長岡生コンクリート
メッシュ筋敷設不要のメッシュレスコンクリート「筋生」

2021/02/27

《生コン車で届く》「ふりかけ配筋なら安くて事前工が全くない!」BARCHIP

《生コン車で届く》「ふりかけ配筋なら安くて事前工が全くない!」BARCHIP

土間コンクリートや事前準備の常識が激変しようとしている。土間コン打設の際に生コン車に乗ってやってくるからわざわざ買いに行く必要がない。タンピング前に振りかけるだけだから余計な作業もない。ワイヤーメッシュよりもひび割れ抑制効果は高い。なんで、今日もワイヤーメッシュを設置してるの?



ワイヤーメッシュ敷いたのに出るひび割れ

A9D1D9AD-F194-4024-A265-6C28C911EF9F.jpeg

CB9A5AA8-31B0-4EEB-9FC3-42B63458830E.png

1C1DCA2F-DF3F-4047-9862-D3F9564D3735.jpeg

これが、配筋だ。

BARCHIPが製造するポリプロピレン繊維。

タンピング(タンパやフレスノのような道具で締め固めたり均したりする作業)で自然に生コンの中に沈み込む。

繊維はさながらネットワークのように土間コン表面から20〜30mm深部に構築される。

まさにそれがひび割れ抑制効果を発現する。

その効果の度合いはきちんと学会論文などでも論じられている。

一方のワイヤーメッシュのひび割れ抑制効果が立証されている文献を僕はこれまで一度も見たことがない。

なぜ、エクステリアは、今日も土間コンにワイヤーメッシュを設置しているのか。

甚だ疑問である。

⚫︎参考記事1: 「鉄網(ワイヤーメッシュ)の使用を考え直してみませんか」日本道路協会

道路協会だって、その利用について疑問符を投げかけている。

どこぞの馬の骨のブログとかではない笑。

なのに、今もエクステリアは、ワイヤーメッシュを利用する。

⚫︎参考記事2: 「ワイヤーメッシュ要りませんのエビデンスが出た!」ひび割れ抑制効果立証・PP短繊維散布工法(その2)


CF745536-74CF-497E-B731-3D7593ADE15B.jpeg

12C7BFEF-5918-4260-B937-F059164C972F.jpeg

CF5B0098-B069-463E-86D7-966FD04D0FCB.jpeg

D31AE1B8-360A-45F6-AB7A-BCDDA3E226BF.jpeg

C4427CE3-8B60-4C80-9D43-EE7CFC6A7241.jpeg

1051293D-9F2A-4A2E-8426-F2B05E9B3138.png

金鏝による仕上げ前にはポリプロピレン繊維は姿を消している。

例え仕上げ面からはみ出るようなことがあってもライターで炙れば溶けて消えてしまう。

逆に表面近くにネットワークが構築されている方がそのひび割れ抑制効果も高いはずだ。

その材料は生コン車の助手席に乗って届く。

1袋で30m2分の配筋の役割を果たす。

駐車場2台分なんてエクステリアで最も多い面積なのではないか。

さらに、安いと来ている。

(m2あたりの材料単価は200円を下回り、前日の敷設作業はないから施工費は実質0円)



生コン屋さんに注文する時ついでに面積分のBARCHIPも注文しよう

生コンポータルでは過去16年にわたって透水性コンクリートの普及活動に携わってきた。

その過程で製造にご協力いただける生コン製造者は600工場を数える。

およそ全生コン工場数のおよそ20%に登る。

その生コン特殊プロダクトの製造・供給体制は「新しい流通網」とすることができる。

16年かけて構築された自前の流通網。

そこには地域や枠組みといった階層や壁はない。

それぞれが互いに自由に結びつき、離れ、日々協働が生み出されている。

そんな600の生コン製造者との接点を生コンポータルも有している。

もし、施工者であるあなたの取引先生コン工場が生コンポータルも付き合いのある生コン製造者だったら。

それは、ドライテック同様、上述の全く新しい土間コンクリートの配筋を手にすることができる。

わざわざホームセンターに若い職人さんを走らせる必要はないのだ。

どうせ現場にくる生コン車の助手席にそれは乗っている。

手渡しで渡される。



製造元のBARCHIPは責任問題を過剰に気にしている。

僕からすれば全く心配ないし、仮にそんなことを言い出す施工者が出てきても生コンポータルで防波堤になるつもりだ。

そもそも、ワイヤーメッシュ敷設しても発生するひび割れに関してわざわざワイヤーメッシュの製造元にクレーム入れてる人を僕はついぞ見かけたことがない。

たまに生コン工場にクレームを入れていらっしゃるトンチキを見かけるが笑。

21年生コン一筋に身命を賭してきた僕の心の奥底で疼くものがある。

これは、絶対に、普及する。

なぜなら、多くの人々を幸福にすることができるからだ。

前日にしゃがみこんで、かぶりが取れずに苦しむワイヤーメッシュ敷設という作業がなくなってしまう。

買いに行く手間も省ける。

何より、効果がしっかりと立証されている。

「ふりかけ配筋なら安くて事前工が全くない!」

使わない理由が全くないのだ。

ドライテックよりもスケーラビリティが高いかもしれない。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

配筋のいらない土間コンについては
こちらをご覧ください。

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら