長岡生コンクリート
いつのまにか誰にも知られず埋め戻される「流動化処理工法」

2020/09/26

【静岡】「《杭》を抜いたままにしておくと《悔い》が残ります」小沢重機

【静岡】「《杭》を抜いたままにしておくと《悔い》が残ります」小沢重機

建物を建てる際に用いる「杭」をご存知だろうか。そして、その杭は建物を解体する際にそのままにしておけないので引っこ抜かれる。すると、そこには、穴ができる。その穴はそのまま放置しておくと地盤沈下の元となる。「杭を抜いたままにしておくと悔いが残ります」。意外なソリューション流動化処理土(残渣式)。
製造:長岡生コンクリート、施工:小沢重機。



そもそもマニアックな杭のその後の処理なんて気にしないよね?

A810D7AA-2B91-4CC8-80C1-F920BAFDB412.jpeg

(くい)。


例えば、ダムや大型の建築物。

ぽん、と地面の上に置いてしまうと、ズブズブと沈んでしまうのはイメージできるだろうか。

古来、建設はこの杭というものを用いて、構造物の沈下を防ぐことに成功してきた。

杭を地面深くに打ち込むことによって、沈下を防ぐ。

詳しくいえば、その杭にも色々種類(摩擦杭、支持杭など)があるが、簡単にいうと、棒状のものが地面の中に差し込まれる、というのが杭。

そして、それら構造物(ダムやら橋脚やら建築物)の使用が終わる。

現状復旧の原則と言って、元通りに戻して地主に返さねばならない。

当然のことだ。

つまり、見える建物だけではなく、地下構造物(埋設物や杭)もきれいさっぱり撤去して地主にお返しする。

撤去した際に開く穴。


0B75B2DF-0EAF-4D0F-8CFD-FF78A0BDC824.jpeg

今回流動化処理土(残渣式)が用いられたのはそんな「撤去した後の杭の後」の埋め戻し。


「え?そのままにしといちゃダメなの?」

現状復旧というのだから、「抜いときゃいいんでしょ?」と思われるかもしれないが、そうもいかない。

もしこの空間をそのままにしておくとどうなるか?

井戸もそうだが、穴ぼこが空いてたら万が一子供や動物がその中に転落したら大惨事。

それだけじゃない。

空間が地面の中に開いているってことは、いつしかその空間が閉じればそのしわ寄せは、

「地盤沈下」

となって地表面に現れることになる。

⚫︎参考記事: 【静岡】「博多駅前道路陥没の大穴も、モグラの小穴も!」地盤沈下・墓地・陥没

そんな土地を返されても地主困るよね。

そんなわけで、流動化処理土で流し込むように埋め戻すことが有効となる。


3D1962D8-0A3D-40C6-B02D-35620AA911EE.jpeg

ザザザーと水のように生コン車から排出されるのが流動化処理土(残渣式)。

博多駅前道路陥没事故で一躍有名になった先端マテリアルだ。


04D1D69A-C137-4B06-9BF7-C20598E02F78.jpeg

そのままサニーホースの中を経由して穴ぼこの中に投入される。


577BDA61-FD09-4F00-80F6-6FA562144764.jpeg

1本目の杭、施工終了。

2〜3日もすればこの液体は周囲の地盤と同じかもう少し硬くなるため、空間が土圧で圧壊するようなこともない。

つまり、地盤沈下は防ぐことができるし、穴がないから子供や動物が転落なんてこともない。

生コンや水を使った砂での方法と違って、施工精度もバッチリだ。



今回は工場解体の際の杭撤去後の穴埋めに用いられた流動化処理土。

これから解体工事のスタンダードになるだろう。

そして、今は人手不足の時代。

ますます工事に携わる人の確保が厳しくなっていく中、こうして人の手を煩わせることなく水のように隙間を埋めてしまうコンクリートテックを必要とする現場はますます増えるはずだ。

そんな分野でも生コン屋さんは活躍している。

「杭を抜いたままにしておくと悔いが残ります」



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら