長岡生コンクリート
いつのまにか誰にも知られず埋め戻される「流動化処理工法」

2021/03/05

【静岡】「知ってるか知らないかだけで数百万円」中村建設・長岡生コンクリート

【静岡】「知ってるか知らないかだけで数百万円」中村建設・長岡生コンクリート

静岡県伊豆の国市の大規模工場跡地の廃止管充填に採用。約4時間で終了。今回施工は残渣式流動化処理土の始祖浜松中村建設からのオーダー。掘削による配管撤去に比べて時間もコストも大幅に圧縮できた。
製造:長岡生コンクリート(担当:まさつぐ)、施工:中村建設(23m3 、管径125㎜、約300mの管5本)



化学工場跡地の地中は配管だらけ

08B7890E-A329-431A-B5B4-2EC161F03B90.jpeg

93BA1F5B-8BE5-4571-8EBA-592E26857BC3.jpeg

5314DBAF-4372-40A5-972B-51EB983184B0.jpeg

E8DEADDC-8C5A-434D-95C6-6EFC8E0A607B.jpeg

2288905B-1DA9-4954-AA45-1F2F2277CB59.jpeg

75B5CD30-0FD3-4C48-AC8F-114FB5F05B49.jpeg

77CE4B78-EB86-44A7-9A55-3D60CB6BE767.jpeg

写真を見ただけではなんのこっちゃわからないと思うが、地中に埋められている廃止管(もう使われなくなった配管)に残渣式流動化処理土が25m3注入された。

25m3。

1立方メートルの容器25個分の流動化処理土。

膨大な量だ。

お風呂の水が200ℓと言われているので、1立方メートルはお風呂の水5杯分だから、かける25で、お風呂の水125杯分の流動化処理土(液体)といえば想像しやすいだろうか。

とにかく大量の液体が配管の中に注ぎ込まれた。

その液体は時を経て周辺地盤と同じくらいの硬さにまで固化する。

なんでこんなことをしなきゃならないかというと、使用されなくなった配管がそのまま地中に埋められていると、やがては配管が劣化し上からかかる荷重にあるいは座屈し圧壊されることで地表が地盤沈下を起こしてしまうのを防ぐためだ。

CBA370F2-F987-43C2-9B1F-60C129498715.jpeg

化学プラントは地表に見えているだけでも膨大な数の管が配置されていて、それら多くは地中に埋められている(出典:https://www.mes.co.jp/business/)。

それら膨大な数の配管が地中で圧壊すれば、その容積分地表は下がる。

通常であればそれら配管は掘り上げられ撤去され重機や作業員が入り込み再び埋め戻される。

騒音も、粉塵も、振動も、そこそこだ。

一方の、生コン屋さんの埋戻し材。

配管の入り口からドロドロと液体を流し込むだけ。

今回はポンプ車で圧力をかけながら流し込んだ。

もう一方の出口から噴出したのを確認すれば施工完了。

騒音も、粉塵も、振動も、皆無。

傍目からは何やってるかわからないほど長閑な光景。

掘削や撤去や埋戻しなんかする必要がないから時間手間コストも大幅に削減できる。



これも、知ってるか知らないかだけで数百万円の違いとなる。

知ってるか、知らないか、だけなのだ。

もちろん、お金だけじゃないけど、知ってるだけで数百万お得になる。

知ってるだけで、手間がなくなる。

知ってるだけで、時間が浮く。

知らないだけで、苦労する。

インターネットを通じて生コン屋さんの情報発信を初めて6年目となるが、いつも身につまされるのが、「生コン屋さんは知られていない」という現実。

知られていないから、本当はもっとお役に立てるのに、役に立たない。

身近であれば、もっともっと多くの人を喜ばせることができるのに。

悲観しているわけじゃない。

10年前と今では、流動化処理土の認知は飛躍的に拡大し、このところ出荷も大変好調だ。

それだけ多くの人たちを喜ばせている。

もちろん、大成建設が起こした博多駅前道路陥没事故のようなニュースもあったことも、知られることの大きなきっかけとなった。

とにかく、知ってもらいたい。

生コン屋さんを、もっと身近に。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら