長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

2020/10/07

《ケルヒャー》「温水高圧洗浄による《雑草除去》の実演・見学会10月14日11時から!」生コンポータル

《ケルヒャー》「温水高圧洗浄による《雑草除去》の実演・見学会10月14日11時から!」生コンポータル

透水性コンクリート《ドライテック》が採用される理由の多くに「雑草対策」「年中行事の草むしりから解放されたい」というのがある。僕自身も宮本家先祖代々の墓に繁茂する雑草に苦しんだ経験を持つ。「温水は根にも届く唯一化学物質を使用しない方法 」。にっくき雑草を根こそぎ根絶。その驚異の性能は10月14日11:00から生コンポータルで!

⚫︎参考記事:ケルヒャー公式HP



温水は根にも届く唯一化学物質を使用しない方法

839C1D97-3BFD-468A-AFC2-A37F2B4FC0B4.jpeg

Before


B3051BC9-DBD4-405B-9C2F-93145EF62E16.jpeg

After



雑草対策って何を思いつく?生コン屋さんの雑草対策《ドライテック》に加えて《温水洗浄》

⚫︎人力でせっせと草刈り

⚫︎防草シートを貼ってから砂利を敷く

⚫︎コンクリートで埋めてしまう(透水性コンクリートなら大地に蓋せず水はけもクリア)

⚫︎化学物質で殺す

⚫︎バーナー(火炎放射)


雑草との格闘の歴史は人類の発展の歴史と重なる。

雑草(つまりは自然)をいかに支配するか。

これが、現代を生きる人類に実装されている文脈だ。

「自然は支配するもの」

ここではその是非を置いておいて、「生コン屋さんから提案可能」な雑草対策として、透水性コンクリート《ドライテック》に加えて、《温水洗浄》を紹介したいと思う。


EEE5D3A2-D1B4-4415-8EE3-7B2581927F3F.jpeg

高温による洗浄で雑草を根絶やしにする(出典:ケルヒャー公式HP


既往の方法と比べたメリットは以下の通りだ。

⚫︎環境への影響が少ない
要は、水しか使ってないのだから当然と言えば当然だ。薬品や火力を使った方法ではどうしても周辺環境(農作物や地下水系)への影響が懸念される。

⚫︎種子や根も含め、植物を概ね根絶できる
草むしりや火あぶりではこうはいかない。見た目「あ、草なくなった」と思っても、地中には元気な根っこが四方に配分され、根系の発達がよく、根鉢範囲に細根が多く、乾燥していない状態だったりするのだ。あっという間に雑草は生え始める。

EE7DBDD9-F48C-404E-A7C9-707F83BE9BC7.jpeg

⚫︎1年目に約4回程度の施行により、除草作業を減らせる
地中の根っこを痛めつけるからだろうか。通常であれば翌年からもまた何もなかったかのように繁茂し出す雑草がその後弱って育成も限定的のようだ。



そんな《温水洗浄》を来たる10月14日11時から場所は生コンポータルにて実演見学会行います!

「なんで生コン屋で?」

とそう思われるかもしれないが、実は生コン工場はケルヒャー社と相性が良いのだ。

何せ、毎日しっかり洗わなければコンクリートはカチコチに固まるから性能の高い洗浄システムを常に追い求めているのが生コン工場。

一家に一台みたいなノリで、生コン工場を訪ねると結構見かけることが多いのがケルヒャーの高圧洗浄機。

つまり、初期導入ストレスがかなり低減される。

しかも、ケルヒャー社は同日にデモを予定しているが「コンクリートをはつる洗浄機」をも開発している。

ドラム内部の硬化コンクリートに苦しんでいない生コン工場はいないはずだが、ケルヒャーと生コン業界は実は非常に相性が良いのだ。

《ドライテック》につづき、生コン屋さんからの「雑草対策」第2段はケルヒャーの《温水洗浄》。

10月14日11時から生コンポータル(静岡県伊豆の国市長岡1407-34)に一旦集合してから宮本家先祖代々のお墓に移動し根っこを除去できずまたもや繁茂してきやがった雑草を相手に温水洗浄のデモンストレーション(実はこっちが主目的)。

もしも毎年悩まされてきた宮本家先祖代々の雑草を根絶やしにすることができれば!

(薬を使うとなんとなくご先祖様を冒涜しているような気がするのは僕だけだろうか)。



「生コン屋さんの雑草対策第2段はケルヒャーの《温水洗浄》」

毎度のことながら僕の立てる企画は十中八九はしくじる(笑)

それを覚悟で時間のある方は静岡県伊豆地方を訪ねよう。

もし万が一うまくいった日には日を改めて大々的に見学会を開催したいと思う。

生コン屋さんが雑草にお悩みの一般の方々のお役に立てられるなんて最高じゃないか。

そんで、雑草を除去して差し上げた上で、


「こんなの(ドライテック)ありますよ。これで永久に雑草から解放されますよ!」


なんつって営業活動もできる(笑)。

そこには残土受け入れのニーズとかもあるかもしれない。

なんか、書いてたら色々チャンスが広がるかもしれない!!

テンションが上がってきた。

これ、いけるかも。

そもそも、BtoBからBtoCへの脱却を志向していたところだ。

これは意外に楽しみになってきた。

ご紹介くださった老舗造園会社の富士植木の松本さんにも感謝だ。

ありがとうございます。

というわけで、第1回見学会は来たる10月14日11時から生コンポータルで!



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら