長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/05/19

「急展開!《エコスル3》が早くも登場! 異業種間連携が加速する」PUMP MAN・陽光物産

「急展開!《エコスル3》が早くも登場! 異業種間連携が加速する」PUMP MAN・陽光物産

エコスル2を引っ提げてその男がやってきたのはつい先週の話だ。意気投合して以降急速にあらゆる人と企業が結びつき始める。広島の陽光物産で発生する副産物通称"パン"をエコスル2に添加すると?インターネットと企業間連携が自動的に生み出すイノベーション。「急展開!エコスル3が早くも登場!異業種間連携が加速する」
⚫︎参考記事: 「先行剤と残コン改質材の分野でPUMP MANとの事業連携開始」



使用したパンは袋10分の1くらいです

PUMP MAN小澤さんが伊豆の国市の生コンポータルを訪れて即日事業連携が決まった。

その場で生コンオンライン(招待リンク:https://discord.gg/ySZhr37bgw)にジョインされ、乾燥モルタルメーカーの陽光物産や白石建設らとの事業連携が始まった。

8B427380-7E17-42CD-875D-4573A952D683.jpeg

アイディアの元ネタはこれだ。

エコスル2の誘導性能をもっと高めるマテリアルとして陽光物産で製品を製造する過程で発生する副産物通称"パン"を利用できないか。

事実、生コンポータルでは以前このアイディアを実験に移したことがある。

果たして、誘導剤として性能を発揮し、生コンは通った。

ただ、生コンポータルは圧送業者ではないため、そのプロダクトの深耕は進まなかった。

いつしかお蔵入りしていたアイディアだった。

それが、小澤さんの登場で再燃した。

そもそもがパンは捨てればゴミ、廃棄物。

廃棄費用はそこそこの額に上り陽光物産の経営を圧迫していた。

5981149B-A95C-4E3D-BFF0-EC75996E407F.jpeg

もちろん、同社では指を加えてただただ捨てているわけじゃない。

写真のように「乾燥ねんど」という商品名で農業や造園向けの土壌改良材として売り出している。

それでも、大量に発生するパンの全量を賄うには至っていない。

そこに、エコスル2とのコラボ。

エコスル2+パンで、エコスル3の開発というわけだ。

そこからはとにかく早い。

今日、生コンオンラインに早速小澤さんからのフィードバックが共有された。

A805D446-386B-41E2-A8C9-D5BF4ABF6294.jpeg

「エコスル3いけそうです」

まだ、1週間しか経っていないのにこの展開の速さ。

やっぱ、できる男は講釈垂れずに行動で示す。

試験動画はディスイコードで閲覧可能:https://media.discordapp.net/attachments/837928857692012584/844119921503502376/video0.mov

「(パンは)エコスルと相性バツグンです」

「現場で試します」

さすがは、都内で30台もの規模で圧送業を展開するPUMP MAN小澤さん。

思い立ったら、即行動。

すぐ試すことのできるポジション(ラストマイル)にいる強みを遺憾無く発揮する。

1C76EBAC-517A-4DD8-A593-7457E38F5790.jpeg

A44E4E37-13D2-408A-A7E5-0349DFE7F4B4.jpeg

2C1363E5-5ECA-4FFA-9A79-DD02FE27AA53.jpeg

「使用したパンは袋10分の1くらいです」

あっという間に完成したエコスル3は今後水の量など細かな配合が検討されるという。

そしてもちろん、パンは副産物でいわば豊富に安価(物流コストくらいか)に調達できるため究極のプロダクトに成長する潜在性を有している。

1人の力では大きなことは起こし得ない。

だからこそ、最も大切なのは仲間を大切にすること。

「信頼を裏切るような恥を晒すくらいなら死んだほうがマシ」

そんな言葉を自然と言えちゃうような小澤さんだから自然と手を貸してくれる仲間が周りに集うのだと思う。

自分の名声や金儲けのために簡単に人を騙したり裏切ったりするような人にはもちろん人々は集まってこない。

利己心やエゴは結果世界を確信するようなうねりには発展しないの



突然降って沸いたように化学反応を起こし生まれたエコスル3はこれから配合を含めパッケージや荷姿などが詰められることだろう。

エコスル2も既に多くのファンを獲得し全国各地で圧送現場で用いられているという。

1ヶ月に1000現場以上の採用実績を誇っているそうだ。

凄まじい、PUMP MANのブランド力。

やっぱ、小澤さん、かっこいい。

本物だ。

ちゃっかり影でこそこそコピー品を作ったり、他人を裏切ったり、嘘偽りを吹聴したり、パートナー企業から職員をヘッドハンティングしたり、スパイを送り込んでいるような、偽物とはものが違う。

というか、比較するのが失礼だ笑。

ごめんなさい。

そもそも、取れもしないのに「ポンプ業界初主任技士飛び級合格」みたいな虚栄心が全くない。

「試験会場に行ってみたらびっくり。事務員さんが間違えて技士試験の願書を申し込んでいた」みたいな敵前逃亡えーかっこしー野郎とはものが違う。

本物、PUMP MAN小澤さんは生き馬を目を抜くような勢いを持った本当にクールな実業家だ。

この人だったらきっと建設、生コン産業にブレイクスルーを起こすはずだ。

誰もが注目してしまう華がある。

天性の歌舞伎者って感じだ。

男が惚れる男の中の男だ。

(褒めすぎ?笑)


かくして、偽物の被害者の1人である陽光物産のサポート"パン"という武器を手に入れたPUMP MANのエコスルシリーズはいよいよその誘導性能を不動のものとしようとしている。

「従来製品と違って詰まらない」

偽物とはわけが違います。

あっという的な性能をバックに鳴り物入りで建設、生コンを席巻しようとしている。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら