長岡生コンクリート
いつのまにか誰にも知られず埋め戻される「流動化処理工法」

2021/08/26

【静岡】「現場の当たり前として《生コン屋さんの埋め戻し材》流動化処理土を広めたい」

【静岡】「現場の当たり前として《生コン屋さんの埋め戻し材》流動化処理土を広めたい」

「さて、構造物も出来上がったし、余堀部分を埋め戻そうか」。建設現場では日常茶飯事でこんなやりとりが交わされていることだろう。「埋め戻し材を買ってきて人力施工一択だと思ってない?」。今や、生コン屋さんから調達できる、「埋め戻し」もう1つの選択肢について。



「埋め戻し」生コン屋さんで「当たり前の」風景に

5144C86D-EF5A-4AC9-929C-9DB883B6B9E1.jpeg

生コンポータルの所在地長岡さくら工場(生コン製造)では毎朝ホワイトボードに当日の「生コン」出荷予定が共有されている。

148968D9-BF52-4461-8A6A-4FA4E8F3D189.jpeg

FF39E2C8-803F-4C4B-996F-CD09F3C7FD62.jpeg

この日は1日に2現場、流動化処理土(社内用語でLSSとしている)の予定が入っている。

それぞれ、30m3と20m3(小沢重機は午前・午後2回戦)、合計1日で50m3もの出荷予定。

38478945-246C-46A7-99E3-6B63FD2A6BE8.jpeg

現場からはらこうして具に状況の共有がある。

鶴よし建設様 三島市萩
LSS 大型 20m3
世和土木様と同様で、橋脚周りの
埋め戻し 明日も20m3位打設予定

⚫︎参考記事: 【静岡】「流動化処理土の出荷が絶好調今月(8月)だけで1500m3の予定なんです」長岡生コンクリート・世話土木

5E640D6B-94EB-465D-9FCD-1E861ECC142A.jpeg

0D26E58F-55DA-4F10-8D41-D602FB9EC39B.jpeg

ポンプ車に荷下ろししている様子。

F97C0424-077B-4EAF-AFCD-6FE7FF63D37A.jpeg

わかりにくいけど、ポンプ配管の筒先(先っちょ)から流動化処理土が打設されているとこ。



現場で「必須」の埋め戻しに「生コン屋さん」を想定してますか?

⚫︎参考記事: 《埋めYO!HEY!》「水路の下越しで配管するみたいな時の余堀(よぼり)を今までどうしてたの?」

「埋め戻しと言ったら、材料買ってきて30cm転圧、人力一択

そう思っている土木・建築関係者がいたら、失礼ですがその人、オワコン気味です。

だいたい、「下越し」のような、「人が入り込めない場所での転圧」ってどうやってやるんでしょうか。

「水砂締め」としたり顔にお答えになるのかもしれませんが、大体どうやってそんな方法で要求される密度を満足するのでしょう。

確認のしようもありませんよね。

「それ以外に方法がないから、仕方なく」というどちらかといえばネガティブな理由でやってきたその下越しや狭い余堀の埋め戻し。

今なら、生コン屋さんできちんと品質管理が行われた埋め戻し材があるのです。

流動化処理土

4年ほど前大成建設が起こした有名な事故、博多駅前道路陥没事故

あの事故で一躍有名、時の材料として世界の注目を浴びた材料。

それが、流動化処理土

生コン屋さんの埋め戻し材。

参考記事にもあるように、「小規模」なら現場練り流動化処理土「埋めYO!HEY!」が用意されている。

また、今回のような大規模ってことならば、生コン工場から届けられることもある。

工場リスト

なお、現在生コンポータルではこの埋め戻し材を全国で当たり前のように供給できるような体制構築に取り組んでいる。

残念ながら、現時点では流動化処理土(あるいはスラモルなど同等品)の出荷に対応する工場は限られているため、生コンポータルでは紹介・斡旋などもしている。



ドライテックがそうなったように。

現場の当たり前として、生コンポータルではこの流動化処理土を「生コン屋さんの埋め戻し材」として世に広めたいと考えている。

現場で無駄に苦しむ必要はない。

「現場は過酷。そう言うもんだ」

そんな古老の話は、単なる「自分はすごく苦しかったんだぞ」と言う自己満足ロマンに過ぎない。

建設現場は楽しよう。

楽しもう。

ICT土工だの、3D設計・プリンティングなど、先端技術は進歩している。

埋め戻しだって、進歩している。

今も、「埋め戻しは人力一択」なんて思っている人がいたら、ぜひ生コンポータルに連絡されたし。

あっという間に常識なんかひっくり返っちゃうんだから。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら