長岡生コンクリート
いつのまにか誰にも知られず埋め戻される「流動化処理工法」

2020/07/04

【静岡】「深夜、夜間の流動化処理土(LSS)にも対応してます」遅延剤・フロー・ブリーディング・強度

【静岡】「深夜、夜間の流動化処理土(LSS)にも対応してます」遅延剤・フロー・ブリーディング・強度

流動化処理土(流動性埋戻し材)は博多駅前陥没事故の復旧工事でもわかったように緊急工事など時を選ばず求められる。現在生コンポータル・長岡さくら工場(静岡県伊豆地方)に寄せられている相談は、「深夜、鉄道工事に使いたい」というもの。水の次に流通する材料生コンは求められればいつでもどこでも届けられなければならない。



【実験】深夜、夜間の流動化処理土にも対応してます

6521DDB0-F7EE-4240-98E4-5D63E33356C2.jpeg

生コン屋さんの埋戻し流動化処理土(LSS)《流動性埋戻し材》は生コン屋さんで製造され生コン車で現場に届けられる。


D9CB7A16-D31D-4732-80B0-401C2579D536.jpeg

現在長岡さくら工場で行われている実験は、「製造された流動化処理土のコンシステンシーを10時間程度維持する」というもの。

これは、寄せられている深夜の鉄道工事に用いられる流動化処理土に伴い、なるべく製造コストや作業を軽減するために、「昼間作った材料を新鮮な状態のまま深夜に配達」できるようにするためのもの。


LSS遅延9.5時間後フロー200(mm)

変わらず

(柳川さん)


これはつまり、10時間近く経過した流動性埋戻し材が製造された時と全く同じコンディションを維持したということ。

このことで深夜工事であったとしてもわざわざ製造設備を動かす必要もないし、そのために人員が配置されることもなくなるということ。

時間や労力、手間を極限まで圧縮する。

それは、化学混和剤という化学薬品の力によるもの。

流動化処理土もそうだが生コンには、

⚫︎骨材(砂、砂利)

⚫︎セメント

⚫︎水

のほかに、

⚫︎化学混和剤

と呼ばれるお薬が添加されている。

そのお薬はあらゆることを可能とする。

生コン工場では材料の配合(それぞれの割合)を工夫することでいろんな魔法が実現している。

「生コン、早く固まって欲しい」

とか、

「逆に、遅くなって欲しい」

とか、あらゆる生コンの要望は生コン工場の技術陣の手により可能となる。

最初から諦めず、色々相談してみよう。

そのことは生コン工場の技術力向上にそのままつながる。


A753D52E-3D11-4DDB-B2A0-26FBF143F7F3.jpeg

試験室ではフロー(材料の状態)や強度試験


13A3E3CF-7967-4B1E-A625-D85C4904F5D8.jpeg

ブリーディングと呼ばれる余剰水の度合いなど、顧客の求めに応じていろんなパラメーターが設定され出荷されている。



固い、柔らかい(コンシステンシー)、早い、遅い、夜、朝、昼、どんなニーズにも

生コンは完成品ではない。

半製品と言って、それそのものは価値を帯びない。

ドロドロの状態で型枠(あるいは空洞)に流し込まれ固まってその価値を発揮する。

価値を発揮するまでには時間がかかる。

その時間を早めたり、遅くしたり、時間帯だったり、固まる度合いだったり、その状態であったりは、その現場に応じてあらゆる形態を取る。

だから、コンクリートは硬いものだけど、その対応には柔軟さが求められる。

今日も全国の生コン工場では顧客の求めに応じて柔軟にあらゆる工夫がなされている。

夜でも、日曜日でも、祭日でも。

求められれば「水の次に流通する材料」生コンはあらゆる形態をとっている。

人知れず用いられる。

「ありがとう」なんてなかなか言われない。

そんな日陰の生コン工場では人々の暮らしを陰で支えるハイテク製品が今日も作られ出荷されている。


深夜、夜間の流動化処理土(LSS)。

作る方もなるべく負担を減らしたいので、お薬を使った工夫をしてます。

顧客の要望さえ寄せられれば、僕たち生コンはあらゆる工夫を行います。

どうか最寄りの生コン工場にあれこれ相談してみよう。

きっと彼らは嬉々として応えてくれるはず。


生コンマッチングではそんな素晴らしい生コン産業の流動性を高めることで「生コンをもっと身近に」頼りになる生コン工場とみんなをつなげる活動をしています。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら