長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/10/11

「30,000円/件 《ポッキリ》 で戸建て住宅犬走(家周り)の雑草・ぬかるみ・水たまりが解消?!」オワコン(週刊生コン 2021/10/11)

「30,000円/件 《ポッキリ》 で戸建て住宅犬走(家周り)の雑草・ぬかるみ・水たまりが解消?!」オワコン(週刊生コン 2021/10/11)

構想段階からブログで共有していた造粒ポーラスコンクリート「オワコン」の実装が2件。いずれも、戸建て住宅の犬走だった。およその犬走は1m3もあれば十分賄えるだろう。新パッケージ「30,000円/件 《ポッキリ》 で戸建て住宅犬走(家周り)の雑草・ぬかるみ・水たまりが解消?!」新しい伝説が始まる。(週刊生コン 2021/10/11)



30,000円ポッキリで雑草・ぬかるみ解消

⚫︎先週の記事13: 《雑草》《水はけ》「施工翌日の《オワコン》(造粒ポーラスコンクリート)の透水性能とトップコート施工」 

⚫︎先週の記事14: 【静岡】「マジで施工が簡単な透水性コンクリート(造粒ポーラスコンクリート)はオワコンです」 

⚫︎先週の記事15: 【静岡】「犬走(の水はけや雑草対策)といえば《オワコン》でしょ」宮垣建設


雑草(草取り)ぬかるみ(水たまり)はエクステリア永遠の課題のようだ。

事実、ドライテックの問い合わせ理由の大半も、「雑草(草取り)」「ぬかるみ(水たまり)」の2点だ。

この分野での先行プロダクトとしては、「防草シート」「砕石敷き」「防草土(固まる土・砂、真砂土舗装)」などがあった。

先週2現場に実装されたオワコンはこの分野に一石を投じる。

C12A503E-C5F6-4662-AA8C-A4865769103D.jpeg

オワコンは生コン車で持ち込まれ施工される。

E8B180B5-D27B-4E13-BD8A-3E4557B71061.jpeg

C816AB1F-B0F8-47EE-A03A-34E016A44F63.jpeg

犬走の舗装は基本的に型枠などを必要としないのできたものをそのまま撒けばいい。

8C841C8A-8410-41DA-B177-00061F5C2F00.jpeg

FF9074BE-1E1A-4303-BCD8-05970EE2118D.jpeg

かかった材料代は1m3(立米、立方メートル)30,000円ポッキリ

最後の雑草をむしったあと、3万円ポッキリで、このおたくは永遠に「ぬかるみ」「草むしり」から解放される。

E332C759-F1F9-4649-B72F-D6D79C0EA242.jpeg

8B19CAC9-292C-448E-A68C-6F0A5ADBBCD5.jpeg

806CB135-5598-4CBF-9615-C91D9D059B8C.jpeg

C33A2A5F-63AA-40DC-AAFD-34BFA0D7C4F3.jpeg

こちらは実験的に顔料を配合したオワコンだが1m3で25m2以上の犬走が舗装完了。

今回取り上げた2つの犬走だが、およそ戸建て住宅の犬走といえばこんな感じなのではないか。

つまり、「30,000円/件 《ポッキリ》 で戸建て住宅犬走(家周り)の雑草・ぬかるみ・水たまりが解消?!」を大々的に謳うことができるのではないか。

あたかも「硬いスポンジ」のように表面に水は停滞することなく吸い込まれていく。



無論、全ての消費者が「自分で生コンを注文してDIY」するとは到底考えられないから、そこは流通や小売業との連携が必須になってくる。

例えば、材料は30,000円として、施工費はいくらかかったって(だってただ撒いて締め固めるだけだから)50,000円は行かないだろう。

「80,000円均一でおたくの雑草・ぬかるみ問題を解消します」(※施工面積30m2程度、すきとり、掘削、路盤は施工致しません)

みたいな業態がいけるはずだ。

僕が大学生だったら、これをネタにスタートアップを起業する。

ネットでガンガン情報発信して、一般消費者の雑草・ぬかるみ問題という市場セグメントオンリーで訴求する。

ポーラスコンクリートと違って材料が乾く心配がないからなんなら1人で一輪車押して1人で施工することもできる。

日当50,000円って悪くない。

やろうかな笑。

そして、さらに気付いた。

これ、多分、新築だけじゃなくて、相当のリガーデン(リフォーム)にニーズが潜在しているのではないか。

年間新築80万棟とかいうけど、過去に建てられた戸建て住宅の「ぬかるみ」「雑草」を対象にすれば楽に楽勝で1,000万棟くらいの市場想定は可能だろう。

そこに80,000円/パッケージのプロダクト提案をする。

800,000,000,000円。

あれ。

8000億円?

出ました、宝くじ、8000億円

ちなみに、こういうのを、「取らぬ狸の皮算用」と言う。



まあ、週明け月曜日、そのくらいの景気のいい話でブログを締め括るのもいいではないか。

8,000億円ですよ。

これ、だって、住宅の周りっていう限定的な空間だけを対象にしてますからね。

市場対象を仮に家以外(建築、土木、舗装)に広げていったら、巨大な市場が生み出されることを意味する。

そう考えるとだんだん気分が大きくなってくるから不思議だ。

気分だけでもとことんのぼりつめようではないか。

「30,000円/件 《ポッキリ》 で戸建て住宅犬走(家周り)の雑草・ぬかるみ・水たまりが解消?!」(週刊生コン 2021/10/11)

とにかく、先週1週間の一大ニュースは「オワコン」の実装2現場。

施主(消費者)の反応も非常に高い。

それに、製造・施工のこちら側としても非常に都合が良い。

さて、引き続き、面白おかしく仕事に邁進しようと思う。

今週もよろしく!



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら