長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2016/12/13

「動画 残コン処理リサイクル」

「動画 残コン処理リサイクル」

透水性コンクリートに引き続き、第2弾である。

やっぱ、動画は話が早い。

見りゃ、わかる。

というわけで、こちらは通常のブログと趣を変えて、

今巷を騒がせている「残コン処理」についての動画をフィーチャーしたいと思う。


■総合解説

とにかく最初にこちらをチェックしてもらいたい。

僕、宮本充也が渾身のプレゼンをぶちかましているが、残コン再利用に関して、

GNN協力15社と連携して開発されたIWAシステムについて詳しく説明している。


■白石方式

続いて、そんなGNNメンバーの一社白石建設さんが生み出したリサイクル方式。

プールに1日分の残コンを貯め置いてそれを冬場であれば夕方1回。

夏場であれば直ぐに固まってしまうことから、午前・午後1回ずつ実施。

こうすることで、いちいちの生コン車を拘束することもなくなるため、

残コンにかかわる労務が飛躍的にカットされることになった。


■尾崎方式

続いて、こちらは静岡県の尾崎生コンで編み出された方式。

生コン工場、と一口に言っても色々な業態がある。

こちらは、白石建設さんで使用しているようなバックホウの持ち合わせがなく、

ホイルローダーで残コン処理をしている様子。

とても興味深い事例であり、なければないなりに考える、好例と言える。


■本家MAPEI

MAPEIが作成した動画。

さすがの世界企業MAPEIであると言わざるを得ない。

それにしても6年以上もMAPEIと取引をしている。

もし、イタリアミラノに遊び(仕事)に行きたいなんてことになったら、

一緒にどうですか?


■ミツワ

山形県は山形市のミツワ生コンはパンクな社長が率いるパンクな生コン工場。

以前は「チョモランマ」とあだ名された山となったスラッジに苦労をしていた同社は、

1年の時を経てそれをすべて解消し今チョモランマは見る影もない。

どのようなドラマがあったのか、そのすべてを工場長山川氏が語る。

40分の超大作、ちぇきら。


ざっと紹介してきたけれど、動画は見てるだけで理解ができるのでとても効果的だ。

もっと詳しく知りたい、という方がいらっしゃれば、僕宮本充也の携帯、

09017299893をいつでも鳴らしてほしい(深夜意外)。

素敵な生コンライフを語り合おう!

その他動画はこちらから♪


宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら