長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/07/14

「いよいよ7月16日(金)はRRCS残コン座談会《どうやって減らそうとしていますか》」残コンリアル #2

「いよいよ7月16日(金)はRRCS残コン座談会《どうやって減らそうとしていますか》」残コンリアル #2

「もし、頭が真っ白になって喋れなくなったら、最後はチェロを演奏します」。堂々と言い放った前嶋による残コンプレゼンはパートナー生コン製造工場アップル生コンの加藤工場長を伴い「生コン工場における残コン処理」に関する話題に及ぶ。残コンリアル #2



生コン工場にとっての残コン(生コン工場)

解説!戻りコン(残コン)を生コン工場場内処理の仕組み

https://youtu.be/nPkMl-fK-Gw

お疲れ様です。

「 解説 残コン処理 施設内 」ができました。
https://youtu.be/_pf23X29cD4

性質が変化する部分の映像は実際使用したときの雰囲気を伝えるために
ノーカット(5分19秒)にしてますので全体としてちょっと長めになりました。


00:00​ オープニング- 残コンに関する世情および施設内処理の意味
01:32 残コンステーションの特徴
02:05​ 残コンステーションの工程
06:50 デモンストレーション開始(ノーカット5分19秒で状態が変わります。)
07:13​ RE-CON ZERO(薬剤)の投入
09:00 スラッジ・残渣の投入
12:10 完了後の補足説明

(SUMMERHILL奥川さん共有)



そもそもが生コン工場の責任ではないながらも、「持ち帰らされた残コン」どんなふうに処理してるの?

⚫︎参考記事: 「いよいよ7月16日(金)はRRCS残コン座談会《どうやって減らそうとしていますか》」残コンリアル #1

C4501A4D-C055-4AA7-81B5-D22DA247C0DB.jpeg

(演奏ではなく)プレゼンはこの人、お馴染み丸壽産業の至宝前嶋さん(チェリスト)、そして生コン製造(長野)の加藤平工場長から行われる予定。

「もし、頭が真っ白になって喋れなくなったら、最後はチェロを演奏します」

そんな覚悟で望むプレゼンは「現場から工場に持ち戻された残コン」に主題が移る。

そもそもが、ゼネコン・工務店の所有物残コン。

言ってみれば、「尻拭き」をさせられている生コン工場。

高度経済成長、作れば売れるの時代ならいざ知らず、今や残コンは立派に(?)生コン工場の経営を逼迫させる存在になっている。

そもそも、生コン工場のものじゃないのに。

ゼネコン・工務店のものなのに。

当の彼らは見て見ぬふりだって〜のに。

普通ならいじけるところだが、そこは生コン工場。

中には、アップル生コンのようにその危機・リスクに臨んでイノベーションを作り出している工場もある。

通常、こうした生コン工場(ラストワンマイル)の存在は埋もれてきた。

知られず、ひっそりと、辺境で苦しんできた。

今回のRRCS座談会の趣旨は、「これまで知られず埋もれ虐げられてきた生コンラストワンマイルに光を当てる」ということだ。

(すみません、僕が勝手に言ってるだけかもしれません笑)



数ある残コンリサイクルシステムの中から残コンステーションを紹介

813783E6-2BD0-4526-946A-86CED141812E.jpeg

https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_324.html

事例として紹介されるのはアップル生コン小石興業の事例。

動画でもわかるように、完全ゼロエミッションを達成している。

ただ、ここで、最後の課題となっているのが、用途・出口だ。



並み居るアカデミア、ゼネコン、生コン製造者、周辺企業が見守る空間でこのリアルな生コン工場における残コンを披瀝する意義とは

もちろん、それぞれのプレゼンターにその意義があるのだろうけれど、僕にとってはこうだ。

「これまで、ないものとされてきて、ラストワンマイルを一方的に虐げ続けてきた課題としての残コンに公に認知を与える。つまり、《あるもの》にする。そのことで、アカデミア・ゼネコン・生コン・その他は、それぞれの役割を再認識する。アカデミアは規格を作り、ゼネコンはその再利用方法を模索し、生コン(あるいは圧送)はそのソリューション開発を急ぐ」

大きくうねり始めている残コンという社会問題に関して、今回のプレゼンは大きな節目となるはずだ。

これまで押し付けあってきた残コン。

建設・生コンをどこか無味乾燥でギスギスした空間にしてきた課題。

その課題を力を合わせて解消するためのきっかけ。

それが、今回のRRCS残コン座談会だと僕は見ている。

前嶋さん、どうか頭が真っ白になって、チェロ弾き始めないようよろしくお願いします笑。

当日の健闘、伊豆の空からお祈り申し上げております。

#3 に続く。

乞うご期待。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら