長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/07/24

「やったぜ!《ECON NEO》の出荷が決まりました!」残コンリサイクルコンクリート

「やったぜ!《ECON NEO》の出荷が決まりました!」残コンリサイクルコンクリート

「とにかくやってみる」。停滞していた長岡生コンクリートにおける残コンリサイクル生コンの出荷が決定した。4.5m3は明後日(2021/07/26)地元いちご農家久保田農園に納品される予定。「やったぜ!《ECON NEO》の出荷が決まりました!」やっぱテンション上がるよね。



ECON NEO出荷までの努力

⚫︎参考記事: 《テストバッチ》「残コン由来の再生骨材コンクリート(ECON)の製造・出荷の再開」#3

E7D08CAB-7434-4CF9-83D6-98546308498C.jpeg

残コンリサイクル骨材を用いた試し練り・試験練りの様子。

残コンリサイクル骨材6に対して、砕石4の割合で配合。

さらに砂を300kg追加して設計された。

B64DB5BC-7BD7-4871-A2C0-27719B806353.jpeg

DA5473BB-8E5D-4F98-8DF2-2379CB8B7A93.jpeg

0A24F2FB-4E7F-44CE-9558-073803D9F104.jpeg

うむ。

なかなかの出来栄えである。

普通に「いい生コン」である。

スランプも20cmと良好な流動性を示している。

空気量も規定値以内(4.5±1.5%)。

「超いいじゃん、この生コン」である。

国内外の関係者を巻き込んで当社長岡生コンクリート(生コンポータル)中心となってECON  NEO配合設計第1弾が組まれた。

88558303-990D-4238-87BB-5AAF27069D12.jpeg

その模様は瞬時に関係各位に共有された。

あとは実機(プラント)での製造そして出荷を待つばかりとなる。



明後日(2021/07/26)伊豆の国市江間久保田いちご農園への納品が決まりましたECON NEO

うまく行くときは全てがとんとん拍子に進むものだ。

中学時代の悪友からの一本の電話。

「畑の農道を整備したいんだけど生コン売ってくんない?」

彼はたまにこうして電話をしてきて「残コンでもいいからちょうだい」とせびってくる。

今回は4.5m3ということと、「夏だし暑いから朝持ってきて」ということだったので、残コンではなく普通の生コンを納品することとなる。

そこでふと思い出したのだ。

「ECON NEOでいいじゃん」

そこからは話がスムーズ。

喉元すぎればってこういうことなのだろう。

B935E6AF-E7AC-4820-A8CD-CA0B62361AA8.png

D12F468F-4A55-4175-8CCD-35BBBB1C79DB.jpeg

85E06734-AABF-4570-9EB3-C0B94954B2EE.jpeg

社内メッセンジャーグループでのリアルなやりとりスクショ。

ちょっと自慢になるけれど、うちの組織力は本当にすごいと思う。

強靭。

スピーディー。

形式ではなく、常に目的思考型で行動がとられている。

「今、何が大切か」を組織の一人一人が常に意識し、そこで求められていることをすぐさまアクションに起こす。

素晴らしい会社だ。

これも日頃からの無茶振りに慣れているからなのだろう笑。

こうしてあっという間に出荷までの準備が整い来週の月曜日いよいよ悪友の経営するいちご農家にECON NEOが届けられる。

DD996699-FC78-499E-A238-74825F3B0C07.jpeg

⚫︎参考:久保田いちご狩り園

ECON NEOが届けられるいちご農家のHP。

中の人とは全然異なるイメージに仕立てられている笑。

奥さんがすごく熱心にインターネットマーケティングに取り組んでいる成果だろう。



「宮本さんて子供の頃からのお友達とずっと繋がっていますよね」

先日とある大切な恩人にこんな指摘を受けた。

言われて気づいたが、確かにその通りなのである。

結構わがままな性格で付き合う人をずいぶんドラスティックに選ぶタチだが幼稚園の頃からの友人と今も飲みに行ったりしている。

これは僕が就職などで地元を離れていない、ということもあるのかもしれないが、それでも地元を離れてしまった人とも今も繋がっている。

先週なんかは幼稚園時代からの幼なじみと出張先の博多で飲んだ。

彼は某メガバンクで異例の若さで主要支店の副支店長にまで出世していた。

すごい。

あいつがそんなに出世するとは思わなんだ。

飲み会は子供の頃のようなめっちゃくちゃバカ丸出しの話題に終始していたが。

そして今回もECON NEOの出荷って時にやっぱり旧友に助けられている。

公久くんは中学時代の悪友で「一緒に富士山でご来光を眺めよう」と挑戦したが途中で見事挫折し這々の体で下山したことが懐かしい。

ろくでもない笑。

人のご縁に感謝だ。

結局仕事もそうだけどつまるところ身近な人との共同が形になっているだけ。

だから、何よりも大切なのは身近な人にどのように向き合うかなのだと思う。

縁を断ち切る必要がある時ももちろんある。

「これは違うな」「ちょっと不自然な循環だな」と思ったらバッサリと切っちゃえ。

その度に僕は強くもなってきた。

だが、切ってはいけない縁だってある。

四十を過ぎ最近つと歩んできた人生の過程で交わった多くの人たちとのご縁に感謝する機会が増えた。

恩返しはできないと思うけど、いわゆる恩送りというやつだろうか。

とにかく身近な人との健全な共同を通して僕の貢献できる領域生コンというフィールドで一所懸命引き続き努力をしていきたいと思う。

「やったぜ!ECON NEOの出荷が決まりました!」

その模様は来週のブログにて。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら