長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/09/29

「打設後およそ2週間が経過した残コンリサイクルコンクリートの今を知る」ECON NEO

「打設後およそ2週間が経過した残コンリサイクルコンクリートの今を知る」ECON NEO

当社では12年の歴史を数える残コン再生コンクリートは「固まりゃいいよ」「安けりゃいいよ」という場合に取引先顧客からは大変愛されているプロダクトだ。JISとカルテル(共同販売)が覆っている我が国の生コン産業にあってECON NEO(残コンリサイクルコンクリート)は新たなチャンスを拓くのか。



普通の生コンで打った土間との比較

17DFAFCB-C70F-46A4-94FB-24426B154790.jpeg

フェラーリさん(主に残コン再生コンクリートの担当)から共有された写真。

19086F67-79C4-467D-B6B2-6359F4DD8613.jpeg

DCE60C71-E184-4305-BA59-722A1D56DE14.jpeg

CCA27B8E-0908-414E-9D6F-4A6B04A7C487.jpeg

DDEA0FD2-6EF4-4681-A7D6-2F814DF7CE94.jpeg

⚫︎参考記事: 【静岡】「どう?これ?残コンをリサイクルして作った生コンに見える?」ECON NEO

2週間経って撮影された雨の日のECON NEOで施工された土間コンの現場。

3FDE2D7B-AB4B-4A1E-8B8C-0AC24520770B.jpeg

打設中の写真はわかりやすくて、右手奥は通常の生コンで打設された土間コン。

はて、さて、雨の日のECON NEO(残コン再生コンクリート)と生コンの土間コン、違いがわかるって人いるだろうか。

まあ、結論から言えば、ほぼ、一緒。

多少「白っぽい」と感じる方がおられたら、それは故ありな見え方で、ECON NEOの場合骨材にモルタルペーストが積層した状態であるため、骨材本来の色(黒)が表面化しにくく、全体的に白っぽくなるというのは事実。

ただ、それ以外に、何か特別な違いは見られない。

これが、ECON NEO。

そして、どういうわけか生コン界隈では「安い」は「悪」みたいな感じで囁かれるのだけれど(それは多分カルテルの商習慣上生成された常識なのだろうけれど)、ECON NEOは安い

残コンを由来とした生コンです。

「高いです」なんていって、買ってくれる顧客はいないだろう。

そもそも、原価が馬鹿みたいに安いのだから笑。



舞台裏! ECON NEOの作り方!!

戻ってきた残コンは所定のピットの中に投入される。

残水、洗浄水はスリット水槽①と②でそれぞれ重力を利用して濾される(濾過)。

翌日朝まで一昼夜濾過された洗浄水、残水は自立する程度に脱水された残渣となっている。

その残渣を夕方の残コン改質まで日中天日乾燥でさらに脱水される。

当日の残コンが投入されているピットに残渣を適量(単位水量調整用)投入し少量の高分子・急結材でさらに強制脱水させることで砂粒状に変質させる。

この変質された残コン(残渣含む)が残コン再生コンクリートの原料となる。


一般に生コン工場は自分の頭で考え行動するという世間では当たり前のことができないようになっている。

それは、「独占禁止法適応除外」カルテル(共同販売)と「1.5時間の壁」z,zstrong>JIS A 5308、2つの鎖でがんじがらめで、箸の上げ下げまでいちいちマニュアルやしがらみに指図されることに慣れ切ってしまっているからだ。

だから、上記のようなあまりにも簡単なことすら実装することはできない。

本当に気の毒なことだと思うが、そんな「自分の頭で考え行動できない」生コン関係者の多くはいまだに「残コン困るよね」と口では言いながらも、長いものには巻かれてこれまで通り残コンを捨てて高額の費用がかかっている。

随分と口では立派なことを言っていても所詮現業は残コンに苦しみ、費用も今まで通り、いや、これまで以上に支払っている。

口は動くけど、体は動かない。

そんなやつばっかだ。

それもこれも、JIS A 5308とカルテルで思考停止に陥り「何も考えずいう通りにやれ」とお上の指図に従順にやってきたからだ。

まあ、このままいくと、「ユデガエル」の未来しか待っていないだろう。

なぜこんなに毒づいているかというと、今実は人間ドックの待合室にいてこれから胃カメラを飲まねばならず、単純に怖いからだ。

いくつになっても初めての経験ってやつは怖い。

食道、胃、十二指腸の中にカメラが入り込んでくるのだ。

こええ。



まあ、胃カメラはどうでもよくて、とにかく世の中には本音と建前が実に横行していると感じる。

建前だけで生きてると、本当の自分が消えてしまうよ。

おかしいと思ったら、ちゃんと「おかしいよ」って言っといた方が健康だと思う。

先ほど身長と体重、腹囲、視力、採血などを行なったが、今までのところ至って順調だ。

今、喉の麻酔薬というやつを飲んだ。

やべえ、麻痺ってる。

喉が麻痺ってる。

こわ。

これから僕どうなっちゃうんだろ。

早く終わるといいな、人間ドック。

そしたらお楽しみ岡山出張となる。

あとだしじゃんけんワークスのロゴやあとじゃん先生のキャラクターデザインを担当してくれたサワケンくんに会えるってちょっと楽しみである。

それでは、そろそろ書くこともなくなってきたので本日3本目のブログを終えようと思う。

今日も自分の頭で考えて自分の意志で動こうね!

それが、生コン再生の第一歩だと思います。



宮本充也



※無事、終わったが、こええ、最初ウエェってなったけど、一応全体的に異常もないようで良かったです。

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら