長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/10/10

《雑草》《水はけ》「施工翌日の《オワコン》(造粒ポーラスコンクリート)の透水性能とトップコート施工」

《雑草》《水はけ》「施工翌日の《オワコン》(造粒ポーラスコンクリート)の透水性能とトップコート施工」

戸建て住宅犬走・裏庭の雑草・水はけ対策コンクリート「オワコン」(造粒ポーラスコンクリート)はもちろんドライテック同様きちんと透水しさらには保水までをもする。また、着色もドライテック同様にトップコートが可能。姉妹プロダクト「オワコン」いよいよリリース開始。



雑草・水はけ・オワコン

EB9247DB-EE0E-46F8-809E-9809EF772334.jpeg

11E65AA8-5849-4A64-876F-A5101AEA0021.jpeg

施工翌日のオワコンの様子。

⚫︎参考記事: 【静岡】「犬走(の水はけや雑草対策)といえば《オワコン》でしょ」宮垣建設

透水性夫役の菅野さんと、カーボン・ネガティブ役の本田さんそれぞれにオワコンの透水デモンストレーションを行なっていただいた。

ドライテックほどのスピードではないが砂漠が水を吸い込むようにじんわり浸透していく。

一見水を吸い込みそうもないようなスポンジのような構造。

だから、透水ももちろんだが、「保水」性能が高いことが窺われる。

保水性が高いということは当今話題のヒートアイランド現象の抑制効果はさらに高まる。

オワコンならぬトウコンにしてもよかったかもしれない。

そして、こちらの現場はドライテック同様に「トップコート」で表面を塗装することになった。

55E849B1-EAAC-483D-9B04-9E31995CA453.jpeg

2759CD06-20F9-4630-852E-9C4C6CE1FB19.jpeg

7B4E1FBA-AC4D-478D-A612-BCDC526F1AE7.jpeg

なんとも綺麗な仕上がりだ。

136F8A85-891C-48BA-8CA6-9718A1C1EB62.jpeg

A2E6F2FE-927F-4C55-BFDE-AAF01636DF76.jpeg

22435169-88BB-4BC7-9284-36673C07953C.jpeg

3E681BFB-59EC-4ADA-89B7-4F960F88EAAE.jpeg

一方のこちらは昨日(2021/10/09)施工されたオワコンの様子。

⚫︎参考記事: 【静岡】「マジで施工が簡単な透水性コンクリート(造粒ポーラスコンクリート)はオワコンです」

こちらはトップコートではなくて顔料を材料に配合したタイプのカラーオワコン。

信じられないくらい素晴らしいプロダクトだ。

まず、安い

防草・水はけだけを考えるなら3cmで厚みを作っておけば十分。

30,000円 × 0.03 = 900円/m2が材料価格。

防草シート砂利敷の価格帯と遜色ないし、参考記事に貼られている動画でもわかるようにDIYだって全然できちゃう。

そもそもプロと素人の垣根がない。

そして、透水だけじゃなく保水までする。

今後さらに研究が進めば次第に強度特性なども明らかになっていけば犬走など歩道だけでなく車道でも適応できていく可能性が高い。

材料の入手方法や注文の仕方はお姉さんプロダクト「ドライテック」と全く一緒。

最寄りの施工店から見積もりを取るでも、あるいは、生コン屋さんから生コン車で運んでもらってDIYでもいいだろう。

あとだしじゃんけんワークスがあるから製造・施工・消費ラストワンマイルは「安心」を前提にものづくりに集中することができる。

《雑草》《水はけ》「施工翌日の《オワコン》(造粒ポーラスコンクリート)の透水性能とトップコート施工」

なんとも順調な門出を迎えることができた。

向かう所敵なし。

ブルーオーシャン。

使わないのがおかしい。

そんなプロダクトの誕生を祝したい。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら