長岡生コンクリート
メッシュ筋敷設不要のメッシュレスコンクリート「筋生」

2021/07/19

【福岡】「なんでもかんでもバルチップ使用してます」all round

【福岡】「なんでもかんでもバルチップ使用してます」all round

「本日のバルチップ艦隊。和便器から洋便器のリフォーム。レべリングの為の土間コン。コンクリート少量を手練り100mm厚。なんでもかんでもバルチップ使用してます。袋に丁度良いくらい残っていたので散布。」(all round新井さん共有)



作業性が段違いに変わった

804CE582-13BA-4665-A8DC-E19CA3F5ACA3.jpeg

施工Before。

便器の取り替えの際にレベリング用に土間コンを打つこととなった。

まさに、all roundのに相応しく、あらゆる工事を任せとけ!が同社のモットー。

社長の新井さんはバスケットをこよなく愛する爽やかな同世代でこのところあらゆる局面で施工上のいろんなことをご相談させてもらっている。

ドライテックはもちろんだが、PP繊維散布によりワイヤーメッシュの敷設を不要とするこのプロジェクトに関しても積極果敢にご協力をいただいている。

エビデンスだって、きちんとした研究により証明されている。

リンクをご参照ください。

(エビデンス:https://www.nr-mix.co.jp/mesh/pdf/Research_on_crack_suppression_effect.pdf

41FFE308-7D8B-435A-B1FC-E24FF0FB6BFA.jpeg

なんと、イメージキャラクターも新井さんだ笑。


僕はこの工法をドライテックと並んでエクステリア駐車場にとっての標準にしたいと思っている。

生コンを頼むと生コン車の助手席にこのPP繊維が載せられて届くような世界をイメージしている。

面倒くさくて効果もあいまいなワイヤーメッシュに変わって、PP繊維を撒くだけだ。

⚫︎参考記事: 「鉄網(ワイヤーメッシュ)の使用を考え直してみませんか」日本道路協会

それは、生コンと同様に生コン屋さんから生コン代と一緒に請求されるのだ。

もちろん、ワイヤーメッシュよりも安い値段で。

わざわざ置き場や建材屋、ホムセンに買いに走る(走らせる)必要がない。

生コン車に乗ってやってくる。

打設中に撒く。

それだけ。

B7BDA099-0216-4843-9589-E56524ACD709.jpeg

繊維を適当にむんずと一掴み。

4BDF4782-44F9-4AB8-B469-FB99C78F29AD.jpeg

撒き散らす。

2B332F0A-12E8-4C15-9E42-B93FDADE34FF.jpeg

締め固めると沈む。

見えなくなる。

表層浅いところにポリプロピレンのネットワーク構造が構築されるためひび割れ抑制効果は高い。

エビデンスに示されている通りだ。

ワイヤーメッシュと違って、ちゃんと証明されているのだ、その効果が。



生コンポータルが生コン打設の不条理を正す!

生コンポータルがやりたいことは、生コンはいいことだってことを、施工業者に知ってもらうこと。

面倒なことなんかない。

楽できる。

ちゃんと儲けることができる。

いやいや、やるもんじゃない。

積極的にやろう。

「生コンをもっと身近に」

そのことだけで生まれる数多くの価値を実証したい。

以下は、新井さんと僕の実際のチャットのやりとりコピペ。


(宮本)
実感として、ひび割れって確かに少なくなってる感じしますか?

(新井)

今のところ。
クレームもないし、施工現場を観察してもひび割れしてないですね

実感としては、作業性が段違いに変わったですね。

(宮本)
作業性は改善、ということですか?

(新井)
はい。作業は打設のついでに的なレベルです笑

ワイヤーメッシュしないから、施工単価技安くなる。には結びつけたくないですが...

でも、資材費、散布タンピングの作業費と比較すればやすくはなりますね。

エビデンス付きなので付加価値をつけたいところです

(宮本)
そう言っていただけますと嬉しいです!確かに無駄に安く提示する必要は全くないと思います!!提示できる付加価値は事実なので、自信を持って高く売れるような産業になるよう力を合わせていきたいですね!



生コンポータルの提示する価値は言葉はちょっと適切じゃないかもしれないけれど、「楽して儲かる」だ。

仕事は辛くやればいいってもんじゃない。

辛ければ、成果は高いって、それは違うと思う。

ヘラヘラ笑ってても最高の仕事は絶対にできると信じている。

だから、「楽して儲かる」を僕たち生コンポータルは、パートナーであり顧客でもある施工者各位に届けたい。

生コンはいいことだって、知ってもらいたい。

そのためにも、何よりも大切なのは、現場。

現場、現実、現物。

実際にパートナーがそれを使ってどのように感じるのか。

引き続き、生コンポータルは理論や設計の領域ではなく、実際に生コンを使っている施工現場をフィールドとして領域展開していきたい。

大丈夫 僕 最強だから。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

配筋のいらない土間コンについては
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら