長岡生コンクリート
いつのまにか誰にも知られず埋め戻される「流動化処理工法」

2021/10/07

【静岡】《流動化処理土》「早い(時間)のうまい(品質)の安い(経費)の」土屋建設

【静岡】《流動化処理土》「早い(時間)のうまい(品質)の安い(経費)の」土屋建設

静岡県伊豆の国市の土建業土屋建設の現場に流動化処理土納品。老朽化した、水道管(直径100ミリ、長さ120メートル)の充填・埋め戻しに採用。採用理由は、「経費と時間の削減ができるから」。
製造:長岡生コンクリート、施工:土屋建設



水道管の充填・埋め戻し

A284412D-8385-46B6-BDC7-7FFC90A2871A.jpeg

4AD40113-9A75-40E2-8126-4E08020205D5.jpeg

B4926700-1545-4C31-B9F0-A2F3C16403DE.jpeg

毎度埋め戻されている中身を見せることができないのが悔しいのだけれど。

これで、不要となった水道管はきちんと埋め戻された。

地盤沈下などの心配も解消された。

伊豆の国市土建業の雄・土屋建設にその採用理由を聞くと、「経費と時間の削減ができるから」

つまり、吉野家の昔からプロダクトやサービスが備えるべき条件。

「早い(時間)のうまい(品質)の安い(経費)の」

の、「早い」「安い」が評価された形だ。

そんな「生コン屋さんの埋め戻し」流動化処理土は最寄りの生コン屋さんから買える。

(生コンポータルでは無料で仲介している)

また、最近では陽光物産によりパッケージされた流動化処理土も便利だ。

⚫︎参考記事: 「パッケージ(袋売り)タイプの流動化処理土の販売が始まる」陽光物産

現場で水入れてかき混ぜるだけで流動化処理土が完成する。

こちらも、地元の生コン屋さん経由で購入できる。


そんな流動化処理土だが、なぜ、「早い」仕事が早く終わるのか?

それは、従来工法と比較すればよくわかる。

9904140D-557E-485D-8877-21C63A146F99.jpeg

(引用:(有)内設備工業・・・千葉の水道屋さんの工事日記

通常、水道管の撤去は手掘りが相場となっている。

手掘りってことはつまり掘るってことだ。

で、今回の現場もそうだけど、大体その掘る場所は道路になっている。

車も人も往来する場所。

そこを掘る、工事するってことになると、規制をかけて通れないようにしなければならない。

ってことはつまり渋滞を引き起こす。

工事そのものに時間がかかることは言うまでもない。

掘る前に、舗装を撤去して、そんで、掘って、取り除いて、そして、新しいのを設置するならして、埋め戻しといって土とか砕石で満たして締め固めて、最終的に舗装をかける。

随分と長い時間がかかるのだ。

そこへ行くと流動化処理土はただただ流し込むだけ、以上終わり。

交通規制をかけるまでもない。

ただ、充填するだけ。

(充填するときだけ交通規制をしなければならない場合もあるが)

だから、早い。


そして、なぜ、「安い」経費が節減できるのか?

もう、言うまでもないことかもしれないが、「時は金なり」と言うじゃあないか。

例えば、その時間、その交通規制や工事に関わるのはガードマンなどの人もそうだし柵とか仮設資材なんかも関わってくる。

それらは無論「無料」じゃあない。

流動化処理土に置き換えるだけで、それらが全てかからなくなるのだ。

だから、「早い」「安い」が実現する。

そして、見落としてはならないのが、「うまい」(品質)も満たしているってこと。

乱暴なようだが、「埋め戻しってやつは大体いい加減だ」断言しておこう。

額に汗して頑張ってる姿は健気だが、人力による埋め戻しなんて大体信用なりません笑。

やってるのは、「人」なのだ。

前日奥さんから詰められたり、飲みすぎたり、友人と喧嘩したり、気持ちが乱高下するのが「人」だ。

現場を取り巻くあらゆる要因の中で最も不確かなのが「人」だ。

メンヘラで気分屋の僕が言うのだから間違いない。

「人」の作業はあまり信用できない。

一方の材料は生コン工場で鉄の品質管理下に置かれ、全自動でセメントが計量され、密度やフロー、強度も管理されている。

1240B91E-9C8B-45E4-B9F3-8CBC22B9A77E.jpeg

生コン一筋40年生コンポータルの長老柳川爺が操るのは「一軸圧縮試験機」と言って流動化処理土が所定の強度を満たしているかを確認するための測定器。

ばっちりだ。

柳川さんが前日どれだけ酔っ払っても、奥さんに詰められても、腹が立っていても、計測される値には寸分の違いも生じない。

てなわけで(?)、「早いの安いのうまいの」三拍子が揃っているのが流動化処理土ってわけだ。

毎日ブログ書いてて思うけど、「なんでこんなに素晴らしいものを使わないのだろうか」ってプロダクトばかりを生コンポータルでは紹介している。

いずれも、「欲しい」と思い行動に移すだけで「手に入る」ってのに、まだまだ普及は限定的。

「知られていないことは存在していないのと同じこと」

ドライテックの歴史がそうだったように、やっぱり大切なのは「認知」。

まず、知ってもらうこと。

だから、今日もこれで3本ブログを書き終えることになるが、この習慣をこれからも大切にしていきたいと思う。

現在生コンポータル(どこにでもある生コン屋さんの1)の月間PV(ページビュー)は200,000を突破した。

さらに成長することが見込まれている。

「もっと知ってもらう」

「情報共有による製造・施工・消費ラストワンマイルの創発は資源CO2循環ハブ生コンを創造する」

生コンポータルの地味で地道な活動は続く。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら