長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

2021/07/01

《洗ってみた》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー #3

《洗ってみた》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー #3

生コン車や乗用車が始終往来する過酷な環境で経過観察がされている土間コンリフォーム専用トップコートはおよそ1ヶ月経過しようとしている。タイヤマークや油汚れでずいぶん汚くなっているようだけど、これって落ちるのかな?水洗いをやってみた。



土間コンリフォームその後の水洗い

0082FF1B-D8CF-4853-A834-4C5351371FE9.jpeg

0B6C2E84-6096-460D-BB99-95EE487813BD.jpeg

久しぶりに工場に立ち寄ってみると笑、およそ1ヶ月経過した土間コンリフォーム実験スペースが目に飛び込んできた。

ずいぶん汚れたものだ。

そりゃ、仕方ない。

生コン工場で始終生コン車は往来しているし、勾配の下の方であるから油汚れもここに集中的に流れてくる。

トップコートされていない手前側の土間コンなどもはやみる影もなく真っ黒に汚れている。

「土間コンが白く輝いているのは最初だけ」

数年経てばコンクリート表面の微細な空隙に汚れ成分が入り込んで除去できない汚れとなって黒く変わり果てる。

そんな土間コンクリートの常識にあって、「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」ができちゃったら、すごいことになる。

エクスショップやフッコーなど事業パートナーとの雑談の時にふと立ち上ったこんな可能性。

じゃあ、やってみるか、ということで始まったこのプロジェクト。

「で、実際、汚れたらまた土間コンと一緒で綺麗に戻せないのか?」

それじゃ、意味がない。

というわけで、やってみた。

洗ってみた

C35957D8-D24E-45F1-B848-D2EDCB511176.jpeg

A71B435D-BC85-46FF-AFA9-B89A87EBFF55.jpeg

洗浄Before。

使うのは単なる水とブラシ。

ゴシゴシとやってみる。

《経過観察》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」。1ヶ月近く経過し油やタイヤマークで汚れた表面を水洗いしてみた #1

https://youtu.be/6mxTjgjs-Jw

結構簡単に汚れが水に溶け出し流れていく。

最後、つい口を出ているが、「これ、結構アリかも」

率直な意見だ。

《経過観察》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」。1ヶ月近く経過し油やタイヤマークで汚れた表面を水洗いしてみた #2

https://youtu.be/iC8gdNRUzjo

86976F86-102B-4372-B07D-BE5FD7A95D1E.jpeg

E478C7FB-2EBA-4160-B96C-20499ACF57DE.jpeg

CA39A02B-46BE-4F84-9C71-636DE5B3E272.jpeg

施工After。

明らかに洗った部分は元の白色側に戻っている。

簡単な水洗いだけでもこれほどの効果があるのなら、洗剤を用いたり高圧洗浄ならもっともっと綺麗になるだろう。

これ、結構アリかも。

っていうか、絶対あり。



その場に偶然居合わせていたPUMP MAN小澤さんも絶賛!

別件で工場にきてくださっていた小澤さん。

「この(コンクリートの専門家である)僕が最初、『なんでここだけ土間コン打ち直したんだろ』って思っちゃっいましたよ」

「これ、絶対売れますよ」

「うちのガレージの土間に使いたいのでください」

即座に判断、絶賛されていた。

これは、いける。


なんともお恥ずかしいことに、僕はその手の選球眼というか、審美眼的なものが欠落している。

「これ、絶対売れる」

と思っても、全然売れなかった経験は一度や二度ではない笑。

(ただ、僕の場合、「死ぬほどしつこい」というところが特技なのかもしれない)

一方の小澤さん。

系列会社にエクステリア会社も数え(https://www.ozawa-s.com/)、そのコンクリート界隈のプロダクトに対する洞察力には僕も一目を置いている。

そんな彼が言ったのだ。

「これ、絶対売れる」

僕じゃなくて、小澤さんがおっしゃったのだ。

だから、これは売れるはずだ笑。

きっと普及して、多くの「汚ない土間コンに困っている人々」を救済することができるはずだ。

また、あの頃の、綺麗で美しい庭が蘇る。

「はて、BBQでもやってみるか」

と思い立つようになる。

それって、素敵じゃないですか、お父さん。

しかも、これ、DIYできるってんだから!!

はて、あとは、流通か。

まあ、流通も、引き続きしつこくしつこく自前の流通(生コンポータル)に向けて情報発信をしよう。

誰かに頼らずとも本質的なプロダクトやサービスは売れる。

しつこくやっていれば、そのうち世界の飢餓に出会うはずだ。



というわけで、販売開始します。

製品の保証は何もありません。

そんなもんは自己責任でお買い求めください。

何でもかんでも「買う方が偉いんだ」みたいな理屈で偉そうに連絡してくる人は客ではありません。

よそ当たってください。

「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」

信じられないほど上首尾な経過にこちらも驚いている。

もちろん、この経過観察は生コンポータルがこの場所で操業している期間中ずっと実施されることになる。

物を見てみたいって方はぜひ気軽に静岡県伊豆の国市長岡1407−34をお尋ねください。

事務所に声かけてくれたらお茶くらいは出してくれると思います。

基本僕はおりませんので悪しからず。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら