長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2018/06/14

「インターロッキングの弱点|透水性コンクリート」不陸・雑草・水はけ・DIY

「インターロッキングの弱点|透水性コンクリート」不陸・雑草・水はけ・DIY

「インターロッキングの下地として、ドライテックを使用した事がある方みえますか?インターロッキングの下の砂が流れ落ちたり、砂が詰まって透水性が悪くなったりしませんか?」
「砂を使う時は 透水シートを敷いて砂でインターを設置しております他 シートを敷かない時ジャミの様な細かい砂利で設置しております」


そもそもインターロッキングとは?

道路やパブリックスペースなどの舗装に使われるブロックの一種。加重がかかった際に目地を介してブロック同士が噛み合い(インターロックし)加重が分散される構造となっている。このブロックを使った舗装は、雨水が地面にしみ込みやすく、都市型水害や地盤沈下を緩和する効果をもつ。インターロッキングブロック舗装技術協会では「エコロジカルな舗装材料」と謳っている。一方で、積雪寒冷地においてはロードヒーティングの敷設面で使用すると、ブロック内の空気が路盤からの熱を遮断するため、アスファルトやコンクリート仕上げの路面に比べて、融雪が進みにくいという側面もある。また目地から雑草が生えやすく、メンテナンスが必要となる。

なお、インターロッキングブロックの形状は長方形、正方形、六角形、八角形など多種多様である[1]。

ウィキペディアから引用

とある。インターロッキングブロックを並べた床で、家の庭のみにとどまらず大型施設の遊歩道や車道、商店街や街路など様々なところに採用されていて、「みたことない!」という人は非常に少ないんじゃないだろうか。

インターロッキングの弱点

E416A892-1579-41FE-8E50-D1D91E10AB34.jpeg

とはいえ、インターロッキングにも弱点はあって、頻繁に荷重のかかる場所は不陸(ふりく)といって凹んでしまうことで水たまりとなる。


DA828A47-739E-4ED4-8BAF-88074C89022E.jpeg

最初のうちは綺麗でも時が経てば目地から雑草が生えてくる。


写真にもあるように「おしゃれ舗装」といえば、

インターロッキングブロック

一時期は一世を風靡し今もおしゃれ舗装の定番の地位をほしいままにしている。

コンクリート業界に身を置いているとよく耳にする。

材工で請ける。高いものだと1万円/m2以上もする。

安くても5,000円くらいだろうか。

そんなインターロッキングブロックにも弱点があることはよく知られている。

お役所で色々お話を伺うと、

「目地から草が生えてくるんだよね」

とか、

「ツリーサークルの周りとか根っこで浮いてくる」

とか。

「ふりく」

といってブロック同士が凸凹しちゃう現象が指摘されている。

でもこれは舗装構造上しかたないこと。

荷重がかかれば路盤は沈むのでブロックも路盤の変形に追従してしまう。


C8AE3C87-492A-42CD-B142-7D9B55A49A54.jpeg

※よく車が出入りするところは「ふりく」が起きやすい

インターロッキングはDIYで施工することは簡単ではない

インターロッキングはしっかりした下地を作り、精度の高い加工をし、かつ水平に施工しなければならない。

プロが施工しても通行量が多かったり繰り返し駐車する場所などは不陸が起こりやすいのが現実だ。

苦労してDIYしたところがだんだんガタガタになってしまうのは悲しい。

⚫︎参考記事: DIY土間コン(透水性コンクリート)施工実績過去記事まとめ


透水性コンクリートのDIY施工マニュアル

ライバルだけど支えることもある透水性コンクリート

7B112B41-6409-4DCE-B04A-2B60530408D6.jpeg

⚫︎参考記事: 「大手の現場けっこうやってます!」透水性コンクリート採用事例まとめ

市場でよく競合する「インターロッキング」と「透水性コンクリート」

それぞれ「舗装」という意味ではライバルになるのだけれど、

インターロッキングの弱点である「ふりく」の解消のために、

下地材として透水性コンクリートが利用されることが多いのだ。

45898F97-D822-4FB2-860B-93B781CB9955.jpeg

※ふりくを避けるために下地にコンクリート舗装が施工された断面構成図(引用:https://www.1128.co.jp/contents/index_2.html


インターロッキングも「透水」を売りにした製品が多い。

もしその下地が「透水じゃない」コンクリート舗装だった場合、

ふりくは避けることができたとしても下地が水を通さないと、

雨の日に水がオーバーフローしちゃう。

そんなデメリットがこれまで問題となってきた。

もう、お分かりのようにその下地を、

「透水性コンクリート」

に置き換えるだけでふりくも水たまり(みずはけ)も全て解消されるというソリューションだ。


【PR】
⚫︎どんな大雨が降っても水たまりにならない
⚫︎もう草むしりから解放されよう
⚫︎バスケットコートのような不陸も勾配もない真っ平らな舗装

目地砂という問題

「インターロッキングの下地として、ドライテックを使用した事がある方みえますか?インターロッキングの下の砂が流れ落ちたり、砂が詰まって透水性が悪くなったりしませんか?」


冒頭のやりとりは、GNNの有志で作られているメッセンジャーグループでのQ&A。

目地砂

といってインターロッキングを施工する際に必ず利用されるその砂が、

下地の透水性能を脅かすのではないか?

と疑問に思ったレミックマルハチ(岐阜)の森さんからの質問。


「砂を使う時は 透水シートを敷いて砂でインターを設置しております他 シートを敷かない時ジャミの様な細かい砂利で設置しております」


これもGNNの強み。

すでに経験のあるほかの人からすぐに解決策が示される。


どんな舗装でも適材適所。

インターがいい時もあれば透水性コンクリートがいい場合もある。

どれも適材適所で使われるべき。

それぞれにそれぞれの価値がある。

輝けるステージで輝けばいい。

 

駐車場DIYなら透水性コンクリート

透水性コンクリートはDIYで施工したよ!という実績が多い。普段はまったく建設関係に携わっていない人も、初めて透水性コンクリートを触る華奢な女性も、DIYで見事に立派な透水性コンクリートの駐車場を作り上げている。インターロッキングや土間コンクリートよりも施工技術も必要ないし、施工後のメンテナンスもほとんど必要ない。

土間コンクリートがDIYに向かないワケを専門家が解説しているページもぜひ読んでほしい。

https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/diydiy.html

 

一般の建築主が駐車場に何を採用しよう?透水性コンクリートはどうやったら購入できる?と疑問に思ったらぜひ「施主と施工業者を無料でつなぐ庭コン」に問い合わせてみると行き詰りから解放されるはず。自宅の近くの施工業者を探せるサービスだ。そこまでもいかない、透水性コンクリートってどういうものなの?という問い合わせも大歓迎。

→庭コン https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/

 


ものづくりの先端は「企業間連携」にあると感じることが多い。

誰かの困ったはほかの誰かが解決策を持っている場合があるのだ。

お互いに隠したり避難したりするんじゃなくて、

お互いにお互いのためを思って紡がれるものづくり。


生コンでいいこと。


透水性コンクリートはいろんな場面で活躍するようになっている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら