長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/29

【島根】「ドライテックの施工には一体何人が妥当なのか?」中部共同生コン・YIC

【島根】「ドライテックの施工には一体何人が妥当なのか?」中部共同生コン・YIC

鳥取県東伯郡。エクスショップの施工店でもあり、最近ドライテックの問合せも多いので、どんな物か施工を体験して見たかったため自社駐車場舗装に採用。「あともう少し施工人数を増やさないと大変だね!」
製造:中部共同生コン(担当:北村周平)、施工:YIC(担当:山田剛、50m2、100mm厚、4名、2時間、タイムラプスあり)


施工動画

4名で50m2ドライテック2時間

D8B53A84-115B-4BA0-9715-B4D5D7CFF8CA.jpeg

B0C7769C-27B2-4EF5-AFAC-A61BE44C50E8.jpeg

2C00A060-333A-43B5-86C5-AAF9B746E852.jpeg

EA436AF3-0914-4EC2-80D0-2236EC753D6E.jpeg

施工YICはエクスショップの施工店でもある。

最近多方面からドライテックに関する問い合わせが多い。

一体どんな物か施工を体験して見たかったため自社駐車場舗装に採用となった。

施工は至って簡単で、敷設(ばら撒く)、レーき(トンボ)などで均す(平らにする)、プレートコンパクタで締め固めることで仕上げ。

たったこれだけのことを役割分担して組織的に行う。

7402D0C1-BB58-485D-9346-091D07E2B696.jpeg

912B9D03-D68E-4CEE-8CF1-22535BA5951D.jpeg

4B8A9620-D402-47E9-9BB9-17AD2CE82352.jpeg

F57063FC-9418-436A-9116-130B72655772.jpeg

F5A8F105-4D44-48B4-9E25-86D1B3F55F6B.jpeg

D9F8AD78-47F8-4BEF-A6AB-35EC88E38250.jpeg

施工After。

雨が降ってきたためブルーシートで一応養生。

50m2の駐車場、たった4名でたった2時間で完成。

早っ。

施工者の感想は、「あともう少し施工人数を増やさないと大変だね!」

4名ではちと大変だったようだ。

さて、ここでよくある質問。

果たして、ドライテックの施工は何名が妥当なのか?

最初から結論で恐縮だが、これには正解はないと考えている。

小規模ならたった1名でやられている方々もいるし、大きい面積を6〜7名といったパーティーで施工される方々もいる。

施工事例を眺めていれば大体の施工現場の施工人員が表示されているから参考になるだろう。

50EA9F37-6436-4A45-952F-34AE12749EF7.jpeg

施工人員を減らすための工夫の1つとしてスパン分けがあげられる。

通常の生コン(土間コンクリート)では型枠は仕上げ直後に撤去できない。

一方、ドライテック(あるいはポーラスコンクリート全般)においてはスランプが0cmであるため仕上げ後すぐに撤去することができる。

つまり、任意の面積でスパン分けができる。

小さな面積ごとに仕上げていくことができるということを意味する。

小さな面積なら少ない施工人員でもOK。

なるべく細かくスパン分けをすれば施工人員を少なくすることができるってことだ。

だから、施工計画によって適正な施工人員というのは時々に変わる。

また、冬場と夏場では施工の忙しさも変わってくる。

夏場は蒸発も早くより多くの作業人員が必要となる。

これが答えだ。

ちなみに、4名で50m2を2時間で完成はかなり早いことがわかる。

土間コン50m2は黙って残業確定だ



そんなドライテックはどうやって買えるのかな?

ずいぶん流通も整備されてきたとはいえまだまだ根強い「どこで買えるの?」

消費者は上記マップを参考にしながら最寄りの施工店に直接無料で相談をすることができる。

また、全国エクステリアEC小売最大手エクスショップに任せるのも便利だ。

あれこれプラン見積もりを入手して絞り込んだらあとだしじゃんけんワークスの出番だ。

一生に一度の庭づくりで、「この見積もりはたして適正価格なのだろうか」疑問を抱くのはもっともな話し。

そんな悩みにあとじゃん先生から3営業日以内に診断結果が届く。

安心を前提にものづくりを発注することができるってわけだ。



「この施工業者ちゃんとしてるんだろうか?」

「この消費者あとでクレーマーに豹変するんじゃなかろうか?」

そんな猜疑心に満たされた関係性でいいものづくりなんか望むべくもない。

互いに尊重しあう。

その前提として「安心」が必要不可欠に思う。

生コンポータルでは圧倒的な情報共有を武器に各地の製造・施工・消費ラストワンマイルをシームレスに繋げる取り組みを行なっている。

この三輪がきちんと共創することで実際にドライテックなどを含む庭が作られている。

自然と人が調和する舗装が当たり前になっていく。

大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリートが流通することで世界の景色が変わっていく。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら