長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/10/20

「地球のためにより良いオワコンに変更したいと思っています」あとだしじゃんけんワークス

「地球のためにより良いオワコンに変更したいと思っています」あとだしじゃんけんワークス

庭の犬走り、裏庭にドライテックを使用を考えていました。DIYでやる予定です。YouTubeで、オワコンの説明を聞き、地球のためにより良いオワコンに変更したいと思っています。



地球に優しいオワコン

庭の犬走り、裏庭にドライテックを使用を考えていました。DIYでやる予定です。YouTubeで、オワコンの説明を聞き、地球のためにより良いオワコンに変更したいと思っています

オワコンを購入したいのですが、自宅近くの生コン屋さんに直接電話で注文しても大丈夫ですか?また、施工したい面積は27.3㎡ですが、どのくらいの量を頼んだら良いのか教えて下さい。

(メール原文ママ引用)

 

ついにこの日がやってきた感が半端ない。

それにしても、早かった。

こうまで早く成果を上げるプロダクトを僕はこれまでに知らない。

と、いつもながらの感傷に浸る前に、まずはこちらの消費者の方への回答を優先したい。

 

Q1「オワコンを購入したいのですが、自宅近くの生コン屋さんに直接電話で注文しても大丈夫ですか?」

A1「ちょっと待ってください。まだ、全然生コン工場側が《オワコン》を認識してないのでちんぷんかんぷんになっちゃいます。こちらで一旦お受付させてもらい手配いたします」

 

実際、オワコンは生まれたてだ。

今、記録(ブログ)を遡ってみたところ、そのアイディアが生まれた(これまでの経験や知識が有機的に結びついて像をなした)のは8月20日陽光物産を訪ねた時のことだ。

https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_1757.html

そこからまだ2ヶ月しか経っていない。

猛烈なスピードでプロダクトが完成ししかも多数の問い合わせを受けるまでになった。

さらに、生コンポータルが一人相撲してるのではない。

名だたる大学や研究機関がその研究に参画する造粒ポーラスコンクリートに発展した。

たった2ヶ月でだ。

こんなモンスタープロダクトを僕たちは他に知らない。

姉プロダクト「ドライテック」は16年の歴史を刻み、そこそこ生コン・エクステリア界隈ではみんな知ってるようになった。

「知らない業界関係者は潜り」

内心そんなふうに思ってます。

 

Q2「施工したい面積は27.3㎡ですが、どのくらいの量を頼んだら良いのか教えて下さい」

A2「厚みにもよりますが、3cmで舗装するなら1m3で足ります。ただ、ちょっとギリギリなので1.5m3をお勧めします。1m3単価は30,000円(配送費込み)なので、45,000円で雑草・水はけ・ぬかるみから解放されます」

 

https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_518.html

施工はこちらが参考になるはずだ。

極論「撒いて踏むだけ」で犬走の雑草・水はけ・ぬかるみが解消される。



それにしても、すごいなあ。

僕がまだ生まれたての頃に地球のこと考えてる人なんていなかった。

それが、どうだ。

「地球のためにより良いオワコンに変更したいと思っています」

こう来た。

「地球のため」だ。

戦隊モノとかスーパーヒーローくらいしか口にしない言葉が今や普通に使われている。

大企業などの詭弁的な宣伝文句とは違う。

市井の人の普通のコメントとして、「地球のため」が使われているこの事実を僕は重く捉えたい。

地球のため。

やばい。

これから、口癖になりそうだ。

「地球のためにオワコン」

なんてパワーワードなのだろう。

なんか、自分がものすごいスーパーヒーローになった気がする。

「とうっ」

ってジャンプしたくなってきた。

「オワコンキック!」

「オワコンパンチ!」

とか言いながら締め固めするのだろうか。

やばい。

楽しい。

そんなわけで、あとじゃん先生はスーパーヒーローになりました。

しかも、必殺技まで手に入れました。

今後ともよろしくお願いします。

あとじゃん先生の闘いは始まったばかりだ。

とうっ。



宮本充也

 

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら