長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2017/12/10

「ラップ調に説明するまさつ」 福井・土間コン・県学会・エクステリア・透水

「ラップ調に説明するまさつ」 福井・土間コン・県学会・エクステリア・透水

土間コンの常識を変える。
当事者の誰もが嫌なのに、でもそれが当たり前だと思って、ただ何となく続けていること。土間コン。1日仕事になってしまい、水勾配をとらなくてはならない、クレームが発生しやすい。誰にとっても嫌な土間コン。そんな土間コンの常識を変える。


ちゃおー!

そんな気分なのだ。

日曜日の午前中。

ゆっくりと過ぎる時間。

12月に入りいよいよ寒い。

ランニングを趣味としているものの、

最初のとっかかりがますます辛くなっている。

ちゃおー!!

そんな気分なのだ。


※毎度ご協力いただきありがとうございます。


今年完全にブレイクした次世代の土間コン

十数年前に始めた透水性コンクリートは、

文字通り紆余曲折を経験した。

結果、次世代の土間コンというあり方を見つけて、

日の出の勢いで普及が進んでいる。


25182152_2103540903198485_2006421258813565691_o.jpg

※北形翔さん(赤い彗星)がリードする施工体験会 in 福井


24955670_2103542249865017_2681474591875886937_o.jpg

※ラップ調に説明するまさつ(バチがあたって降雨に見舞われる)


24955458_2103539516531957_3833476099619699867_o.jpg

※東京から駆けつけてくれた小沢総業小沢社長とのツーショット。


既に1件予定がある

北形さんは富山体験会からすでに待ちわびてくださっていた。

この度川端工業さんでの出荷準備が整っての体験会。

すでに1件現場が決まっているという。

その熱意に僕たちはお応えしなければならない。

次世代の土間コンの威力。

数年以内に福井の土間コンの常識を変える。


来春は大規模な東京での見学会も

駆けつけてくれた小澤さんのポテンシャルは計り知れない。

少しずつ少しずつ。

仲間が少しずつ増えていって、

その輪が徐々に広がっていく。

誰も見向きもしなかった時代を経て、

種火のような共感の熱は少しずつ周囲に伝播していく。

文字通り火のように燃え広がり始めた。

もう、当事者である僕たちですら止めることができない。

次世代の土間コン。


土間コンの常識を変える。

当事者の誰もが嫌なのに、でもそれが当たり前だと思って、ただ何となく続けていること。土間コン。1日仕事になってしまい、水勾配をとらなくてはならない、クレームが発生しやすい。誰にとっても嫌な土間コン。そんな土間コンの常識を変える。

僕たちが今やっていることは確実に社会に認知されている。

確実な手ごたえを得ている。


福井の土間コンの変化はもう止まらない。


宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら