長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/09/28

【静岡】「防草土(真砂土舗装)や防草シート+砕石(砂利)敷きをオワらせるコンクリにカラータイプが登場!」オワコン

【静岡】「防草土(真砂土舗装)や防草シート+砕石(砂利)敷きをオワらせるコンクリにカラータイプが登場!」オワコン

雑草・水たまり対策コンクリ「オワコン」にカラーが出た!というわけで、早速陽光物産、そしてPUMP MANの協力を得ながら試験製造・施工が行われた。見た目は防草土(真砂土舗装)に見えるが、中身はコンクリ。圧倒的な耐久性と強度が売りのポーラスコンクリートの登場だ!
製造:長岡生コンクリート(担当:フェラーリ アルベルト)、施工:PUMP MAN・オリジナルガーデン(担当:山下和行)



アースカラーなコンクリ「オワコン」

DA05171A-FAE6-4D6E-B061-AD82078A3355.jpeg

F5050026-49CF-4048-B4EE-0A4AD0573179.jpeg

5C277CC4-4A9E-4CAF-BD19-EA9C253A1D79.jpeg

オワコンは生コン工場で製造され生コン車に乗ってやってくる。

ピンボールのような粒状がコロコロコロコロ降りてくる。

かわいい。

中身は、生コンだ。

カラーオワコンは30,000円/m3で販売を予定している(地域・工場によってばらつきあり)。

3cm(防草土や真砂土の標準厚)で施工した場合、30,000円 × 0.03 = 900円/m2のお得な値段設定となっている。

オワコンとは0.5m3単位発売予定のキーバインダー「Y弾」を現場で生コン車に直接投入(所定の配合)することで完成する。

配合の中身はある程度それぞれの工場に委ねられることになるが、長岡生コン(生コンポータル運営)の場合は100%再生材料(残コン由来)となっているため、エコでクローズドループでサステナブルなプロダクトとなっている。

脱炭素コンクリートとも言える。

そんなオワコンの施工は全く難しくない。

というか、「施工」とも呼べないほど楽ちん。

それでは、見ていこう。

026FAD61-6F76-44FD-9C5D-8FD2017AB56A.jpeg

C3B7D78B-B1F2-473A-8641-A7B791E3A8F5.jpeg

7E478517-8FEE-43E0-8F12-B9FD96B26422.jpeg

ひたすら撒くだけ

だから、楽勝でDIYできる。

これを、施工の専門用語では「敷設(ふせつ)」と呼ぶのだけれど、とにかく撒くだけ。

ぶっちゃけ、これだけでも、防草・水たまり対策の用は足す。

砂利と違ってセメントが含まれているためきちんと硬化する。

476F97EA-29BD-4589-8824-C16A556F61FA.jpeg

DDE639AB-918F-4DF2-A0D1-1EBF7490862F.jpeg

「でも、凹凸が嫌、でこぼこなのは嫌、固まった後つまずいてしまいそうだから」

例えば、犬走とか裏庭サービスヤードのように普段はさほど立ち入らない場所。

雑草さえ生えなきゃいい、水はけが解消されりゃいい、なら、そのままでいいけど、「結構歩くんですよ」みたいな場所ならレーキ(トンボ、アメリカンレーキ推奨)で平らにしておくのもいいだろう。

これを、施工専門用語では、「均し」と呼ぶ。

30F82188-B27F-470B-96C3-1F883645A754.jpeg

53237733-78D4-4209-87E6-19380E3A8184.jpeg

A07811C6-1D0D-4C84-9346-AEAEAE78EE51.jpeg

均しを担当しているのは飛び入り参加のPUM PMAN小澤社長(オリジナルガーデンのオーナー)。

その後ろで施工を見守るっているのは柔道部物語の西野新二、もとい、陽光物産の石井社長(Y弾の製造元)だ。

0561259B-2B6D-444E-91BD-C316AF14EF60.jpeg

(引用:https://yamakamu.net/jjm/2

なんとも強そうな二人だが、実際の均しはそんなに力は必要ない笑。

03421400-B0EC-4638-8903-4AE297A27828.jpeg

用意がなかったので普通のレーキを用いているが、実際には写真の「アメリカンレーキ」と呼ばれるものの方が均しはしやすい。

凹凸はそれだけで真っ平らになる。

そして、もちろん、土間コンと違ってドライテック同様「水を通す」ので水勾配なんかいらない。

排水設備もいらない。

水たまりにはならない。

13A6DD70-8E58-4106-BAEB-5916D7FD825F.jpeg

3D25CA31-8667-4611-9290-7CEAF5FCCB26.jpeg

施工After。

カラーオワコン。

砂利敷きと違って砂利が散らかったりしない。

砂利敷き同様水は抜けていく。

防草シートと違って、コンクリ、つまり、無機質

配合されている顔料も含めて全てガラスや茶碗と同じような物性。

無機質。

酸化しない。

腐らない。

たわまない。

溶けない。



圧倒的に安い防草(雑草対策)・透水(水たまり対策)コンクリートは新しいポーラスコンクリート

「どこで買えるの?」

実際にオワコンは生コン工場で製造され生コン車で現場に届く。

だから、上述MAPを参考にしながら、地元・最寄りの生コン工場に直接・無料で連絡を入れることができる。

「自分で施工(DIY)するのはちょっと」ということなら、施工対応のできる施工業者を見つけることだってできる。

オワコンの中身は非常に単純だ。

生コン屋さんならどこでも製造可能。

ちなみに当社の配合は以下の通り。


C125kg、W125kg、G+S1800kg、Y弾(キーバインダー)

※Cはセメント、Wは水、Gは砂利・砕石、Sは砂。


G+Sは100%残コンリサイクル骨材となっている。

つまり、有り体に言えば、0円。

Cも例えば、高炉スラグ微粉末やフライアッシュなど(あるいはエコセメント)でなるべく代替することができれば、費用は随分と安くなるし、脱炭素に向かう。

仮にCを10,000円/tとしても、原価は1,250円+Y弾で原価は弾くことができる。

およその工場は10,000円/m3前後で原価を組むことができよう。

それを、30,000円で販売する。

粗利益率は50%をゆうに超える。

一方、消費者側としても3cmで900円なら防草土(真砂土舗装)防草シート+砂利敷きと比べても圧倒的に安い、あるいは同程度でコストを弾くことができよう。

雑草水たまりで悩んでいる人なら買わない理由は無い。

生コン工場がB2BからB2Cにシフトするだけで、生コン工場も一般消費者もコストパフォーマンスが大幅改善する。

もちろん、施工者にだって「施工がめっちゃ楽」という利便性(つまりはコストパフォーマンス)を提示することができる。



正式リリースは10月8〜9日のプレ施工を経てからとなる。

流通方式はドライテックのそれと全く一緒。

消費者からの問い合わせがあったら、上述MAPの地元の施工・製造が対応をすることになる。

製造も施工もめっちゃ簡単。

めっちゃ楽。

生コン工場目線で言えば副産物「残コン」を原材料にしているため、売れれば売れるほど廃棄物コストも低減する。

残コンの問題も終わる、オワコンだ。

さらに施工者目線でも土間コンのように重労働から解放される、オワコン。

消費者にとっては雑草・水たまりから解放される、過去の悩みとなる、オワコン。

三方にとってオワコンを提供できる、その名もオワコン。

正式リリースが間近に迫っている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら