長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2017/10/13

「残コンに困っていない土地、大分。」 残コン・見学会・大分

「残コンに困っていない土地、大分。」 残コン・見学会・大分


困っている人もいれば、

困っていない人もいるだろう。

おなかが痛い人の気持ちは、

普通の状態の人にはわからない。

おしりを抑えて悶えている人の気持ちは、

常時には理解が難しい。

どちらかというと滑稽にすら見える。

生コンブログの始まりである。


残コン

これも、同じようなものだと思う。

残コンに全く困っていない地域もあれば、

超困っていて今すぐどうにかして!

という地域だってある。


残コン技術フォーラム 全国ツアー

その一つの大きな目的に、

全国の残コンの実態を理解する。

というのがある。

東京の残コンを知ったからといって、

世界の残コンを知ることにはならないのだ。


22473664_1066808006754864_128213067_o.jpg

残水処理システム(大分綜合建設特製)の説明をする小拂社長。

22472292_1066807970088201_1402731174_o.jpg

同社ではもう長いこと「ヨーナクリート」という製品名を付して、

再生骨材コンクリートを製造販売している。

上の写真はその原料(再生骨材)

22550841_1066807976754867_2038865580_o.jpg

こちらの土間はヨーナクリートで施工したもの。

背面の土留め構造物もヨーナクリートで製造している。


大分の残コン。

どちらかといえば、それほど困っていない。

事実大分県内からの参加者という意味での反応は少なかった。

かといって無視していい問題ではない。

参加者の方の意見はおおむねそんなところだった。


今、おなかが痛くない。

将来確実におなかが痛くなる。

だから、今は暴飲暴食をしよう。

ということにはならない。


そもそも、残コン。

普通に持ち帰っている残コン。

一体だれが責任を持つべきものなのだろうか?

本当に僕たち生コン工場やポンプ業者が責任を持つべきもの?

モルタル0.5㎥は?

その廃棄の責任者は?

ホッパー内の残コンの処分は?

コンプライアンスは?


残コンに困っていない土地、大分。

そこで開催された残コン技術フォーラム。

ご参加いただいた方々からとてもいい評価を頂いたように思う。


今は、なんでもない、残コン。

それって、このまま、なんでもない問題かどうか。

改めて考え直していただける機会を提供できたこと。

そして、僕たち自身も考えさせられること。

大いにあった残コン技術フォーラム in 大分 となった。


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら