長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/11/22

【茨城】「とにかく、雑草・ぬかるみ・排水。多くを求めないなら安い《オワコン》で決まり」ジャービス商事・當和

【茨城】「とにかく、雑草・ぬかるみ・排水。多くを求めないなら安い《オワコン》で決まり」ジャービス商事・當和

栃木県栃木市。オワコン栃木県初施工案件。施主より犬走にオワコンで雑草・ぬかるみ対策の希望が寄せられる。「なんとなく砕石が固まっている感じでいい」ということで採用となる。
製造:當和(担当:曽根弘)、施工:ジャービス商事(担当:チャンビエトハー、35m2、50mm厚、3名、3時間、タイムラプスあり)



雑草・ぬかるみ・排水

1A68988B-73A3-4991-ABCA-65ABB86DFDC6.jpeg

0B015F5C-B715-4577-8231-A0B8BA1DEA5C.jpeg

D137314E-3766-4B5F-922F-1732E871B4AE.jpeg

71D7B8C9-34F8-4C21-ADA9-968154DCB482.jpeg

施工Before。

「あ、ここ、オワコンだよね」

もう、オワコン(造粒ポーラスコンクリート)が採用されるテンプレートのような現場。

おそらく、来年には、エクステリア、庭づくりにおいて、「雑草」「ぬかるみ」「排水」「犬走」「家周り」「歩道」といえば、「オワコン」という常識が形成されていることだろう。

予言ではく、断言しておこう。

絶対に、そうなっている。

なぜか?

安い上に、コンクリだからきちんと効果が持続(耐久性)する、しかも、水を通すからである。

⚫︎参考記事: 「施工は簡単【撒いて踏むだけ】で家周りの雑草・水たまり・ぬかるみから解放されない?」オワコン

ただ、現在は「オワコン?なにそれ??」な施工業者が上記マップで探してもほとんどだと思う。

なぜって、本製品は着想からまだたったの3ヶ月しか経っていない生まれたてだからだ。

これから生コンポータルやエクスショップらによる周知活動が展開予定。

また、エクステリア専門媒体庭ファンもこのプロダクトを無視できないはずだ。

相当イノベティブなプロダクトとして年末、来春に向けて周知活動が加速する。

なので、「うちの犬走にオワコン敷きたいんですが」という問い合わせは今は是非生コンポータルの問い合わせフォームまでご一報を。

また、現在は駐車場には用いることを想定していないが、研究機関らとの共同研究にご協力いただける一般の方がいらっしゃいましたら超破格で納品しておりますので是非ともお申し出お待ちしています。

⚫︎参考記事: 《急募》「造粒ポーラスコンクリート【オワコン】で駐車場の舗装実験」

前置きが長くなったが、それでは施工開始。

88497BDD-D3C5-410E-BBC8-2D455B91E1F3.jpeg

こちらがオワコン。

粗骨材周辺にモルタルペーストを積層させた造粒物質を骨材と見立てたポーラスコンクリート。

だから、水を通すだけじゃなく保水もモルタルペーストが役割を発揮する。

現在大学等研究機関や道路会社、生コン製造者らとの共同で各種配合(再生骨材、CCUS etcの実装)の研究が始まっている。

将来が嘱望される全く新しい分野の創発型プロダクトだ。

E64DA305-71F1-499A-BD68-C15BFB9197B0.jpeg

1CDA393F-FC4E-4964-83C4-062904A22B1D.jpeg

施工は極論、「撒いて踏むだけ」。

元気な方なら動画マニュアルもあるのでDIYもおすすめだ。

もう、「施工」という概念ですらないかもしれない。

プロの皆さんはそれでもやっぱりきちんと道具を用意して施工しているが。

現在は、素人による、何にも道具を使わないで施工(?)するオワコン動画の収録を予定している。

ただ、撒いて踏むだけで完成する舗装材「オワコン」。

センセーショナルである。

5CBBB4DC-C139-4562-8D79-B485EEA06864.jpeg

4354150D-8436-4EA0-81DF-9B335F179E2D.jpeg

12ABCE25-5B71-4303-9922-1E7347365ACA.jpeg

F438A40C-721A-4DA6-8049-A4FB9FD1927A.jpeg

施工After。

手前車両が乗り入れる駐車場舗装はドライテック、奥普段人が歩行する程度の舗装はオワコン。

こんなコントラストがこれからのエクステリアシーンの常識になってしまうだろう。

35m2のオワコン(1.5m3)はたった3時間で永遠の雑草・ぬかるみ対策を約束した。

驚異的なイノベーションである。



断言しときます。

来年の夏あたりはもう猫も杓子も、「雑草」「ぬかるみ」「排水」に関しては「オワコン」を指名する。

そして、防草土や防草シート、マットの類は文字通り「オワコン」となる。

これは、予言ではなく断言である。

そうなっていなかったら、責任を取ります。

責任とって頑張ります。

あの、日本一エクスショップが販売を約束してくれているのだ。

これ以上確かなことはなかろう。

16年も経過してノコノコとドライテックを取り上げ始めた(案内しても見向きもしなかった)メディア諸君は早めに取り上げたほうがいいと思うよ。

ニュース媒体としての精度が問われかねません。

田舎のブロガーに先んじられてる場合じゃないよ。

先日、某新聞社にはせっかく教えてやったのに反応が鈍い。

まあ、あいつ、馘首される運命だろうなあ。

プロの記者ならクソ記事書いてないで本質を報道しようね。

そんな鳴り物入りのモンスタープロダクト「オワコン」はエクステリアのみならず舗装の常識を根底から覆してしまうことだろう。

断言しときます。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら