で今はバッチリ!(数年後は明るさが落ちます)勾配は心配なかったのですが施主はアスファルトよりコンクリートを選ばれました。
製造:遠野レミコン(担当:加藤治)、施工:杜陵工業(担当:瓜谷伸司、25m2/3m3、100mm厚、5名、2時間)



アスファルトよりコンクリート

09D3BD01-629B-4CDA-80AB-00DDFB4E8E83.jpeg

施工Before。

もともと庭であった場所を駐車場として利用する。

24条工事を同時に行い間口を広げた。


「24条工事」とは、道路管理者以外の者が道路管理者の承認を得て行う道路に関する工事又は維持のことをいいます。一般的に「道路の乗り入れ申請」というのは24条工事のことをいいます。(24条工事


7D5D03E5-0855-4FBF-BBB4-725F77D9E22B.jpeg

製造はやっぱり遠野レミコン。

杜陵工業さんとのタッグでこのところ急速にポーラスコンクリートの普及を伸ばしている。

4C3E3FA0-A2BD-4DA1-ADC4-60ACFA525033.jpeg

B0F73A22-9582-4A40-B3DC-C991FC1DB858.jpeg

A27CDC88-F876-4681-824A-BB5DB58B8090.jpeg

2D85FABD-267B-47E6-A4E8-82DF13DC0CC2.jpeg

57EC7B67-EE04-4B18-A6F2-42EC9851E3C2.jpeg

施工After。

見事な安定感。

25m2の駐車場はあっという間に完成。

以下は、レポートをお寄せいただいたご担当者の方からの共有。


PS.盛岡の日中の気温や朝も冷え込む日があり施工も後一軒やったら今年のドライテックは終了 後は来年の春までお休みします。


そうか。

雪国はもう降雪が始まるのか。

今年は大変お世話になりました。

どうぞ来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。

もう、そんな言葉がついて出る季節となった。



なぜ、今、アスファルトではなくコンクリートなのか?

ところで、ドライテックやオワコンなど生コンポータルのプロダクトはどうやって手に入れるか?

エクステリア系メディア庭ファンなどでも取り上げられているドライテック。

多くの人々は上記マップを活用するなどして直接最寄りの施工業者に相談をかけている。

或いは、全国対応のエクスショップなら煩雑な手配もなく便利だ。

もしも業者が見つからないなんて時には生コンポータルのメールフォームを通じて相談してもらっても構わない。

見積もり・プランが絞り込まれてきたら、あとだしじゃんけんワークスの出番。

限られた時間、予算、情報をもとに一世一代の意思決定をしなければならないプレッシャーは相当なものだ。

生コン21年のキャリアを持つプロあとじゃん先生(僕)が3営業日以内で見積もりを診断してくれるので消費者は安心感を持ってものづくりを始めることができる。


さて、そんなコンクリートだが、「なぜ、アスファルトではないのか?」はこのところ急速に注目を集めるようになっている。

ざっくり解説している動画にもあるように、アスファルトは石油製品。

スタバのプラスチックストローやコンビニのレジ袋有料化が示すように、現代は脱プラスチックの時代。

さらには、脱炭素の時代。

もう、アスファルトそのものがオワコン化する中、オワコンの登場も相まって、もう訳のわからない状況になっている。

⚫︎参考記事:「施工は簡単【撒いて踏むだけ】で家周りの雑草・水たまり・ぬかるみから解放されない?」オワコン

次の記事あたりで紹介予定だが、一方のコンクリートは今後脱プラスチック、脱炭素の騎手として注目を集めることになる。

2030年CNを占うのはコンクリート分野におけるイノベーションにかかっている。

なので、ちみたち、アスファルトではなく、コンクリートなのだよ。

わかりましたか?

というわけで、1本目のブログ、ちょっと遅め(12時27分)に完了。

ばいちゃ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら